■2-STROKE ENGINE
4サイクル・エンジン編へ


2ストロークエンジン

2ストロークエンジンの作動原理は、図に示すように、反復で、二つの作業をこなします。

  1. 排気が終わり混合気が掃気ポートを経て燃焼室内へと導かれます。
  2. そのストロークの後半で掃気ポートが閉じ圧縮を行います(同時に吸気も行われています。)
  3. 点火により燃焼が始まり、ピストンが下降すると同時に一次圧縮が始ります。
  4. 下降の後半で排気ポートが開き(掃気)を同時に行います。

このように上昇と下降の2工程で、全てを行われるため2ストロークエンジンと呼ばれています。


画像をクリックすると動きます!
* 2ストロークエンジンと4ストロークエンジンを、同一排気量・同一気筒数で比較した場合です。