<沖縄・八重山>

みんさー織とは

「みんさー織」は、木綿糸を藍で染めて織りあげられた織物で沖縄・八重山諸島で1600年代から織られている。
八重山では昔から「みんさーふ」と呼ばれる角帯で、婚約のしるしとして、女性から男性に贈られたものです。
概 要、織元紹介
みんさー1 みんさー2
みんさーバッグ ミンサーバッグ2
みんさーバッグ3
バッグ
みんさーショルダー
ショルダーバッグ
みんさータペ
タペストリー
みんさー帯
みんさーシャツ
シャツ
ミンサーむりぶし
むりぶし
みんさーネクタイ
ネクタイ
みんさーネクタイ2

ネクタイ

資料参考:「みんさー工芸館」「みね屋」



 
  (自宅) ohtsuka8@fa2.so-net.ne.jp