<検索エンジンで辿り着いた方へ>
トップページは
こちらです!


情報 投稿者:NAPP  投稿日: 1月28日(火)17時02分23秒
「アンサンブル市川」さんが平石博一氏に新作の吹奏楽曲を委嘱、現在浄書中だそうです。楽しみですね。

ソース アンサンブル市川さんのサイト↓
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/1261/
ここから「仲間たち」→「平石博一さん」へ。

>社長さん 投稿者:NAPP  投稿日: 1月23日(木)02時20分07秒
どうもです。先日のオケでのピアノ、ご苦労様でした。
いやいや、作曲連中の作品を好んで演奏してくれる人の存在は実に頼もしい限り。これからも後輩連中を見捨てないであげてくださいませ m(_ _)m

I先生の下僕・・・・・ パート譜作りでスコアを忠実に写すだけにしとこうと思ったのに、なんかアシスタントみたいな・・・・・ 別に勉強になるからいいのだけど・・・・・ とりあえずハープのFax、早く送ってきて・・・・・

音楽の話は、まぁ、そのうちおいおいと。っつぅか、素の私はあんまり音楽談義は好まないんですけどね。

こんば〜んわ! 投稿者:社長  投稿日: 1月23日(木)01時19分14秒
この掲示板ではお初にお目にかかります、社長でっす!
先日は楽しかったですねえ!
I先生に言いくるめられ下僕になる決意を固めたときのNAPPさんの姿が忘れられません(笑
それにしても、はやくNAPPさんと現代音楽の話ができるようになりたいなあ・・・
どうぞ未熟な私に、いろいろいっぱいおしえてください!

http://alberi8.tripod.co.jp


復帰 投稿者:NAPP  投稿日: 1月20日(月)05時11分55秒
 皆様、お久しぶりでございます m(_ _)m やっと一段落しました。
大学院の卒業作品制作は実は結構早く終わっていたのですが、その後に別にやらないといけないこと(学外)がありまして、そちらに忙殺されていました。
 まだ卒論とか、学外のことも少々残っているのですが、とりあえずは徹夜生活からは解放されそうです(と、この文を書いているのは何時だ?)。ということで、皆様、明けましておめでとうございます(遅)。

 とりあえずはレス。

>YOHさん、S.O.さん
 トマジについては私もどちらかというとライトな作風という印象が強いのですが、それはただ単に聞いた事がないだけのようですね。今度色々と眺めてみたいと思います(って、いつもコレだなぁ)

>はなわさん
 武高の定演は全然行ってないですし、今年も行けませんね。実家の広告だけで勘弁してください。(って、今も載ってるのかなぁ)
 実は武高の校歌の吹奏楽版は私が編曲したものなんですよ。あと、部室には私の処女作の吹奏楽曲の初版の自筆譜が置いてある、はず。

>Q太郎(女)さん
 この種の質問はプレイヤーのかたのサイトに行かれたほうがよいアドヴァイスが頂けると思うのですが・・・・・
 初見視唱、というのはソルフェージュの「新曲視唱」でしょうか、Euphでの「初見奏」でしょうか? もしかしたら後者の場合、合唱からの移行の場合は「B♭読み」とのズレによる音程の混乱があるかもしれませんね。それはもう慣れてもらうしかないと思います。
 共通する解決策としては、まずリズムだけでもあまり考えないでも正確にできるようになっておくと効果的かもしれません。1拍を構成する様々なパターン(特に8分音符一つと16分音符二つの組み合わせで作られるパターン)を頭と身体に叩き込んで、あとはその組み合わせ(タイとかを含む)で歌っていけばリズムで分からなくなることはなくなると思います。リズムは結構グラフィックで覚えてしまえるので考えるより早いです。
 まぁ、とにかく焦らないことですね。

>いしづかさん
 情報、ありがとうございます。CHANDOSはロシア作品集やフランス作品集など地域別の作品集をリリースしてきましたが、それの新譜ですね。収録曲がラウタヴァーラやサリネンなど既録音のものもあるようですが、とりあえずは楽しみです。しかし、このCHANDOSのシリーズの選曲は意外と平凡なんだよなぁ・・・・・

>渡部先生、S.O.さん
 会社の方で制作発表をしてないので、まだですね。そのうち時期をみて。この一週間くらい私を寝不足にしたのはこれのS.I.作品のパート譜作りなわけですが(笑) 少なくとも、私の作品は入っていないということは明言しておきます。
 この一件では色々な方に御迷惑をおかけしています m(_ _)m



ここしばらくの間で色んな話があったように思うのですが、何があったか忘れてしまったり旬を過ぎてしまったものもあるので、折を見てボチボチと書いていきたいと思います。

 とりあえず今一番注目しているのは今度の響宴。今回の選曲は素晴らしいですね。これは絶対聴きに行かねば。
 私が一番期待しているのは門脇治作品。三楽章形式で13分ほど。作曲者について知らない人もあるかと思いますが、鮮烈です。
 長生淳作品の全曲版がヤマハ吹奏楽団の演奏で聴けるのも何だかんだ言っても嬉しいですね。ヤマハには他にもやってほしいものがあるのだけれど、それは追々ということで。
 あと、真島作品にも注目しています。ミラージュ1は今や幻のCD(笑)に収録されていたのですが、これが得意分野であるポップス系統と現代手法がミックスされた実に興味深いものでした。それと同じタイトルを冠している20分近い大曲、ということで興味津々。
 個人的には国民文化祭の委嘱作である福島作品もタイムリーでおいしい。
 全体的に20分近い作品や吹奏楽としては長い作品が多くなったのが面白いところですね。密かな心配としてはちゃんと全部CDになるのかな、というところですか。


 邦人作品についてもまた少し新しい作品の存在が分かっています。そのうちまたリストを更新しますが、一番関心があるのは細川俊夫が1996年に第51回広島国体のために書いた吹奏楽と合唱のための作品「広島県スポーツ讃歌・虹の輝き」(高橋玄洋:作詩)でしょうか。想像がつかない(笑)

あのう... 投稿者:S.O.  投稿日: 1月19日(日)22時33分52秒
渡部先生が思わせぶりな書き込みをしたので、気になってしょうがないんですけど...。

学業も大変だとは思いますが、ちょっとだけでもタネあかしを....と思っているファンが、ほ〜ら、こんなに.....ナンチャッテ(^^;

そういえば・・ 投稿者:渡部謙一(わたなべけんいち)  投稿日: 1月16日(木)11時50分55秒
NAPP様

あの録音の件はここで公表しないのですか?

新譜情報 投稿者:いしづか  投稿日: 1月15日(水)01時18分31秒
書き込みが少ないので情報提供でも。

ラウタヴァーラなど、北欧の吹奏楽曲を集めたCDだそうです。
最終的には日本編も出るかも知れませんね。

http://www.chandos-records.com/NewRelease.asp?Listing=SUMMARY&visit=3&CatalogueNumber=CHAN%2010038

はじめまして。 投稿者:Q太郎(女)  投稿日:12月28日(土)20時04分20秒
突然お邪魔して申し訳ありませんが皆さんに相談したいことがあるんです。以前私と同じような悩みを持った方が書き込みされてるのを拝見しましたが、私は今初見視唱ができなくて困っています。現在私は高校一年生でブラスに入っています。中学の頃はコーラス部に入っていたので高校に入って初めて楽器を手にし(ちなみにEUPHです)初心者から始めました。あれからあと3ヶ月ほどで一年が経とうとしています。中学校の頃はみんなで音をとってから歌ったりしていて、私は曲丸ごと覚えるのは得意なのであまり苦労はしませんでしたが、ブラスに入ってパートごとの練習をし、特にEUPHは比較的人数が少ないので初見がきかない私は先輩に迷惑をかけまくりです。コーラスも学校以外の団体で続けているので、音楽で暮らしていくのは無理としてももはや私が音楽から離れて生きていくことは今のところ考えられません。だからできるだけ早くソルフェージュと言うものが出来るようになりたいんです。どなたかいい練習方法など教えてください。shiropicchi@yahoo.co.jpにメールを下さるとありがたいです。またお邪魔すると思います。突然ですみませんでした。

あぁ、 投稿者:NAPP  投稿日:12月26日(木)04時33分54秒
曲が上がらない。書いてるうちに規模が大きくなっていって、時間が足りない・・・・・ とりあえず期日までにまとまった形にして、後日改訂をしようかなぁ。単一楽章で30分くらいにしたかったのだけど。
ということで、クリスマスも正月もなくお仕事なのですが、休憩をかねて少しだけ。

 過日の音コンの放送を御覧頂いた方々、ありがとうございました。メールで感想を送って頂いた方々、返事は来月下旬になってしまいます m(_ _)m
 S.O.さんに書いて頂いている「評価されていない分野の音楽を紹介」という発言は、かなり誤解を生むものだったかな、と反省しきり。この「評価」というのが「誰にされていない」のかが不明確だし、そもそも何をもって「評価されている」というのか。これは「認知されていない」あるいは「研究が不十分な」としたほうが適切だったか。失言でした。 ちなみにこれ、必ずしも吹奏楽のことを指しているわけではありませんです。

 曲の紹介ではなんだか「As」の部分だけ取り沙汰されていましたが、あれって最後のオマケみたいなもので曲の本質は別のところにあるんだけどなぁ。G.P.の収録後にディレクターの人と雑談していて「最後は実は・・・・・」というのを余談で話したら「それを話してくれ」と言われて(笑)。こんなところで池辺門下らしさを発揮してもなぁ。
 放送で流れたのは曲の最後、コーダに入ったところからなんですが、あそこだけ聞いてえらい「四拍子四拍子した曲」だと思われてしまったら心外。その前のほうは全然違うし。あれだとNHKニュースで流れた部分(冒頭近く)のほうがまだよかったなぁ。ちなみにあのコーダの部分の最初の方は管打楽器とコントラバスだけなんです。私が吹奏楽書いたらあんな感じになる、はず。
 インタビューでは他にも色々あったんですけどね。演奏直後に松浦さん、中村さんと三人で話したやつはどう放送されるか楽しみにしていたのだけど、全カット。

 毎日新聞の審査結果と「音楽の友」の講評があれば3回は酒宴で盛り上がれます(笑)

TV見ました 投稿者:S.O.  投稿日:12月24日(火)20時25分39秒
昨日深夜1時半(というか、今日となるのですが)、なにげにTVをつけると、音コンの本選会の模様が放送されていました。急いで、録画しました。
NAPPさんの中学時代の演奏写真とか、出ていましたね。残念ながら、演奏は一部だけで、最後のAsを出すためか、毎日新聞紙上で西村朗氏も評価が分かれたと言及していた最後の部分だけでしたね。

今後も、「評価されていない分野の音楽(?)を紹介していきたい」とのことでしたね。期待しています。

失礼しました。

はじめまして〜☆ 投稿者:  投稿日:12月13日(金)17時32分29秒
はじめまして!はなわ(本名は違いますよ!)といいます。
たまたまわが母校:武雄高校で検索したら、このサイトを見つけたのでカキコしてみました☆ 私も武雄高校出身・吹奏楽部OBなんですよ!去年卒業して、今は大学のほうでTUBAを吹いています。私の5?コ上くらいなんですよね?せんぱ〜い、よろしくお願いします!!
武高は3月に定期演奏会をやるみたいですよ☆

団体 投稿者:YOH  投稿日:12月 5日(木)12時13分30秒
S.O.様
東京の某大学の吹奏楽部です。私は今はもう所属しておりませんし、プロ的にもS.O.様のおっしゃるような「意欲的」な曲がのぼったことはほとんどないとは思います。
トマジの曲、聞いてみたかったです。いつごろ放送されたのでしょうか?
永久謹慎というのは・・・?
ぜひともいろいろとお教えください。

>YOH様 投稿者:S.O.  投稿日:12月 4日(水)22時19分06秒
トマジの「第三世界の交響曲」は、それを献呈されたジャン・フルネの指揮で、N響が演奏し、FMで放送されたことがあります。神秘的な第一楽章、スケルッオ的な第二楽章、パワフルに盛り上がる終楽章からなり、全体が無調で、暗い雰囲気なのですが、圧倒的な迫力で盛り上がる終曲には、とても興奮しました。東南アジアといっても、REM盤の室内管弦楽作品集とはかけ離れており、まさに、ジョリベの「赤道コンチェルト」風の攻撃的な世界なんです。ということで、「ベトナムへの聖歌」にも密かに期待しているのですが(あ、各種の協奏曲や、「12のコルシカ島の歌」もお気に入りなんですけど)。

アメリカの作品については、いろいろ意見もありますが....
本当は永久的に謹慎の身分なので...m(_ _)m。

ところで、「7月14日」を演奏したというYOH様所属の意欲的な演奏団体について興味があります。もし差し支えなければ、公表していただけますでしょうか。京阪神の近くであれば、是非演奏会にも行きたいと思いますので。(またしても札幌だったら、つらいけど....)

突然ですが 投稿者:NAPP  投稿日:12月 4日(水)03時22分49秒
 誠に急かつ勝手なお願いなのですが、しばらくの間(来年一月中頃まで?)、私からの掲示板へのレスをお休みさせてください。
 というのも、今年中に書き上げる予定だった管弦楽曲の進みが思いのほか芳しくなく、少々まずい状況になってきてしまいました。おかげさまで当掲示板の話題は非常に充実した内容と活発な情報交換が行なわれておりますが、きちんとしたレスをつけようとすると下調べに思いのほか時間を取られてしまいます。かといって、うわべだけのレスで流してしまって話を白けさせてしまうのは非常に心苦しく、どうにもならない状況になってしまいました。そこで、思いきって少々のお休みを頂きたいと思った次第です。
 もちろん、私の書き込みがない間も皆様に積極的にこの掲示板を御利用いただいて結構ですし、むしろ、私がいない分を皆様に盛り上げていていただければ、と、虫のよいことを願っております。
 レスこそつけませんが、定期的に管理のためにチェックしますし、リンクの訂正や寄稿欄の訂正などには即座に対応します。このサイトを放棄するわけではございませんので御安心(?)を。断片的な情報提供は行ないます。

 復帰の折にはまたよろしくお願い致します。それまで、どうかこの掲示板をよろしくお願い致します。

#この文を書く暇があったら曲書けよ、というツッコミは
#御容赦を(笑)

いろいろ 投稿者:YOH  投稿日:12月 3日(火)10時03分08秒
S.O.様
Tomasiがシリアスと聞いてびっくり。大規模作品を耳にする機会がないからでしょうか?協奏曲はトランペットをはじめとしていくつかのものを聞いていますが、オケ作品となると、全く。おっっしゃるように、東南アジア系を題材にした曲が多いようですね。REMからCDになってる室内楽作品なぞは、「芸者遊び」に始まりかなりちゃらけた感じで、トマジもこんなもんなのかぁと思っていました。S.O.さんの挙げられたような曲は音源があるのでしょうか?ぜひともご紹介ください。
アメリカものは吹奏楽はたくさんあるようですが、残念ながら(個人的には)十分に面白いと感じるものがあまりありません。
私の知っている限り、ハリスも今ひとつですし(ウェスト・ポイントとか)デロ・ジョイオも。クレストンも、(オケ曲にもちょっと・・・という曲も多いですが)やはり吹奏楽はイマイチ。挙げられた中では、バセットとスティル、それにジークマイスターに期待ですね!

いろいろ 投稿者:S.O.  投稿日:12月 2日(月)22時22分04秒
トマジですが、Bakers Dictionaryには、最晩年の作品、交響詩「ベトナムへの聖歌」が、for Wind Bandとなっていますね。壮年期に東シナ半島に長らく駐留していたトマジは、米軍らによって蹂躙されるベトナムに思いを馳せ、反戦哲学者サルトルのテキストを題材に作品を書いたのではないかと思うのです。トマジと言えば、洒落た各種の協奏曲が有名ですが、晩年の「第三世界の交響曲」などは、オンドマルトノや鉄板鎖等を使用したシリアスなもので、むしろジョリベに近い作風なんです。
 昨年、フランスに行くついでに、なんとして、この曲の譜面を見たいと思い、マルセイユにいるトマジの御子息にメール(英語で)を出したのですが、結局返事が返ってきませんでした。(;_;)

 Diemerという人は、名前しか知りません。シーグマイスターは、ASCAPの会長も勤めた重鎮ですね。Cla.Con.は、ジャズ風でいいですよね。仰せのとおり、結構吹奏楽も書いているんですが、全く知られていませんね。
 アメリカの作曲家には、日本には全く知られていない人が多々おりまして、例えば、ヘンリー・カウエル、ロイ・ハリス、レオ・サワビ(Sowerby)、ウィリアム・スティルなど、少なからず吹奏楽曲を書いていますし、デロ=ジョイオ、シュラー、ドナルド・アーブ、レスリー・バセットなども相当数の吹奏楽作品があるわけです。もっとも、モートン・グールドだって、日本で演奏されているのは、ごく一部の作品だけですよね。もったいないことだと、いつも思うのであります。

横レス、失礼しました。

とりあえず 投稿者:NAPP  投稿日:12月 2日(月)21時00分21秒
業務連絡のみ。レスは後日つけます。

12月6日(金)の16:10から、東京音大のJ館校舎にて作曲家の野平一郎先生をお招きして公開講座「自作を語る」を行います。
学外者の聴講も自由ですので、皆さんぜひお越し下さいませ。
終了時間は18時の予定です。


平井康三郎氏の御冥福をお祈り致します。

Milhaudは・・・ 投稿者:YOH  投稿日:12月 2日(月)20時19分00
NAPPさんの挙げられた曲は、私も存在だけを知っていました(無論、小交響曲は聞いていますが)。Koechlinも作品表にはあと1,2曲あるんですよね。
Selamlikはいまいちとのこと、残念です。
Tomasiにもほかにあるんですね!
全然話が飛びますが、アメリカの作曲家Elie SiegmeisterとEmma Lou Diemerに吹奏楽が結構ありますが、どのような感じの曲でしょうか?ご存知の方、いらっしゃいませんか?
Siegmeisterは初期の曲はアメリカ的で好きなのですが、60年代くらいから(?)難しくなってきてしまいます。特にクラリネット協奏曲は絶品。個人的にはモーツァルトの次点だと思っています。
Emma Lou Diemerはごく一部の曲しか聞いたことがないので、なんともはや。でも、中には面白い曲があったので、どうかなと思っています。
どうでしょう?

追記 投稿者:渡部謙一(わたなべけんいち)  投稿日:12月 2日(月)12時16分06秒
ようやくホームページを開設致しました。
お手透きの時にでもいらしてください。

http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1783/


セラムリク 等 投稿者:渡部謙一(わたなべけんいち)  投稿日:12月 2日(月)09時49分09秒
SchmittのSelamlikの楽譜は、私が所有しています。
押入れの中のどこかにあるはずです。
正直言ってディオニソスから想像するとがっかりしますよ。

トマジの『典礼』でないファンファーレは、私がイーストマン時代に演奏したのを聞いています。
例のハンズバーガーの本に載ってますよ、NAPPさん。
音源はイーストマンのシブリー・ライブラリーに直接頼めば送ってくれると思いましたが・・。

>YOHさん 投稿者:NAPP  投稿日:12月 2日(月)00時24分56秒
>とはいっても、あまり面白いたぐいの曲ではないと思っていますが、
>どうでしょうか?

 あ、そうなんですか。でも、とりあえず「非吹奏楽畑」の作曲家の作品ということで。

 ケックランの他の作品については調べたことがないです。今度作品表を見てみることにします。そうすれば糸口があるかもしれませんし。
 ミヨーに関しては「ウェスト・ポイント組曲」の音源がこの掲示板で蝸牛の旋さんにご紹介いただきましたね。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/kako59.html
(ここの8月18日の投稿です)
 あとは「小交響曲5番」の音源はいくつか出ているみたいです。(普通の交響曲と「小交響曲」の二種類があって、「小」の方が管楽編成) 私が持っているのは Koch Schwann 盤。(3-6772-2)
 「劇場の音楽」op.334b なんか、ミヨーらしさが満載されていそうで聴いてみたい曲なんですけどね。「解放のための2つの行進曲」op.260 は7月14日とは違う曲、なのかな?(自信無し) ミヨーもちゃんと作品表見ておきます。

 セラムリクは例のインディアナ大の録音はおそらく手に入らないものでしょうから、どこかに録音してもらうのを待つしかないですね。楽譜はお持ちの方がいたはず(笑) あれは芸大図書館ですか?

 ここらへんの作品については実は私はそんなに詳しくない(恥)ので、2ちゃんねるの「おふらんすに萌えるスレ」に振った方が早いかも。

#イヤミくん、ことジェントルマン氏の立てるスレッドはどれも
#面白くて好きですね。勉強になります。

 あとフランスものといえば、サン=サーンスにも聴いたことがないのがいくつかあるし、トマジの作品も聴いてみたいです(「典礼ファンファーレ」じゃないやつ)。前にもちょっと触れたジョリヴェとかも。

Glorious day 投稿者:YOH  投稿日:12月 1日(日)23時13分02秒
これは、Coreliaの以外に収録されたCDが他にも存在しております。とはいっても、あまり面白いたぐいの曲ではないと思っていますが、どうでしょうか?
MilhaudやKoechlin(Quelques Chorales以外にも)は、7月14日以外にも吹奏楽曲があるようですが、録音はないのでしょうか?
それと、フランスものということで、SchmittのSelamlikの録音・楽譜をご存知の方はいらっしゃいませんか?
Indiana大学の録音はあるにはあるようですが・・・