1986年を回顧する
(昭和六十一年)




 1986年はオーケストラの来日公演史上最多の団体数となった。そしてこの年以降さらに来
日団体の数は右肩上がりで増大していくことになります。そしてその内容もまた圧巻でした。

 1977年以来のベルリンフィル、ウィーンフィル、コンセルトヘボウ、シカゴ、レニングラードの
揃い踏み。レニングラードハムラヴィンスキー、ベルリンフィルはカラヤンがそれぞれ来日が中
止となったものの、ベルリンは代役が小澤征爾というこれ以上ないピンチヒッター登場と相成り
ました。ウィーンフィルは歌劇場公演が開催。コンセルトヘボウはハイティンクの来日こそなか
ったものの、ヨッフムが同オケとはじつに16年ぶりの来日、シカゴはショルティとバレンボイム
による公演となりました。

 それ以外にも天才カルロス・クライバーが待望のオーケストラ公演。フェドセーエフがモスクワ
放送と11年ぶりの来日。ロジェストヴェンスキーが自らのためにつくられた新設オケ「文化省
オケ」とのお披露目公演。全米ランキング二位にいきなり躍り出てきた新星スラットキン&セン
トルイス、新しいシェフの就任で活気づいたシュタイン&バンベルクとチェリビダッケ&ミュンヘ
ンの公演等、とにかく話題性のある団体の来日が多い年となりました。このうち文化省、セント
ルイス、シュツットガルト放送、セントルイス、プラハ響、チェコスロヴァキア放送は初来日という
こともあり、さらにその新鮮さが際立っていました。


1〜4月
コシュラー&レジュハ指揮スロヴァキアフィル、小澤征爾指揮ボストン響
マゼール指揮ウィーンフィル、ショルティ&バレンボイム指揮シカゴ響
ビェロフラーヴェク指揮プラハ響
5〜7月
クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団、ホロヴィッツ、ブーニン
フェドセーエフ指揮モスクワ放送、ロジェストヴェンスキー指揮文化省
8月〜10月
ヨッフム指揮アムステルダム・コンルトヘボウ、小澤指揮ベルリンフィル
ヤンソンス指揮レニングラードフィル、チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
シュタイン指揮バンベルク、エッシェンバッハ&ウェス指揮ウィーン響
11月〜12月
スラットキン指揮セントルイス響、マリナー指揮シュツットガルト放送響
ヴァーレク&武藤指揮チェコスロヴァキア放送交響楽団


 他では、スイトナー、ザヴァーリッシュ、ブロムシュテット、フルネ、マーク、ライトナー、ルカー
チ、ピンカス・スタインバーク、アツモン、レナルト、ノイマン、ケーゲル、シャローン、ヴィト、レー
クナー、ベルゲル、マータ等々、とにかく日本でお馴染みの指揮者が勢ぞろいという超豪華メン
バーが日本にとっかえひっかえ来日した年でもありました。スイトナー、ピェロフラーヴェク、コ
シュラーなどは年に二度も来日という、今考えるとほんとうに信じられない年でもありました。

 それ以外にも前年のショパンコンクールでセンセーショナルな優勝を果たしたブーニンの初
来日もこの年の大きな話題となりました。またホロヴィッツの突然の再来日もありましたが、こ
ちらは初来日時の汚名を払拭する出来ではあったらしいものの、話題は初来日ほどのものは
ありませんでした。

 この年はとにかく初来日、もしくは初めての組み合わせによる来日が多く、しかも大きな話題
を振り撒いた年でしたが、もうひとつ。六本木にできたサントリーホールの開場も、日本におけ
るクラシックコンサート専用ホールの登場、その後に続く新ホール建設、そしてそこからおきた
ホールの勢力地図の書き換えという意味で、大きな出来事であったと思います。

 今回は1977年と違い、よりそのときの思い出話を中心にしていきたいと思います。


参考までに1986年がどういう年であったか[ザ・20世紀]1986年の項目をご覧ください。
 各頁右上にもリンクしておきます。

※茶色で記した公演は自分が行った公演です。


戻る
戻る