リンク集

リンクです。現代音楽と吹奏楽関係を中心に張っています。    
リンク集の第1ページ目に載せさせていただいている吹奏楽団体は、私が「独自の活動を行っている」と判断したものに限らせていただいています。ご了承ください。
 また、「このバンドはこういう珍しい活動をしている」という推薦や、「うちはこういうことをやってます」という自薦は大歓迎です。メールにてご連絡下さい。
 
なお、当ページへのリンクは基本的にフリーですが、リンクを張る前にメールにてご一報下さると嬉しいです。
バナーも用意しています。少々サイズが大きい(27KB)ですので、使用される場合は下のタグを埋めこむことをお薦めします。
バナーの使用は強制ではありません。また、サイズ、代替テキストなどの変更はご自由にどうぞ。
<HTMLタグ>
<a href="http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp" target="_top"><img src="http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/napp_bnr.gif" width="88" height="31" border="0" alt="NAPPの部屋♪現代音楽と吹奏楽"></a>
バナー

バナーです。
   
ご来訪者のページ・リンク集」(05.2.2 更新)のコーナーを設けました。こちらもご活用下さい。
こちらに掲載希望者の方はお知らせ下さい。もれなく掲載させていただきます。
  他、調べものをする際に非常に役に立つと思われるリンク集(06.1.30 更新)も別途作成しましたので、こちらもご活用下さい。


「NAPPの部屋」に戻る

<吹奏楽関係>

ウインド・シンフォニカ
of
サッポロ
オリジナル吹奏楽作品の発達に力を注いでいる団体です。吹奏楽の真の響きを追及している、非常に貴重な活動をしています。現在、活動休止中。
A-winds 「奈良アマチュアウィンドオーケストラ」です。アマチュアならではの音楽、「演奏者一人一人の音楽づくりを合奏に反映できるよう管打楽器アンサンブルの延長上としての最小人数の吹奏楽」を追求、吹奏楽オリジナル曲を主に取り上げています。
札幌同人吹奏楽団
フェリスタズ
選曲傾向に大きな特徴あり。オケ編曲ものは原則としてやらず、管打合奏にふさわしい曲(今のところグレインジャーを中心に)を選んで演奏しています。「モリーの吹奏楽」は必読!現在、活動休止中。
Ensemble_TSUKUBA 筑波大学の学生を中心にした管楽アンサンブル。 全体で20名強のシンプルな管楽合奏のスタイルをとり、各奏者の個性の 「アンサンブル」から立ち上がる躍動感溢れる音楽を目指し結成しています。
市民吹奏楽団
おたまじゃくし
東京都目黒区の吹奏楽団です。作曲家・編曲家でもある音楽監督、田島篤氏のもと、田島氏によるアレンジ作品やオリジナル新曲を積極的に取りあげています。 コンポーザー・イン・レジデンス制をとっている珍しい楽団です。
新交響吹奏楽団 オーケストラのアレンジ作品を積極的に演奏することにより、「オーケストラよりシンフォニックな」響きを追求している楽団です。
ヤマハ吹奏楽団浜松 毎年定期演奏会において必ず作曲家に委嘱を行って数多くのオリジナル作品を産み出し、高い演奏レヴェルで表現してきた素晴らしい団体です。なお、団員による非公式ページです。
宮崎市民吹奏楽団 宮崎市にある市民吹奏楽団。ここも数多くの委嘱作品を生み出しています。
Japan Chamber Winds 35人編成による小編成アマチュア吹奏楽団。委嘱活動などが独特で、意欲的な活動をしています。
東京佼成
ウインドオーケストラ
言わずとしれたプロ吹奏楽団。日本の吹奏楽の発展に最も貢献した団体で、多岐に渡る活動が魅力。
大阪市音楽団 関西を拠点とする、自治体によって運営されているプロ吹奏楽団。「吹奏楽のための交響曲シリーズ」というとても貴重なCDをリリースするなどの意欲的な活動が注目です。
東京吹奏楽団 故・山本正人氏によって創設されたプロ吹奏楽団。その委嘱作の質の高さは他の追随を許さない。
シエナ
ウインド・オーケストラ
近年、佐渡裕を指揮者とした活動が注目を集めるプロ吹奏楽団。
大江戸
ウィンドオーケストラ
クラシック、ジャズ、ポップスなど、幅広いジャンルからのプレイヤーを集めて結成されたプロ吹奏楽団。ポップスにも力を入れた、異色の活動が話題。
なにわ
《オーケストラル》ウィンズ
近畿圏の管弦楽団所属のプロ奏者を中心に、毎回臨時に集まって演奏会を行なうプロバンド。幅広い選曲や、その年の課題曲を素材とした数々の《実験》が話題となる。
ジャパン・
スーパー・バンド
1979年に伊藤透氏などによって「東京アカデミック・ウインド・オーケストラ」として設立され、その後改名したプロ吹奏楽団。「DAN YEAR 2000」での演奏などが注目されました。(このページはA.リードやJ.バーンズの日本での窓口でもあるAPI社のサイトの一部です)
広島
ウインドオーケストラ
広島を拠点とするプロ吹奏楽団。リリースしているCDには、吹奏楽のベーシックレパートリーを取り上げたものもあり、貴重です。
ナゴヤ
ディレクターズバンド
かつては故・兼田敏氏に、現在は保科洋氏に率いられる、名古屋を拠点とする吹奏楽団。教職員やバンド・トレーナーなど、日頃 吹奏楽の指導に携わっている人々が団員となっている。
TAD Wind Symphony 鈴木孝佳氏を音楽監督として1992年に結成されたプロ吹奏楽団。
Japan Wind Ensemble 中部地区を中心に活躍するプロ奏者で構成された吹奏楽団。
名古屋
ウィンドシンフォニー
愛知県内を中心に活動する、2001年に結成されたプロ吹奏楽団。
ガレリア・ウインドオーケストラ 教育の現場における吹奏楽の発展と、オリジナル作品を演奏することを主眼として結成されたプロ吹奏楽団。東京音大の関係団体が母体となっており、指揮者をはじめ奏者などに私の(私を)知っている名前がチラホラ。私もレジデンス・コンポーザーとして企画などに関わっています。
ウインドカンパニー
管楽オーケストラ
音楽大学を卒業した演奏家たちにより、1994年に関西に設立されたプロ吹奏楽団。青少年に音楽文化を伝えるための学校演奏会と、吹奏楽のオリジナル作品の紹介をコンセプトとした演奏会の、二本柱を活動の軸としている。2003年より、A.リードが指揮者となっている。
国立音楽大学
ブラスオルケスター
国立音大の吹奏楽定期ではとても貴重な作品が演奏されることがしばしばで、よくチェックしています。
ズーラシアン・ブラス よこはま動物園ズーラシアにおいて子どもたちの音楽への興味を沸き起こし、これから花開く可能性を持った素晴らしい感性の導火線に火をつけることを目的に結成された金管五重奏団です。
盛岡
ウインド
ネットワーク
「音を出さない吹奏楽団」というちょっと変わったところ。吹奏楽を行うための環境造りなどを行っています。他にも吹奏楽関係の情報の交換、発信も行っています。管理人はJUNさんです。
WINDBANDNET ウインドバンドネット。大概の吹奏楽団、研究ページにはここから行くことができます。
吹奏楽仲間のML 河内様による吹奏楽メーリングリストです。
吹奏楽情報MM まさ様による吹奏楽情報のメールマガジンです。「ほぼ日刊」というのがすごい!
WASBE 世界吹奏楽連盟(World Association for Symphonic Bands and Ensembles)、通称「WASBE」です。毎年、吹奏楽の世界規模の演奏会を開催するなどしています。
全日本吹奏楽連盟 吹奏楽コンクールをはじめとして、吹奏楽活動全般の中枢です。
日本管打・吹奏楽学会 研究紀要を発行したり、管楽合奏コンテストを主催するなど活発な活動をしている機関です
日本吹奏楽指導者協会 JBA。日本の吹奏楽指導者の社団法人。吹奏楽研究の他にも、下谷賞などの作曲賞を制定するなどしています。なお、このサイトは本部のページではありません。
世界吹奏楽コンクール 世界規模で吹奏楽コンクールを行なおう、という試み。まだ企画がスタートしたばかりで、今後が注目です。第一回開催はウィーンにて。
響宴
21世紀の吹奏楽委員会
未出版・未発表の吹奏楽作品の発掘に力を注いで活動している、今注目の貴重な団体です。
裸の大将の
アマチュア指揮者のページ
裸の大将さんによるページ。「指揮法」ということに焦点をあてた数少ないページです。アマチュア団体の指揮者さん必見です。
I's Music and Road 作曲家、酒井格氏のサイト。軽妙さと繊細さ、そして正確さが求められる作品群は、同じ調性作品でも他の作曲家とは明らかに異なる特徴をもっており、そうした意味でも希有な作曲家です。「道」愛好家にもおすすめのサイトです。
高橋 徹の音楽室 大阪音大助教授の高橋先生のページです。バンド指導や吹奏楽への編曲をしている方は必読のページです。
てつやんのホームページ 浜松を拠点とする航空自衛隊中部航空音楽隊は、数多くの委嘱を行い、注目のプログラミングをするバンドです。そこのサックス奏者である渡部哲哉氏のサイト。自身も作編曲家として活躍されるほか、多くの作曲家の交流の場も設けておられます。
大澤
吹奏楽・管弦楽研究所
国立音楽大学の大澤先生およびそのゼミ生のみなさんで作られている、集団音楽に対して深い考察が加えられているページです。
瀬 浩明の
吹奏楽とリコーダーの部屋
瀬先生によるページ。音楽理論講座をはじめとして、吹奏楽についての見解を述べられています。また、教育と音楽の関係についても述べられています。
ユーフォニアム講座 HIDEっち様によるサイト。Euphoniumやその近辺の楽器に対する種々の考察・紹介がなされています。日頃吹奏楽に縁の薄い作曲家がこの楽器に対して知識を得るには最適です。
March World マルシュ様によるページ。マーチと軍楽に関してのページです。国内、海外を問わず実に深い内容で切り込んでいます。
THE EUROPEAN
MILITARY MUSIC
屯田兵様によるページ。ヨーロッパの多くの国の様々な軍楽隊へのリンク集の形がとられています。その情報量は圧倒的です。
British style
Brass band Links
吹奏楽と混同されてしまいがちな、「ブラスバンド」のリンク集です。「ブラスバンド」を知る足掛かりに最適です。
The
Music-Maker's
Paradise
村上様のページ。ネリヴェル、アルフレッド・リード、ヴァンデル=ローストなどの作曲家について有益な情報が得られます。また、豊富なリンク集もすばらしいです。
阿部達利の
ホームページ
阿部様によるページ。いままでの全日本吹奏楽コンクールについてのデータベース、吹奏楽曲の収録されているCDのデータベースは他には真似できない、すばらしい完成度です。
吹奏楽初心者に
優しいページ
管理人さんのもとへ寄せられた質問事項について皆さんで考えて(頭を抱えて?)いくページです。楽しいです。
吹奏楽のための
質問広場
日本全国の吹奏楽関係サイトから一つの掲示板を共有し、みんなの質問をみんなで解決していく、というコンセプトのサイトです。
sasaの部屋 各楽器にプロの演奏家を迎えて質問に答える「音楽なんでもこい質問箱」など、多くの掲示板やチャットなどがあるサイトです。
Orchestra
and
Brass Ensemble
玉田様によるページ。吹奏楽によくアレンジされるオーケストラ曲の原曲についてのページです。アレンジ物をやる場合は事前に調べましょう!!
Winds Square
ー優's Pageー
優(ゆたか)様によるページ。
吹奏楽ヲタクへの道 宇宙一の吹奏楽オタクを目指すH32-15様のページ。多くの演奏会についてのレビューが載せられています。


<現代音楽関係>

English
and
Music
私が大変お世話になっている岡村様のページ。広いジャンルにわたって、内容のある音楽の話題があふれています。
音楽・KDM・意識 KDM様によるページ。現代音楽は勿論の事、幅広いジャンルの音楽について若い鋭い感性で切り込んでいます。
CMGL 蝸牛の旋 様によるサイト。近現代の作曲家を中心に扱っており、様々な稀少音源に通じている方だけにその内容には期待されます。また、「GOLDEN LUCKY」という漫画のサイトでもあります。
音と音楽を考えるページ アメリカに留学されていた谷口様のページ。アメリカの現在の音楽事情がわかります。
Taro's Page(ぱげ) 東京音大の後輩で、現在IAMASに在籍中の太郎氏のサイト。コンピュータを用いた作曲論など、独自の活動が大変面白いです。
DEFRAG 野々村様による「現代音楽を聴く100組のCD」などのあるページ。現代音楽のCDについての鋭い批評、現代作曲家についての多くの見解がのべられていて、非常に勉強になります。
web-cri.com 評論家を中心とした6名による批評サイトです。独自の視点による鋭い切り口は必読です。
Flute奏者
木ノ脇道元先生
HP
アンサンブル・ノマドのメンバーであり、現代音楽のスペシャリスト、木ノ脇道元先生のページです。
Saxophone奏者
須川展也先生
HP
トルヴェール・カルテットのメンバー、東京佼成WOのコンサートマスターを努めるサキソフォ−ン奏者の須川先生は、多くの作曲家に現代音楽の委嘱も行っている現代音楽のスペシャリストでもあります。
Trumpet奏者
曽我部清典先生
HP
上野の森金管五重奏団のメンバーであり、現代音楽のスペシャリストという、曽我部先生のページです。
Trombone奏者
村田厚生先生
HP
現代音楽の演奏も盛んにされている村田厚生先生のサイト。作曲家へ向けての奏法解説なども充実しています。
WEB SITE
FOR MUSIC DIVERSITY
〜渡部謙一ウェブページ〜
Euphonium奏者で指揮者の渡部謙一先生によるページ。吹奏楽と現代音楽の相互関連について様々なアプローチをされています。
オーケストラ
ニッポニカ
高い演奏技術を持つアマチュアオーケストラ。戦前・戦中の邦人作品を盛んに取り上げるなど、「アマチュアだからこそできる活動」が光ります。
日本音楽集団
ホームページ
現代邦楽の演奏団体。これからの現代音楽で重要な存在となると思われます。
オーラJ 同じく現代邦楽のプロ演奏集団です。
東京混声合唱団 プロの合唱団。多数の現代作曲家の作品を初演するなどしています。吹奏楽も見習いたいものです。
音ヲ遊ブ 現代音楽の若手作曲家数名によって作成されているページです。コラムなど、とても読み応えのある、非常にためになるページです。また、現代音楽の演奏会のMMの案内も行われています。
閑古鳥の部屋 閑古鳥先生によるページです。とにかく、入ってみて下さい。
ミュージック
スケイプ
貴重な現代音楽関係の書籍、季刊「ExMusica」を発行しています。
予約購読申し込みがこちらから出来ます(店頭での入手は困難です)。
三木稔
ホームページ
私も作曲のゼミを受けさせていただいた三木先生のページです。現代邦楽・邦楽器の第一人者であられます。
武満徹
ホームページ
日本の誇る作曲家、武満徹の紹介をしているページです。管理人の中野様は幅広い音楽に造詣のある方です。


<音楽一般・美術など>

Tsuge's
Free Improvisation
管楽器をやるものなら誰もが憧れるフリーインプロビゼーションのページ。
現代的なインプロビゼーションに触れるのであれば是非。
スタジオ
シンフォニカ
「ウインドシンフォニカ・オブ・サッポロ」の指揮者の畠中様が新設した会社。建築と音楽の出会いによる今後の活動に注目です。
ヤマハ
ミュージック
イークラブ
音楽に関する情報を集めたサイトです。音楽関連の検索も行えます。
オールアバウト
ジャパン
(クラシック)
オールアバウトジャパンは様々な分野の情報への総合リンクのようなサイトですが、その中のクラシック音楽部門です。
専門のガイドの方が集められたものです。
SEAM 「SEARCH of EDUCATION and ART MUSIC」です。
教育音楽・芸術音楽を中心とするサーチエンジンです。
Concert
Square
関東近県の演奏会情報です。ほかにも、色々なジャンルのアマチュア団体へのリンクも充実してます。また、コンサート情報のメールマガジンの申し込みもできます。
ピアニストの苦悩 ピアニストのためのサイト。コンクールを受ける際などに有益な情報が満載されています。
作成者は私の大学での同期生。
東京音楽大学 私の出身大学です。
東京音楽大学大学院
2002年度修了生の会
私も所属しています。
東京音楽大学
ガムラン音楽教室
東京音楽大学民族音楽研究所において開設されている「ガムラン」の音楽教室です。一般むけの音楽教室で、誰でも受講できます。
森の周辺 森本様のページ。現代美術や詩についてのエッセイもあり、現代音楽にも深い造詣のある方です。
日本詩人愛唱歌集 scaffale様のページ。日本における声楽・合唱作品と詩人の関係、およびその周辺に関する情報が豊富です。


<その他>
 私がモノを調べるときによく使う、公開ブックマークのようなものだと思って下さい。基本的に個人サイトは含んでいませんが、もしリンクに問題がある場合はご連絡下さい。


〜ネット便利系〜
グローヴ・オンライン 音楽辞典「The New Grove」のweb版です。有料です。
国会図書館 書籍・刊行物の出版データなどを調べる時に便利です。
東京都図書館横断検索 都内に住んでいるのなら、蔵書を確認できてとても便利です。
excite翻訳 簡単な英和・和英の翻訳に便利です。ただ、あまり信用しすぎないように(笑)
AltaVista 翻訳サイトです。英語以外の外国語サイトを読むときなどに便利です。日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・スペイン語・韓国語・中国語の翻訳ができます。(一部、英訳を通してから)
希少管楽器博物館 珍しい楽器・あまり聞いたことのない楽器の画像などを調べる際に便利です。
NHK番組表 教育テレビ、FMラジオ、BSなどの番組はこれで事前にチェックしています。
スカイA 私はCATVでこのチャンネルを見ていますが、時々ここのクラシック番組は古楽から現代作品まで珍しいものをやってくれるので注目しています。

〜団体系〜
World Military Bands 世界の軍楽隊に関する海外サイト。
Gold-music
Direct sheet music
research
多くの作曲家・音楽家を多角的に検索してくれる海外サイト。
日本現代音楽協会 ISCM日本支部でもあります。会員の作品情報あり。
日本作曲家協議会 こちらにも会員の作品情報あり。
サントリー音楽財団 サントリーサマーフェスティヴァルなど数多くの企画を行なっています。
東京オペラシティ
文化財団
武満徹作曲賞などを行なっています。
日本交響楽振興財団 管弦楽の作曲コンクール開催のほか、各種刊行物も要チェックです。
民主音楽協会 かつて各種コンクールを行なっていたほか、優秀な音楽資料館として重要です。
東京コンサーツ 様々な現代音楽のアーティストが所属する事務所です。それぞれの近況には多くの情報が見られます。
音楽会ネット コンサートの案内を掲載しているほか、湯浅譲二先生の情報などがあります。
電子音楽協会 フランス系の電子音楽の協会です。日本人にも関係者が多いです。
全日本合唱連盟 全日本合唱コンクールの開催など。吹連の合唱版のようなものですが、活動を比較してみてください。
PTNA ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)です。数多くのコンクールの開催のほか、各種グレード試験、指導者の斡旋などを行なっています。
国際音楽資料情報協会
(IAML)
国際的な音楽学の資料に関する組織の日本支部。音楽文献目録委員会(RILM)などがあり、学術調査の足掛かりとなります。
日本音楽著作権協会 言わずと知れたJASRACです。このサイトから著作権情報を把握できます。

〜学校系〜
国立音大図書館 日本で最も充実した音楽大学の図書館です。蔵書検索ができます。
桐朋学園図書館 こちらでも蔵書検索ができます。使いやすいです。
東京藝術大学図書館 こちらでも蔵書検索ができますが、ちょっとだけ使いにくいです。
東京ミュージック&
メディアアーツ尚美
管弦打楽器学科
現在において、日本の音楽大学・専門学校でもっとも吹奏楽に力を入れ、影響力のある学校・学科はここでしょう。

〜ネット利用企業系〜
CD NOW ネット通販によるCD購入は以前よりここがよいと言われていましたが、現在はamazonの一部となっています。曲の収録情報や、CD情報の調査など購入以外の目的でも重宝します。
Mark Custom 吹奏楽のCDで有名なレーベルです。その膨大にリリースされたもののなかに、非常に貴重な曲が発売されていることがあります。探すのは大変ですがその価値はあります。録音にハズレがあることも。
アカデミア・
ミュージック
日本で輸入楽譜・書籍を扱っている店の定番です。蔵書検索ができます。
J.W.Pepper 海外楽譜オンラインショップです。
サラヴェール出版社 フランスの出版社ですが、作曲家の作品リストには他の出版社の作品までカバーしているものもあります。
OPCODE・MAX 作曲家がよく使用するMax/MSPに欠かせない会社。一般MacユーザーにはOMSのほうが身近。
OPEN MUSIC 作曲支援ソフト「Open Music」のサイト。倍音列生成や各種モジュレーションを行なうソフトで、トリスタン・ミュライユ「デザンテグレーション」などはこれを用いて作曲された。「Finale 2003」にはバンドルされており、「デザンテグエーション」のパッチも収録されているので、興味がある人はぜひ。なお、このサイトは IRCAM 内にある。
ミュージックエイト 吹奏楽でのJ-POP編曲楽譜の定番。それに混ざってオリジナル作品の情報もきちんと含まれており、そっちのチェックも重要です。
ミュージックストア・
ジェイ・ピー
旧SMDJ。輸入吹奏楽譜の販売には定評があります。私は利用したことがありませんが、とても丁寧に応対してくれるそうです。
サウンド・マップ 吹奏楽CDの通信販売をしています。扱っているCDに良質のものが揃っています。また、現在手に入らないものでも収録データは残してあり、データベースとしての価値もかなりのものです。利用したことがありますが、とても丁寧でした。
Band Power 現在休刊中の「バンドピープル」誌が「バンドパワー」としてWEB上にて復活したものです。CD、楽譜の通信販売も行なっており、特にスコアのみの販売も行なっているのは有り難いです。ただ、選曲および店の好みが少々偏っています。
五十嵐書店 古本屋です。神田で見つからなかった山村暮鳥の全集をここで見つけました。通信販売では丁寧に応対してくれます。

〜ネットに情報掲載されている作曲コンクール(作品公募も含む)〜
※日程や規定は変更の可能性があるので必ず確認して下さい。
当方での一切の責任は負いかねます。
World Federation of
International Music
Competitions
世界の国際音楽コンクールが相互情報交換を目的として結成した団体。しかし、それほど情報は多くない。
CeBeDeM
Composition Competitions
海外の個人ページで、様々な作曲コンクールの情報が紹介されています。
ガウデアムス
国際作曲コンクール
オランダで毎年開催。管弦楽曲、室内楽曲(電子音楽を含む)、合唱曲の三部門。30才以下。9月開催。1月締切。
国際音楽トーナメント イタリアで毎年開催。独奏〜管弦楽まで編成自由。10分以内。12月〜4月開催。7月締切。
ヴァレンチノ・ブッキ賞
国際コンクール
イタリアで毎年開催。曲種、時間制限は様々(カテゴリ別)。27才以下、40才以下、年齢不問の三部門。10月開催。9月締切。
ISCM
世界音楽の日々
毎年募集。独奏〜管弦楽、吹奏楽と様々。
台湾作曲コンクール 台湾で毎年開催。管弦楽作品。10〜30分。2月締切。
ゴフレード・ペトラッシ
国際作曲コンクール
イタリアで隔年開催。管弦楽曲。9月開催。5月締切。
2 agosto
国際作曲コンクール
イタリアで毎年開催。独奏楽器と二管編成管弦楽(年によって独奏楽器は異なる)。ポップス的要素が必要。10分以内。41才以下。5月締切。
ブザンソン国際
作曲フェスティヴァル
フランスで隔年開催。管弦楽曲。ソロ付き不可。15〜20分。40才以下。9月開催。7月締切。
武満徹作曲賞 日本で毎年開催。管弦楽曲。ソロ付き不可。10〜15分。35才以下。5月開催。9月締切。
日本交響楽振興財団作曲賞 日本で毎年開催。管弦楽曲。10〜15分。7月開催。9月締切。
サンタチェチリア
国立アカデミー国際コンクール
イタリアで開催。管弦楽曲。12〜15分。35才以下。1月開催。11月締切。
タラゴナ市国際作曲賞 スペインで毎年開催。管弦楽曲。20分以内。11月締切。
アルフレード・カゼッラ
国際作曲コンクール
イタリアで隔年開催。二管編成管弦楽曲。15〜18分。35才以下。12月開催。10月締切。
オマハ・シンフォニー協会
ニュー・ミュージック
コンクール

(educationより)
アメリカで毎年開催。室内管弦楽曲。20分以内。25才以上。4月締切。
朝日作曲賞(吹奏楽) 日本で毎年開催。吹奏楽曲。行進曲とそれ以外が隔年募集。3〜4分(行進曲)、6〜7分(それ以外)。技術制限あり。3〜4月締切。
響宴
〜21世紀の吹奏楽〜
日本で毎年開催。吹奏楽曲。6月締切。
世界音楽コンテスト オランダで4年ごとに開催(2005年に開催)。吹奏楽、ブラスバンド、ファンファーレオルケスト、打楽器アンサンブル。7月開催。10月締切。
朝日作曲賞(合唱組曲) 日本で毎年開催。合唱組曲。合わせて20分以内(4分以内の曲を1曲以上含む)。3月締切。
グイド・ダレッツォ
国際作曲コンクール
イタリアで毎年開催。合唱曲。5〜6月開催。3月締切。
ハノーファー国際
現代作曲コンクール
ドイツで隔年開催。現代宗教音楽。40才以下。5〜6月開催。3月締切。
上野の森コ-ラスパ-ク
作曲コンクール

(自主事業より)
日本で毎年開催。合唱曲。15分以内。35才未満。8月開催。5月締切。
国際合唱作曲コンクール イタリアで隔年開催。合唱曲。10月開催。10月締切。
オペラ・ジェネシス賞 イギリスで隔年開催。室内オペラ(現代劇)。40才以下。60〜100分。6、7月開催。5月締切。
オルフェウス国際
新作室内オペラ・コンクール
イタリアで隔年開催。室内オペラ。35才以下。3月開催。12月締切。
文化庁舞台芸術
創作奨励賞作品募集

(自主事業より)
日本で毎年開催。開催年により課題が異なる(舞台芸術)。4月締切。
ジーノ・コンティッリ
国際作曲コンクール
イタリアで隔年開催。一幕によるミュージカル。楽器数が10〜20。30〜60分。45才以下。秋開催。9月締切。
マニュエル・ヴァルカセル
国際ピアノ作曲コンクール
スペインで隔年開催。ピアノ独奏曲。1月締切。
ピティナ
ピアノコンペティション
新曲課題曲募集
日本で毎年開催。ピアノコンペティションの課題曲募集。部門によって規模が様々。1月締切。
国際
モーツァルト・コンクール
オーストリアで4年ごとに開催(2002年に開催)。独奏ピアノ、独奏ヴァイオリン、声楽曲(伴奏有無は自由)。10分以下(声楽のみ8分以下)。35才未満。2月締切。
カスリーン・トーマス
フルート作曲コンクール
イギリスで毎年開催。フルート曲(独奏〜三重奏)。2月締切。
国際コントラバス協会
作曲賞
アメリカで隔年開催。コントラバス曲(独奏〜重奏)。8〜15分。
ルクセンブルク
国際作曲賞
毎年ルクセンブルクで開催。室内楽(使用楽器に制限あり)。10〜15分以内。1月締切。
パブロ・ソロサバル
作曲コンクール
スペインで隔年開催。弦楽四重奏曲。25分以内。35才未満。1月締切。
ガリアード・アンサンブル
木管五重奏作曲コンクール
イギリスで毎年開催。木管五重奏曲。3月締切。
ソウル国際作曲コンクール 韓国で毎年開催。室内楽曲(四重奏)。15分以内。3月開催。
ヴェル・ティゴーネ
国際音楽コンクール
イタリアで毎年開催。声楽を伴う1〜6名による室内楽曲。6月開催。5月締切。
ミケーレ・ピッタルガ国際
クラシックギター
作曲コンクール
イタリアで隔年開催。ギター+αの曲(年によって異なる)。9月開催。7月締切。
アンリ・デュティユ
国際作曲コンクール
フランスで3年ごとに開催(2004年開催)。独奏〜室内楽曲。4〜5月開催。8月締切。
名古屋市文化振興賞 日本で毎年開催。7人までの室内楽曲。15分以内。11月締切。
東京国際室内楽
作曲コンクール
日本で毎年開催。室内楽(1〜5人)。12分以内。11月締切。
プリ・アルス・
エレクトロニカ
オーストリアで毎年開催。電子音楽(映像付き推奨)。3月締切。
ピエール・シェフェール
国際コンピュータ
作曲コンクール
イタリアで隔年開催。電子音楽(楽器を伴うものも可)。10分以内。8月締切。
ブルージュ・
エレクトロアコースティック
音楽と音響芸術
国際コンクール
フランスで毎年開催。電子音楽(楽器の付加が可)。26才未満と以上の二部門に分かれる。
デルタ・オミクロン
国際作曲コンクール
アメリカで3年ごとに開催。開催年により課題が異なる(2006年はメゾソプラノの英語歌曲、ピアノ伴奏付)。大学生以上。7〜15分。7月開催。3月締切。
JFC作曲賞コンクール 日本で毎年開催。開催年により課題が異なる(室内楽)。10〜15分。30才未満。6月開催。4月締切。
マリー・ホセ王妃
国際作曲コンクール
スイスで隔年開催。開催年により課題が異なる(2004年は合唱と器楽アンサンブル)。5月締切。
バーロウ
国際作曲コンクール
アメリカで毎年開催。開催年により課題が異なる。9月開催。6月締切。
現音作曲新人賞 日本で毎年開催。開催年により課題が異なる(室内楽)。10分〜15分。10月開催。7月締切。
マリオ・ベルナルド・
アンジェロ=コムネーノ
国際コンクール
イタリアで毎年開催。開催年により課題が異なる(2002年は弦楽四重奏)。12〜25分。11月開催。9月締切。
エリザベート王妃
国際音楽コンクール
ベルギーで隔年開催(作曲部門)。開催年により課題が異なる(2002年は10分以内のピアノと管弦楽の作品)。40才以下。11月締切。
A.GI.MUS
作曲コンクール
イタリアで毎年開催。開催年により課題が異なる。11月開催。
国際ブラームス・コンクール ドイツで隔年(作曲部門)開催。開催年により課題が異なる。30才以下。
ウィーン国際音楽コンクール オーストリアで毎年開催。35才未満と以上の2つのカテゴリー。9月締切。
国際女性作曲家コンクール ドイツで開催。開催年により課題が異なる。女性限定。
ファニー・メンデルスゾーン
作曲コンクール
ドイツで隔年開催。女性限定。2月開催。
フランソワ・ドゥ・ルーベ
”音楽と海”賞
フランスで毎年開催。あらゆる楽器で応募可(録音したものを添付)。15分以内。10月開催。9月締切。
マスタープライズ
国際作曲コンクール
イギリスで3年ごとに開催。開催年により課題が異なる。6〜15分。10月開催。既演曲可。聴衆の審査参加。
グロマイヤー賞作曲賞 アメリカで毎年開催。既発表イヴェントに関する評価。1月締切。春開催。

〜掲示板系〜
yahoo!掲示板
吹奏楽
yahoo!の掲示板です。
2ちゃんねる 言わずと知れた巨大掲示板。ここについては色々な話を聞きますが、真摯に有意義な議論をしているスレッドもあります。もちろん、悪いスレッドも。私は滅多に書き込みませんが、「◆WybBdl19Z6」(最近は「◆NAPPnNCtlc」)というトリップ付きで発言しています。
日本の作曲家掲示板 「したらば」の掲示板です。
松平頼則掲示板 「したらば」の掲示板です。
マンドリン音楽板 「したらば」の掲示板です。
ななしの合唱掲示板(仮) 「したらば」の掲示板です。
だから吹奏は
馬鹿にされる板
「bs1-bbs」の掲示板です。
現代音楽板 「bs1-bbs」の掲示板です。


<さらにその他>

この指とまれ web同窓会「この指とまれ!!」です。
おまた 池袋にある、お気に入りの呑み屋さん。
みさとや本舗 HP作成素材などを作っています。「LOVE吹奏楽RING」のリングマスターでもあります。
佐賀県立
武雄高等学校
私の出身高校です。
ハンドルネームうらない 意外と気になる。
ねこ缶。(暫定) 猫好きにはたまらないページ。



「NAPPの部屋」に戻る