メーター球LED化。

テールランプLED化、ヘッドランプHID化と来たらやはりとことんまでLED化しようかと...。

そんな訳でメーター照明、ニュートラル、OIL警告灯、HiビームインジケーターをLED化してみました。
写真は無いのですが、インジケーター用バルブは超高輝度LEDで作成。
メーター用照明は写真のように(ピンぼけで見づらいですが...)青色拡散LEDで作成してみました。

で、実際装着してみると...
これまた写真が無いのですが(^_^;)インジケーターバルブはかなり良い感じです。
メーター照明は文字盤は光らず、周りから青くぼんやり照らすのみで思いのほか見辛くなってしまいました(´_`)。

そこで今回初めて「しまりす堂」さんのオリジナル拡散加工LEDウェッジ球を購入!!

それぞれ3灯拡散加工LED10ミリウェッジ(左)
2灯拡散加工LED5ミリウェッジ(右)
比較しやすいようにノーマルバルブと並べて撮影してみました。

で、実際に点灯させてみたのが↓これです。

左からノーマル、青色拡散LED1灯、3灯拡散加工品です。
写真で見ての通り右の拡散加工品が白い光でノーマルよりも明るく感じます。

そして、実装状態で点灯したのが↓です。

写真ではわかり辛いですが、ノーマルとほぼ明るさは変わらないですが、
バルブが電球色から白になったので文字盤が見易くなっています。
写真右のようにメーターパネル脇からの光が純白で良いです。

写真で気付いたかもしれませんが、スピードメーターの下側が暗く感じます。
R1−Zのメーターをばらした事のある方ならご存知だと思いますが、
その部分に使用しているバルブのみが5ミリのウェッジ球なんです。
そのためLEDバルブも2灯拡散加工品の5ミリウェッジにしたのですが、3灯の方が良かったかな?

ここまで完成してひとまずLED化は終了になります。
ウインカーは??と思うかもしれませんが、ウインカーの場合リレーをLEDに対応したタイプに交換、
若しくは抵抗等でハイフラ対策をしなくてはいけません。
リレーをLEDに対応したタイプに交換若しくは製作すればLED化の意味はあるのですが、
抵抗等でハイフラ対策の場合、LED化する意味が殆ど無くなってしまうのでとりあえずウインカーのLED化は保留です。