平成30年7月
年長のお泊り保育(7/19・7/20)
大きな木の下で夕飯。
みんなで作ったカレー、サラダ、飯盒のご飯、おいしかったね。
キャンプファイヤー


レジナの畑では…

落花生のお花が咲いています。
1学期、年中が種まきをして、大きな畑に植え替えをしました。今は小さな花が咲いています。
2学期はどうなっていくかな?

年長は、年中の時に、お泊り保育のために、トマト、じゃが芋、にんじんの種まきをしました。
小さかった種は、大きくたくさんの野菜となりました。
お泊り保育では、みんなでお料理をしておいしいものができそうだね。


卒園生のお母様方対象の
講演会(7/17)


星野神父様による、卒園生のお母様方を対象とした講演会が行われました。
卒園して10年近く経っているお母様から、この春卒園したお母様まで、多くの方々が神父様のお話に耳を傾けました。

講演会の後、信徒会館で分かち合いをしながら、久しぶりに会う人達と和気あいあいとしている様子は、まるで同窓会のようでした。


七夕飾り(7/5)
お隣のおじいちゃんから、大きな笹をいただきました。
雨で遠足には行けなかったけれど、七夕飾りを作ったり、粘土やおりがみなどをして過ごしました。
ホールで七夕飾りを見ながら食べたお弁当、おいしかったね。
平成30年5月
二十日大根の収穫(5/21)
毎日お水をあげて大事に育てた二十日大根が収穫の時を迎えました。
プランターから抜くと、あの小さかった種が大きく真っ赤に成長していました。
収穫したものは大事に家に持ち帰りました。どんな料理に変身したかな?

また、子ども達は、二十日大根の葉っぱに付いている青虫を発見しました。
みんなが育てた二十日大根、青虫にとってごちそうなんだね。

平成30年4月
二十日大根の種まき(4/20)

年中が二十日大根の種まきをしました。種まきから20日程で収穫できることから「二十日大根」と呼ばれています。

種まきの前に子ども達に本物の二十日大根を見せたら、あまり馴染みがないようで、「ミニトマト?」という子もいました。

しっかりお世話をして、20日後どんな二十日大根が収獲できるか楽しみだね。


入園おめでとう

4/13(金)、平成30年度の入園式が行われました。
守護の天使さん(お世話をしてくれる在園のお兄さん・お姉さん)と一緒に手をつないでホールに入場しました。
担任の先生より一人ひとり名前が呼ばれ、元気に返事ができました。また、年少さんだけで「チューリップ」の歌を歌い、お返しに年中・年長が「ドレミのうた」を歌って、新しく仲間入りした年少さんを心から歓迎しました。

平成30年3月
園庭より



年少が四か月間お世話をした花壇の花が、春の陽気に誘われて、花が咲きだしました。

裏庭で採れた金柑をみんなでいただきました。「おいしーい」「すっぱーい」「にがーい」「あまーい」いろいろな声が聞こえてきました。
未就園児の「どれみひろば」のお友達も一緒に食べました。「はじめて食べた」というお友達もいました。
年中が、トマト・人参・じゃが芋の種まき(種植え)をしました。収穫するころは、年長のお泊り保育の時期。美味しいカレー・サラダができるといいね。


  平成29年度卒園式(3/17)
快晴に恵まれた卒園式。35名の年長児たちが、レジナ幼稚園を巣立っていきました。

お別れ会(こども同士のお食事作り・3/1)

年長とのお別れ会を、レジナ幼稚園のみんなで一緒にお食事をして過ごす形で行いました。
年長・年中がおにぎり、パン、スープ、おやつを作り、年少はホールで会場準備をしました。

平成30年2月
ほうれん草と小松菜の収穫(2/26)

昨年11月に年中児が種まきをしたほうれん草と小松菜の収穫が始まりました。
大きく成長したものを収獲できた子、小ぶりなものしか収穫できなかった子。「どうしようか?」と聞いてみると、「分けてあげたらいい!」とほっこりする言葉が返ってきました。


生活発表会(2/10)
生活発表会は、ひとりひとりの子ども達が、一年間の保育の中でどのように成長してきたのかを
保護者に見ていただく場です。
普段の保育の中で行ってきたことを、歌、リズム、劇の形にまとめて発表しました。

年少児の劇「大きなかぶ」

年中児の合奏「聖者の行進
年長児の劇「ザアカイ」

年長児のオルフ演奏
平成30年1月
雪遊び(1/23)

4年ぶりに東京に降った大雪。
園庭は、一面真っ白の雪景色。みんなで園庭に出て雪遊び。雪だるまやかまくらを作ったり、先生やお友達と雪合戦をしたり…。
東京ではなかなかできない貴重な体験を楽しみました。



夏みかんと金柑の味見(1/18)

子ども達が「いつ食べられるかなー?」と楽しみにしていた裏庭の夏みかんと金柑。
例年にないほどたくさんの実をつけ黄色く食べごろになったので、みんなで味見をしてみました。
たわわに実った金柑「金柑の森みたーい!」 「すっぱーい!」「あまーい!」



竹とんぼ。遠くまで飛ぶかな?
お正月遊び

三学期が始まりました。
この時期、幼稚園では、昔から伝わるお正月遊びをたくさん用意し、興味のある遊びを自分で選んで遊んでいます。


コマ回し「上手に巻けたよ」

羽根つき。こころを合わせて「そーれ!」

平成29年12月

   クリスマス礼拝(キリスト降誕劇)・12/20

「トントン、ながいたびでつかれました。こんばんだけでもとめてください。」

「きょうダビデのまちに、あなたがたがながいあいだまっていたかみのこが、ちいさなあかちゃんでうまれました。このかたこそ、みんなをまもり、へいわにしてくださるかたです」


銀杏のじゅうたん

幼稚園の裏庭に銀杏の黄色いじゅうたんが広がり、「ワーッ」と子ども達の歓声が上がりました。
葉っぱを集めて花束に見たてる子、ちり取りとほうきでお掃除を楽しむ子…。
この時期ならではの自然にふれながらの外遊びを楽しんでいました。



年少の球根植え(12/8)

ひとりひとり「チューリップ・スイセン・ヒヤシンス」三個の球根をもらい、自分の畑に植えました。
土をそーっとかぶせ水やりをした後、「もう芽が出るかな?」と、じーっとのぞき込んでいました。

これから毎日水やりをしてお世話をしていきます。春になったら何色の花が咲くか楽しみだね。


クリスマスコンサート(12/1)

父母の会より子ども達へのクリスマスプレゼントとして、
「栗コーダーカルテット」によるコンサートが行われました。

心に響く心地良い演奏を親子で楽しみました。
平成29年11月

消防署見学(11/21)

年長児が歩いて消防署見学に行きました。
消防士さんが消防車のしくみや消防活動について丁寧にわかりやすく説明して下さいました。

消防服の早着替えも見学させていただきました。28秒で消防服に着替えなければ
いけないそうです。「レジナ幼稚園が火事」という想定で、みんなで28秒数えました。

 また、酸素ボンベの装着の様子も見学させていただき、「ロケットしょってる」と言いながら、
興味津々の子ども達でした。


たき火で焼き芋(11/20)

さつま芋をぬれた新聞紙とアルミホイルで包み、園庭の落ち葉を利用して焼きました。
この日は今シーズン一番の寒さでしたが、ホクホクの甘い焼き芋を食べ、体がポカポカ温まりました。


落花生の収穫(11/17)

年中児が、種まきから150日間お世話をした落花生。
夏に黄色い花が咲き、その後葉っぱがたくさん茂ってきました。そして
収穫の時期を迎えました。茎を引っ張ると、根っこと一緒にたくさんの
落花生の実が姿を見せました。子ども達の輝く笑顔がとても印象的でした。


種まき(11/9)

年中児が、ほうれん草と小松菜の種まきをしました。
指で土をなぞり直線の溝をつくり、その中に種を入れ、そーっと土をかぶせます(すじまき)。
「早く芽が出ますように」「後は神様にお祈りするだけ」と言いながら
種まきをしていました。
芽が出るのが待ち遠しいね。





干し柿作り

裏庭にある柿の木にたくさん実がつきました。
今年は干し柿を作りました。軒先につるされた柿。どんな風に変わっていくかな?いつ頃たべられるかな?楽しみだね。


平成29年10月

文化の会(10/31)

父母の会より、「箏曲演奏家 遠藤千晶さん ほか」
による箏の演奏がプレゼントされました。

間近で見聴きすることが少なくなった和楽器ですが、その繊細できれいな音色にきっと何かを感じとり親しみを覚えたことでしょう。

年長児はひとりずつ箏の演奏を体験させていただきました。


敬老の日(10/12)

年長・年中の祖父母をお招きして、前日の運動会で行ったものを少しお見せし、そのあとは共に過ごす時間を設けました。

運動会(10/11 水)
雨で延期になっていた運動会が開催されました
かけっこや体操など体を使うことが好きな年少児。
両足ジャンプをしながら「GO!GO!うみあそび」
先生達手作りのフラッグで、レジナ幼稚園で初めての年中児による「フラッグ体操」。
子ども達の表情も輝いています。


年長児のリレー」
前日、クラス毎に、子ども達が作戦会議を行い本番に臨みました。
年長児の「パラウェーブ」。2人組、4人組、8人組、最後は16人組と大きなものをつくっていきます。
こころを合わせながら出来上がりました。


平成29年7月

園庭より(7/19)

ブドウ棚の下で砂遊び。夏の暑い陽射しも、ブドウの大きな葉っぱにさえぎられて、少し涼しく感じられます。

セミ取り
(セミを見たさに集まってきた子ども達。ターザン気分で見ているお友達もいます)
地面の穴から何やらモソモソと…。
セミの幼虫です。セミの幼虫は、夕方暗くなるころから地上に出てきて羽化しますが、夕方まで待てなかったのでしょうか…?



人参の収穫(7/14)

種蒔き、水やり、間引きをして大切に育てた人参の収穫をしました。
こんなに大きく立派なものが収穫できました。
収穫したものは、来週のお泊り保育でカレーを作ります。美味しいカレーができそうだね。




「わーい!水遊び」(7/12)

登園の際、園庭にプールが出ていると、子ども達はとてもうれしそう。
今日は絶好のプール日和で、年長、年中、年少と時間差でプールに入ることができました。
みんなとても楽しそうで、元気な声が青空に響き渡っていました。

平成29年6月

じゃが芋の収穫(6/26)

三月に植えたじゃが芋が収穫の時を迎え、年長児がじゃが芋掘りをしました。
「じゃが芋だ―」「大きい!」「チビちゃんだ!」大きなものから食べごろサイズまでたくさん収穫することができました。

種芋を植え、毎日水やりをしながら大切に育て、収穫したものは、お泊り保育の時みんなでカレーを作ります。子ども達にとって、貴重な体験ですね。




新しいピアノの音色(6/15)

有名な音楽家が使っていたピアノがレジナ幼稚園に届き、子ども達にお披露目されました。

子ども達の歌声と共に、ピアノの音色がとても美しく響いていました。



年中児の落花生の種まき(6/15)

           二十日大根は種蒔きから20日で収穫ができたけど、落花生は収穫まで150日くらいかかります。
これから長い期間お世話をすることになります。
150日後一粒の種がどれくらいの実をつけているか楽しみだね。

平成29年5月
命のバトン


年長にとって幼稚園での最後の種まき。
昨年年長が朝顔を育て、そこから取れた種が渡されました。これから毎日水やりをして大事に育てていきます。今度は年中へ朝顔の命をつなげていきます
年中が昨年植えた球根。花が枯れた後も水やりをして球根を太らせました。
そしていよいよ球根掘り。全身の力を使い、汗まみれ、泥まみれになりながら球根を抜きました。
この球根も年少へ渡され、命がバトンタッチされます
 

二十日大根の収穫(5/19)
年中が種から育てた二十日大根が収穫の時期を迎えました。
大きくなっているかドキドキしながら茎を引っ張ると、赤くて丸い大根が抜けました。
「きれいだね」「大きいね」子ども達は大喜び!

家に持ち帰って、どんなお料理にして食べたかな?

平成29年4月

園庭より(4/25)
年長が昨年種をまいたキンセンカがきれいな花を咲かせました。子ども達の笑顔のようにキラキラ輝いています。 年中が二十日大根の種まきをしました。人差し指で穴をあけて小さな種を入れ、そっと土をかけます。これから毎日水やりをしながら、生長を楽しみにお世話をしていきます。
名前の通り、二十日で収穫できるかな。

園庭より(4/13)
満開だった桜も散り始め、みんなで桜の花びらのお掃除。ほうきやちりとり、 なかなか上手!

きれいに咲いた花壇の花の写生
お泊り保育のお食事作りの時に使うミニトマトの種を植えました。雨が降っていたので、室内での種蒔き。
翌日さわやかな日差しの下で、おいしいミニトマトができるよう水をあげ、これから大切に育てていきます。


園庭より(4/4)




園庭の桜、だいぶ咲いてきました。始業式には満開の桜が子ども達をお迎えできることでしょう。 年中が植えた人参、ジャガイモ。芽が出るのを楽しみにしていた子ども達。春休み中にとうとう芽が出ました。始業式にはもっとたくさん芽が出ていると思います。

年少が12月に植えた球根(チューリップ・スイセン・ヒヤシンス・ムスカリ・クロッカス)が、春の陽気に誘われてきれいな花を咲かせています。 年中が植えたネモフィラ、ノースボールも満開です。

戻る