10月

敬老の日(10/12)

年長・年中の祖父母をお招きして、前日の運動会で行ったものを少しお見せし、そのあとは共に過ごす時間を設けました。

運動会(10/11 水)
雨で延期になっていた運動会が開催されました
かけっこや体操など体を使うことが好きな年少児。
両足ジャンプをしながら「GO!GO!うみあそび」
先生達手作りのフラッグで、レジナ幼稚園で初めての年中児による「フラッグ体操」。
子ども達の表情も輝いています。


年長児のリレー」
前日、クラス毎に、子ども達が作戦会議を行い本番に臨みました。
年長児の「パラウェーブ」。2人組、4人組、8人組、最後は16人組と大きなものをつくっていきます。
こころを合わせながら出来上がりました。


平成29年7月

園庭より(7/19)

ブドウ棚の下で砂遊び。夏の暑い陽射しも、ブドウの大きな葉っぱにさえぎられて、少し涼しく感じられます。

セミ取り
(セミを見たさに集まってきた子ども達。ターザン気分で見ているお友達もいます)
地面の穴から何やらモソモソと…。
セミの幼虫です。セミの幼虫は、夕方暗くなるころから地上に出てきて羽化しますが、夕方まで待てなかったのでしょうか…?



人参の収穫(7/14)

種蒔き、水やり、間引きをして大切に育てた人参の収穫をしました。
こんなに大きく立派なものが収穫できました。
収穫したものは、来週のお泊り保育でカレーを作ります。美味しいカレーができそうだね。




「わーい!水遊び」(7/12)

登園の際、園庭にプールが出ていると、子ども達はとてもうれしそう。
今日は絶好のプール日和で、年長、年中、年少と時間差でプールに入ることができました。
みんなとても楽しそうで、元気な声が青空に響き渡っていました。

平成29年6月

じゃが芋の収穫(6/26)

三月に植えたじゃが芋が収穫の時を迎え、年長児がじゃが芋掘りをしました。
「じゃが芋だ―」「大きい!」「チビちゃんだ!」大きなものから食べごろサイズまでたくさん収穫することができました。

種芋を植え、毎日水やりをしながら大切に育て、収穫したものは、お泊り保育の時みんなでカレーを作ります。子ども達にとって、貴重な体験ですね。




新しいピアノの音色(6/15)

有名な音楽家が使っていたピアノがレジナ幼稚園に届き、子ども達にお披露目されました。

子ども達の歌声と共に、ピアノの音色がとても美しく響いていました。



年中児の落花生の種まき(6/15)

           二十日大根は種蒔きから20日で収穫ができたけど、落花生は収穫まで150日くらいかかります。
これから長い期間お世話をすることになります。
150日後一粒の種がどれくらいの実をつけているか楽しみだね。

平成29年5月
命のバトン


年長にとって幼稚園での最後の種まき。
昨年年長が朝顔を育て、そこから取れた種が渡されました。これから毎日水やりをして大事に育てていきます。今度は年中へ朝顔の命をつなげていきます
年中が昨年植えた球根。花が枯れた後も水やりをして球根を太らせました。
そしていよいよ球根掘り。全身の力を使い、汗まみれ、泥まみれになりながら球根を抜きました。
この球根も年少へ渡され、命がバトンタッチされます
 

二十日大根の収穫(5/19)
年中が種から育てた二十日大根が収穫の時期を迎えました。
大きくなっているかドキドキしながら茎を引っ張ると、赤くて丸い大根が抜けました。
「きれいだね」「大きいね」子ども達は大喜び!

家に持ち帰って、どんなお料理にして食べたかな?

平成29年4月

園庭より(4/25)
年長が昨年種をまいたキンセンカがきれいな花を咲かせました。子ども達の笑顔のようにキラキラ輝いています。 年中が二十日大根の種まきをしました。人差し指で穴をあけて小さな種を入れ、そっと土をかけます。これから毎日水やりをしながら、生長を楽しみにお世話をしていきます。
名前の通り、二十日で収穫できるかな。

園庭より(4/13)
満開だった桜も散り始め、みんなで桜の花びらのお掃除。ほうきやちりとり、 なかなか上手!

きれいに咲いた花壇の花の写生
お泊り保育のお食事作りの時に使うミニトマトの種を植えました。雨が降っていたので、室内での種蒔き。
翌日さわやかな日差しの下で、おいしいミニトマトができるよう水をあげ、これから大切に育てていきます。


園庭より(4/4)




園庭の桜、だいぶ咲いてきました。始業式には満開の桜が子ども達をお迎えできることでしょう。 年中が植えた人参、ジャガイモ。芽が出るのを楽しみにしていた子ども達。春休み中にとうとう芽が出ました。始業式にはもっとたくさん芽が出ていると思います。

年少が12月に植えた球根(チューリップ・スイセン・ヒヤシンス・ムスカリ・クロッカス)が、春の陽気に誘われてきれいな花を咲かせています。 年中が植えたネモフィラ、ノースボールも満開です。

平成29年3月
卒園式(3/16・木)
良いお天気に恵まれ、第61回卒園式が行われました。


園長先生から一人づつ保育証書が授与されました

保護者の方を向いて歌う「おもいでのアルバム」

神父様より一人づつ記念品をいただきました

年中よりお花のプレゼント

最後に神父様より祝福をいただき28名の園児が巣立っていきました


夏みかんの収穫(3/14)

園庭の夏みかんの収穫を行いました。
先生がはさみで切り、それを受け取りました。ずっしりと重たい夏みかん。鼻を近づけてみると甘酸っぱい香り。
採れたてを、さっそく皮をむいて、みんなでいただきました。甘酸っぱくて、とてもジューシーでした。


年中の種芋植え(3/9)

年中が「じゃが芋の種芋」の植え付けをしました。
じゃが芋を半分に切って、切り口が腐らないように灰をつけます。
(神父様より、灰の日に使った祝別されたものをいただきました)

じゃが芋が大きくなったら、年長のお泊り保育でカレーを作る予定です。待ち遠しいね。


平成29年 2月
雅楽鑑賞(2/20)

文化の会(父母の会)より日本の伝統芸能「雅楽」鑑賞のプレゼントがありました。
普段あまり接する機会のない「雅楽」や「舞楽」を子ども達は興味深く鑑賞していました。
また年長は、足腰が強くないと難しいという舞の動きを体験させてもらいました。

日本の伝統文化に触れることで、子どもの心の中に何か感じるものが残ったことでしょう。

ほうれん草の収穫(2/14)

秋に種をまいた小松菜とほうれん草。1月の小松菜の収穫に続いて、
今日はほうれん草の収穫。
シャベルで回りの土を柔らかくしてからそーっと抜きました。
土の中からは、発芽しない緑の種も出てきました。
家に持ち帰ってもう一度植えたら芽が出るかな。


生活発表会(2/11・土)
子ども達の日々の保育を通しての成長を、言語表現(劇)、リズム(歌・リズム演奏)の形で見ていただきました。

年少による劇「おおかみとこやぎたち」

年中による合奏「ウィリアム・テル」

年長による劇「ノアのはこぶね」 年長によるオルフ演奏

平成29年1月
小松菜の収穫(1/13)

年中が秋に種まきをして大切に育ててきた小松菜が立派に成長しました。

収穫したものをひもで結わえたら、まるでお店で売っているような小松菜になりました。

平成28年12月

クリスマス礼拝(降誕劇 12/20)
「こんや、ベトレヘムのまちに、あなたがたのために、すくいぬしがおうまれになりました。」 「うれしいしらせだ。わたしたちのところにきてくださったおうさまにプレゼントをもってあいにいこう」



手作りクリスマスコンサート(12/8)

お母さん方から、クリスマスコンサートのプレゼントがありました。
ピアノとチェロの演奏、読み聞かせ、又一人ひとりに手作りのストロー笛がプレゼントされ、
みんなで演奏しました。

こころのこもった素敵なプレゼントでした。



年少の球根植え

球根を植える前に、お部屋で「花と球根の絵合わせカードと実物の一致」の活動をし、そして一人ひとり5つの球根(チューリップ・スイセン・ヒヤシンス・ムスカリ・クロッカス)をもらい植えました。

自分のプレートがある小さな畑。毎日の水やりは、これから年少の大切なお仕事となるでしょう。



リストの誕生を迎える準備

神様の誕生をユダヤの人々がずっと待っていたように、子ども達も12月20日(終業式)にむけ、子どもたちなりのクリスマスを迎える準備に入りました。

各部屋に4本のローソクとわらのセットが置かれました。神様が喜ばれることをしたとき、黙ってそっとわらを一本ずつ入れていきます。きっと子供たちの優しさでたくさんのわらが入ることでしょう。その時イエス様の誕生として小さな御像を入れます。

ローソクは、イエス様の誕生が近いことがわかるよう1週進む毎にローソクの火が増えていきます。

平成28年11月

落花生の収穫(11/25)

年中が6月に種をまいた落花生が収穫の時期を迎えました。
一株にたくさんの実がついていて、みんなで一つ1つ手で取る作業を行いました。
「見て!こんなに大きな落花生」子ども達も先生も見たこともないくらいの大きな実もありました。



オペラコンサート
〜生の歌声をフルートとハープの優しい調べにのせて〜


父母の会より子ども達へのプレゼントとして、オペラコンサートが行われました。
生の歌声、透き通った音色のフルート、きれいな音色のハープ、華やかで優しい世界に耳を傾けました。

平成28年10月

福島県 さゆり幼稚園との交流会(10/28)

今年も福島県さゆり幼稚園の年長の子ども達、保護者、先生方をお迎えし、交流会を行いました。
当日は小雨がぱらついたため、子ども達はホールで体操やフォークダンスをしたり、お部屋でお話をしたり楽しく過ごしました。
レジナ幼稚園の庭や公園で集めたどんぐりと、レジナ幼稚園で採れた柿がお土産になりました。

保護者は別の部屋でお茶を飲みながら、テーブル毎に交流を行いました。5年前の大震災の事、今の状況、福島の苦しみ、これから…。いろいろな話を伺いました。



年中の花と野菜の種まき
花は、キンセンカ、ノースポール、ネモフィラ。野菜は、ほうれん草と小松菜。5種類の中から1つを自分で選んで種まきをしました。
毎日お水をあげて、小さな種の命を育てていきます。


敬老の日(10/13・木)

年中・年長の祖父母をお招きしてミニ運動会をしました。
そのあと、けん玉や羽根つきなどの遊びをして触れ合ったり、園内を案内してあげたり…楽しいひと時を過ごしました。



運動会(10/8・土)

お天気が心配された運動会。
途中小雨がぱらつき、プログラムの変更もありましたが、みんなの思いが通じ、
ほとんどの演技・競技を行うことができました。
年中によるフープ体操
「Thank you じゃん!」


年少によるリズム体操
「エビカニ体操」
年長によるパラウェイブ 年長による表現体操


平成28年9月

年中が6月に種をまいた落花生が見事に成長しました。収穫が待ち遠しいね。


夏休みにいろんな体験、経験をした子ども達。心も身体も大きくなり力もつきました。



新学期。久しぶりにお友達と食べたお弁当、おいしいね。 朝顔の種取り
年長が育てた朝顔は花が咲き終わりました。ひと粒の種からたくさんの種が取れました


平成28年7月

年長のお泊り保育(7/21・7/22)

火をおこして炊いたご飯、自分たちで育てた野菜で作ったカレー、サラダ、デザート。

みんなで力を合わせて作ったお料理は、どれもとってもおいしかったね。

小雨が降っていたためキャンプファイヤーはできなかったけど、ホールでキャンドルサービス。
火を見て静かな心になったね。
打ち上げ花火。きれいだったね。



親水公園への遠足(7/7 年長・年中)

よい天気に恵まれ、親水公園に遠足に行きました。
「つめたーい!」と言いながら大はしゃぎ。棒にひもを付けてザリガニ釣りにも挑戦したね。
たくさん遊んだあとは木陰でランチタイム。外で食べるお弁当は格別だったね。



平成28年5月

春の親子遠足(5/19・篠崎公園)

雨の影響で2日遅れとなった春の遠足。当日はすがすがしい天候に恵まれ、遠足日和。

広い芝生の上でかけっこや体操をしたり、幼稚園で練習したフォークダンスをしたり…たくさん体を動かしました。又、保護者はしっぽ取りゲームで大いに盛り上がりました。普段はなかなか見ることができない保護者の姿もありました。

楽しく遊んだ後は、家の人が作ってくれた手作り弁当。青空の下みんなで食べるといつもより美味しく感じるね。
心地よい疲れで、夜はぐっすり眠れたことでしょう。


平成28年4月

平成28年度入園式(4/15)

満開の八重桜のもと、入園式が行われました。
在園児みんなで歌をうたって、新しいお友達をお迎えしました。

園庭のキンセンカ、スイセン、ヒヤシンスも入園を祝ってくれています

戻る