■4-STROKE ENGINE
2サイクル・エンジン編へ


4ストロークエンジン

4ストロークエンジンの作動原理は、図に示すように、

  1. ピストンが下がり吸気バルブより混合気を吸い込みす(吸気行程)
  2. 次にピストンが上昇し混合気を圧縮しながら上死点に向かいます(圧縮行程)
  3. 上死点後でスパークプラグにより点火された混合気は急速に燃焼しピストンを押し下げ(燃焼行程)
  4. 再び上昇する際に燃焼済みガスの排気を行います(排気行程)

この4つの行程(ストローク)の繰り返しでパワーを作り出すため4ストロークエンジンと呼ばれています。


画像をクリックすると動きます!
 4ストロークエンジンは吸・排気バルブをシリンダーヘッド部に持ち、シリンダー側面のポートから吸・排気(掃気)を行う2ストロークに比べ機構が複雑になります。
 一方、この吸・排気バルブにより燃焼のコントロールがしやすく、また燃焼ガスの吹き抜けも起こりにくいため、燃費と排出ガス(エミッション)の面では有利となります。