来日オーケストラのライヴ盤あれこれ



 最近、特にAltusを中心としてかなりの数の来日オケの実況公演がCD化されています。そこ
で以前に発売されていたものを、実況ではないものやLPのみの発売で現在にいたっているも
のも含めて思いつくものをざっとあげてみます。

 (2006年5月現在。生産中止含む。番号の無いものはほぼ廃盤。※印は正規録音方式では無いもの。CDとしか書
いていないものは、来日中にセッションを組んで録音されたものです。)



1957:カラヤン&BPO

ワーグナー/マイスタージンガー、第1幕への前奏曲
Rシュトラウス/ドン・ファン
ベートーヴェン/交響曲第5番
[公演DVD:NSDS-9479]



[公演LP:チャイコフスキー交響曲第6番 他]


1959:カラヤン&VPO

ブラームス/交響曲第1番ハ短調 op.68
ブラームス/交響曲第4番ホ短調 op.98
シューベルト/交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』 他
[公演DVD:NSDS-9480]


1960:ミュンシュ&ボストンSO

ベートーヴェン/交響曲第3番 op.55
ラヴェル/ダフニスとクロエ、第2組曲
[公演DVD:NSDS-9486]


1963:ショルティ&ロンドンSO

ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ短調 op.60 他
[公演DVD:NSDS-9481]


1963:ベーム、ホルライザー&ベルリン・ドイツ
[公演CD:「フィデリオ」「フィガロの結婚」「ヴォツェック」「第九」]


1964:クリュイタンス&PCO

ベルリオーズ/幻想交響曲
[公演CD:ALT-003]

ラヴェル/スペイン狂詩曲
ラヴェル/マ・メール・ロア、組曲
ラヴェル/ラ・ヴァルス
ラヴェル/クープランの墓
ラヴェル/亡き王女の為のパヴァーヌ
ラヴェル/ダフニスとクロエ、第2組曲
[公演CD:ALT-004/5]


1965:クーベリック&BRSO

バルトーク/管弦楽の為の協奏曲 他
[公演CD:ALT-008]

モーツァルト/交響曲第35番
ヒンデミット/ウェーバーの主題による交響的変容
フランク/交響曲
[公演CD:ALT-009]

シューベルト::交響曲第7番「未完成」
ワーグナー:トリスタンとイゾルデ、愛の死
ドヴォルザーク:交響曲第9番
[公演CD:ALT-010]



[公演CD:ALT-0018,019,020,046,047,066,067]



[公演CD:KICC-421,422]


1969:カール・リヒター&ミュンヘンバッハ

バッハ:マタイ受難曲
[公演CD:POCA-3001/3003

バッハ:ロ短調ミサ
[公演CD:POCA-3004/3005]



[公演CD:SICC-350/351]


1970:ヤンソンス&レニングラードPO

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
[公演CD:ALT-0094]

チャイコフスキー:交響曲第5番
[公演CD:ALT-095]


1972:ロジェストヴェンスキー&モスクワ放送
[公演LP:ショスタコーヴィチ交響曲第15番]


1973:ムラヴィンスキー&レニングラードPO

ベートーヴェン:交響曲第4番 他
[公演CD:ALT-001]

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
[公演CD:ALT-002]



[公演CD:TDK-OC007,008,009]


1975:ベーム&VPO

ベートーヴェン/交響曲第4番
ベートーヴェン/交響曲第7番
ベートーヴェン/レオノーレ第3番
ストラヴィンスキー/火の鳥、組曲
ブラームス/交響曲第1番
シューベルト/交響曲第7番「未完成」
シューベルト/交響曲第8番「グレイト」
モーツァルト/交響曲第41番
JシュトラウスU/南国のばら
JシュトラウスU/アンネン・ポルカ
JシュトラウスU/皇帝円舞曲
JシュトラウスU/常動曲
JシュトラウスU&ヨゼフ・シュトラウス/ピッツィカート・ポルカ
JシュトラウスU/こうもり、序曲
ワーグナー/ニュルンベルクのマイスタージンガー、第一幕への前奏曲
Jシュトラウス/美しく青きドナウ
[公演CD:POCG-90491/7]

ベートーヴェン/交響曲第7番
ワーグナー/ニュルンベルクのマイスタージンガー、第一幕への前奏曲
シューベルト/交響曲第7番「未完成」
Jシュトラウス/美しく青きドナウ
ブラームス/交響曲第1番
[公演DVD:NSDS-9483]


[公演CD:ALT-058,059]※



マーラー:交響曲第9番
[公演CD:audite 95.471]


1976:ノイマン&チェコPO

ベートーヴェン:交響曲第9番
[公演CD:COCO-70306]


1977:ベーム&VPO

[公演CD:ALT-026/027 TDKOC-005,006]
[公演DVD:NSDS-9484]



[公演CD:ALT-051,052,053,054]※


1978:スイトナー&ベルリン国立歌劇場

モーツァルト:交響曲第39,40,41番
[公演CD:TFMC-0001]


1979:バーンスタイン&NYPO

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
[公演CD:SICC-356]



[公演CD:ALT-063,064]※


1979:カラヤン&BPO

[公演CD:UCCG-1168]
ベートーヴェン:交響曲第9番


1980:ベーム&VPO

ベートーヴェン:交響曲第2&7番
[公演CD:ALT-065]
[公演DVD:NSDS-9485]


1980:マゼール&VPO

ベートーヴェン:交響曲第5番
シューベルト:交響曲第7番「未完成」
[公演CD:SRCR-2006]


1981:ブロムシュテット&ドレスデン国立歌劇場管弦楽団

[公演LD:シューベルト交響曲第7番「未完成」、プルックナー交響曲第4番]


1982:オッコ・カム、渡辺暁雄&ヘルシンキ・フィル

シベリウス:交響曲第1番 悲しきワルツ/渡辺暁雄
[公演CD:TDKAD-012]

シベリウス:交響曲第4番 交響曲第7番/渡辺暁雄
[公演CD:TDKAD-013]

シベリウス:交響曲第3番 交響曲第6番/オッコ・カム
[公演CD:TDKAD-014]

シベリウス:交響曲第5番 悲しきワルツ/オッコ・カム
[公演CD:TDKAD-015]

シベリウス:交響曲第2番 交響詩「フィンランディア」/オッコ・カム
[公演CD:TDKAD-016]


1982:ヨッフム&バンベルク

ブルックナー:交響曲第8番
[公演CD:ALT-0022/0023 DVD:ALTDVD-001]

ベートーヴェン:エグモント、序曲
ベートーヴェン:交響曲第6番
[公演CD:TDKAD-017]

ベートーヴェン:交響曲第7番
[公演CD:TDKAD-018]


1982:ノイマン&チェコPO

スメタナ:わが祖国
[公演CD:COCO-70410]


1984:テンシュテット&ロンドンPO

シューベルト:交響曲第7番「未完成」
ブルックナー:交響曲第4番
[公演CD:TDKOC-021]

モーツァルト:交響曲第35番
マーラー:交響曲第5番
[公演CD:TFMC-0015/16]


1984:カラヤン&BPO

モーツァルト/ディベルティメント第15番
Rシュトラウス/ドン・ファン
レスピーギ/ローマの松
[公演DVD:SIBC-50]


1986:ショルティ&シカゴ

[公演LD:モーツァルト交響曲第35番、マーラー交響曲第5番]


1986:ヨッフム&ACO

モーツァルト:交響曲第33番
ブルックナー:交響曲第7番
[公演CD:ALT-0015/0016 DVD:ALTDVD-008]







1988:カラヤン&ベルリンPO

モーツァルト交響曲第39番
ブラームス交響曲第1番
[公演CD:UCCG-1400]



モーツァルト:「魔笛」序曲
ブラームス:交響曲第1番
[公演CD:ALT-0024]


1988:テンシュテット&ロンドンPO
ワーグナー/タンホイザー、序曲とヴェヌベルクの音楽
ワーグナー/リエンチ、序曲
ワーグナー/神々の黄昏、ジークフリートのラインの旅
ワーグナー/神々の黄昏、ジークフリートの葬送行進曲
ワーグナー/マイスタージンガー、第1幕への前奏曲
ワーグナー/ワルキューレ、ワルキューレの騎行
[公演DVD:DVBW-3910089]


1989:インバル&ベルリン放送

[公演LD:マーラー:交響曲第7番]


1989:ケーゲル&ドレスデンPO

ベートーヴェン:エグモント、序曲
ベートーヴェン:交響曲第6番
[公演CD:ALT-055]

ベートーヴェン:交響曲第5番 他
[公演CD:ALT-056]


1990:ショルティ&シカゴ

[公演LD:展覧会の絵]


1990:スヴェトラーノフ&ロシア国立

チャイコフスキー:交響曲第1番
[公演CD:PCCL-551]

チャイコフスキー:交響曲第2番
[公演CD:PCCL-552]

チャイコフスキー:交響曲第3番
[公演CD:PCCL-553]

チャイコフスキー:交響曲第4番
[公演CD:PCCL-554]

チャイコフスキー:交響曲第5番
[公演CD:PCCL-555]

チャイコフスキー:交響曲第6番
[公演CD:PCCL-556]

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(P/中村紘子)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(P/中村紘子)
[CD:SRCR-2645]


1990:チェリビダッケ&ミュンヘンPO

[公演LD:ブルックナー交響曲第7、8番]


1991:ベルティーニ&ケルン放送

マーラー:交響曲第1番
[公演CD:TOCE-9211]

マーラー:交響曲第8番
[公演CD:TOCE-9220/21]

マーラー:交響曲第9番
[公演CD:TOCE-9222/23]

マーラー:交響曲「大地の歌」
[公演CD:TOCE-9224]


スメタナ:わが祖国
[公演CD:ALT-098]


ドヴォルザーク:交響曲第7&8番
[公演CD:OVCL-00233]


1992:メスト&ロンドンPO
[公演LD:ベートーヴェン交響曲第5番 他]


1992:スヴェトラーノフ&ロシア国立

チャイコフスキー:マンフレッド交響曲
[公演CD:PCCL-00181]


1993:ザヴァリッシュ&フィラデルフィア

Rシュトラウス:祝典前奏曲
Rシュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯
Rシュトラウス:家庭交響曲
[公演CD:TOCE-8530]


1994:ショルティ&VPO

ワーグナー/楽劇『トリスタンとイゾルデ』〜前奏曲と「愛の死」
R.シュトラウス/交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』
ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 op.92
[公演DVD:NSDS-9482]


1997:スヴェトラーノフ&ロシア国立

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲(P/中村紘子)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番(P/中村紘子)
[CD:SRCR-2509]


2000:ヴァント&NDR

シューベルト:交響曲第7番「未完成」
ブルックナー:交響曲第9番
[公演CD:BVCC-34039/40]



 といったところの公演におけるライヴ盤がうかんできます。(まだまだ実際にはあると思いま
すが)これらはすべて日本の音楽史のひとつの「証言」や「記録」であるというだけでなく、現在
においても「生きた音」としてたのしませてくれています。ここではその中のものをいくつかあげ
ていきたいと思います。




 これは来日中に急遽決定したもので、本公演最終日に収録されたものです。
じつはレニングラードPOのムラヴィンスキー以外の「悲愴」というのはほとんどなく、またガウク自身の最円熟期をとらえた貴重な録音でもあります。これはできればCD化を望みたいところです。
(メロディア)

*1963:ベーム&ベルリン・ドイツオペラ/ベートーヴェンの「フィデリオ」

 これはかつてポニー・キャニオンから(PCCL−60)という番号で発売されたもので、63年の10/29の録音も当時としては最高の音質で録音されています。ここでのききものは当時69歳のベームの圧倒的な指揮ぶりで、まさに白熱の名演となっています。歌手もルートヴィッヒ、グラインドル、キング、ナイトリンガーと最高の顔ぶれがそろっています。これも市場から消えて久しく、いち早い再発売を望みたいところです。75年のNHKライヴとは違った、この指揮者の60代における凄まじい演奏をぜひ復活させてほしいものです。
(ポニー・キャニオン)

*1964:クリュイタンス&PCO/ラヴェル管弦楽曲集。

 これはもうなにも付け加えることはないでしょう。東京公演初日の5/7の録音であるこれは、もはや音楽遺産と形容したくなるような超名演です。ただ惜しまれるのはこれがステレオで記録されていなかったということ。当時は同じくCD化されている「幻想」同様ステレオで放送されていた形跡があります。それだけが残念ではあります。
(ALTUS)[ALT−004〜005]

*1967:コンドラシン&モスクワ放送/
チャイコフスキー「悲愴」、ショスタコーヴィチ交響曲第6番、他

コンドラシンの1967年来日ライヴの項をご参照ください。
(ALTUS)[ALT−018,019,020,046,047,066,067]

*1968:カイルベルト&バンベルク交響楽団/

(キング)[KICC−421,422]


(CBS)[SICC-350/351]

*1973:ムラヴィンスキー&レニングラードPO/ベートーヴェンの4番

 これも東京公演初日のものですが、初来日の巨匠の真髄が垣間見れる凄絶な演奏となっています。またアンコールの2曲も極度に集中しきった演奏がきかれますが、できれば75,77,79年と来日した公演も公式録音を行ってほしかったです。この間にこの指揮者の音作りに少なからず変化がおきていたからです。
(ALTUS)[ALT001]

*1975:ベーム&ウィーンPO

 それは3月16日にNHKFMで生放送されたベートーヴェンの交響曲からはじまったといっていい。その放送が終わったと同時に、ベームとウィーンフィルは日本の音楽ファンの中心になくなてはならない存在となってしまった。そしてその後収録された全プログラムはTVやFMで次々と放送され、さらなる反響をよんでいきました。特にブラームスの交響曲第1番と、シユーベルトの二つの交響曲は圧倒的なまでの評価を得、ほとんど絶対的なものとさえなってしまいました。それは90年代後半のヴァントなど比べ物にならないほどのものがあり、それがはたしてよかったのかどうかはさておき、ベームが亡くなるまでその状態は続くこととなりました。
(ユニバーサル)

*1975:クーベリック&BRSO/マーラーの9番


この厳さにみちた凄絶なマーラーをきくと、現在も保管されている、別の日の「わが祖国」、トボルザークの8番、ベートーヴェンの7番などもぜひ聴いてみたいものです。
(audite)[audite 95.471]

*1977:ベーム&ウィーンPO/ベートーヴェンの5番

「カール・ベーム日本ライヴ」の項をご参照ください。

(ALTUS)[ALT−026]

*1979:バーンスタイン&NYPO/ショスタコーヴィチの5番。

 これはライヴというよりこの来日時にその練習時の録音を含めてベスト編集したもののようですが、その白熱的な素晴らしさは圧倒的としかいいようがありません。収録はおそらく7/2&3の東京文化会館での公演時ではないかとおもわれます。因みにこのショスタコーヴィチの5番の前に演奏されたのは、シューマンの1番です。
(CBS)[SRCR−2647]

*1979:ベーム&ウィーンPO

「カール・ベーム日本ライヴ」の項をご参照ください。

(ALTUS)[ALT−065]

渡邉暁雄&ヘルシンキ・フィルハーモニー

(TDK)[TDKOC−12,13]

*1982&1986:ヨッフムのブルックナー

「ヨッフムの思い出」の項をご参照ください。
(ALTUS)[ALT−022/023,015〜016,]

*1990:スヴェトラーノフ&ソビエト国立/チャイコフスキーの4番

 チャイコフスキー生誕100年を記念して挙行された、日本史上初の海外オケによるチャイコフスキー交響曲全曲演奏会の一部。演奏は奔流のような勢いと迫力をもった演奏で、この曲の熱狂性を極限にまでたかめたような演奏です。扇風機の音が終始きこえるのがご愛嬌。
(ポニー・キャニオン)[PCCL−00554]

*1991:クーベリック&チェコフィル/スメタナ「わが祖国」

(ALTUS)

 といったところです。現在入手困難なものは早くなんとかしてほしいものです。

 個人的には今後、59年のアンチェル&チェコPO、75年のマーラー以外のクーベリック&B
RSO、77年のハイティンク&ACO、82年のジュリーニ&LAPO、88年のテンシュテット&LP
Oの「英雄」、あたりのCD化をたのしみに待ちたいと思っています。


※一部誤り等があるかもしれませんので、何かありましたらご指摘等よろしくお願いいたします。


戻る
戻る