Date
Title
Contents
2003.03.17
「2次会」の文化

会社の飲み会での「2次会」、結婚式の「2次会」。日本人は「2次会」が好きである。「1次会」よりも…。「1次会」は形式的なもの、「2次会」がメインだなんて思ってる人もいるのかな?海外でも「2次会」の文化ってあるのだろうか。誰か教えて下さい。

2002.11.17
「遺憾」

「遺憾」という言葉。何か便利な言葉として使われ過ぎているような気がする。記者会見の場で何度この言葉を聞いたことか。記者に方には、是非、「『遺憾』と表現した心境を、詳しく聞かせて下さい」と切り返して欲しい。明確な答えが返ってくる人は少ないのではないだろうか。

2002.09.09
本屋の店員

なぜ本屋のレジの店員は、客が買おうとする商品をあんなに乱雑に扱うのだろうか!?特に雑誌に関しては酷い。袋に入れる際に折り曲げたり、袋に入れない場合は清算済みの印となるシールを貼ったり…。折れ目がついた本を誰が欲しいと思うのだろうか?理解できない…。

2002.07.28
敬語の間違った使い方

会社に入って仕事をしていく中で感じたことがある。どんな会社でも、取引相手の会社や協力会社等、他の会社の人と接する機会というのは必ずあると思う。しかし、その会話の中で、相手の会社名に「さん」を付けて呼ぶのっておかしくないですか!?皆、普通に「さん」付けて相手の会社名を呼ぶけど、これに違和感を感じるのは私だけ!?私の感覚では、あれはどうもしっくりこない…。

2002.05.10
地下鉄

今度地下鉄に乗る機会があったら、是非やってみてほしいことが。それは、地下鉄の駅の一番端から、電車が吸い込まれていく暗闇を覗いてみること。普段、電車の中にいると感じないが、あの暗闇を見たらちょっと怖かった。吸い込まれそうなくらい真っ暗で怖い。

2002.05.03
人間の体

お酒を飲みに行くといつも思うのだが、なぜアルコール入りの飲み物だと、あんなに水分を取れるのだろうか?だって、ソフトドリンクでは絶対あんなに飲めないよ。人間の体って不思議である…。

2002.04.14
消費者金融のテレビCM

ここの所、一般的に消費者金融という呼ばれている企業のテレビCMが面白い。各社、顧客獲得のために非常に個性的、且つ、他業種の企業のCMと比較しても印象に残るようなものが目立つ。先に書いた映画CMとは対照的である。

2002.04.02
赤 青 緑 ←何の色だか分かりますか?合併・統合されて誕生した大手銀行のメインカラー(?)。個人的には青が好みかな。あの青は結構カッコいいと思う。でも、誕生早々に大きなミスをしてしまったね・・・。
2002.03.25
映画のテレビCM 最近の映画公開間近のテレビCMは、決まって「アカデミー賞〜部門ノミネート」。「アカデミー賞」って言葉一つで日本人の心に訴えることができると思っているとは、全く日本人もナメられたものである。もっと、見ているこっちがビックリするようなCMを期待したいね。
 2002.03.21
光るナンバープレート

バスの車窓からの風景。一昔前に流行った車の光るナンバープレート。一時はあれがカッコ良さの代名詞みたいな風潮があったのだが、結局"定番”とはなれずに"流行”で終わってしまった。"流行”はいつか必ず廃れるものだけど、今あの光るナンバープレートを見ると、なぜか"古さ”を感じてしまう。光らないナンバープレートが"新しい”って訳じゃないんだけどね。

2002.01.13
素人に頼るプロたち 最近のバラエティー番組と呼ばれる類のものは、どうも素人に頼ったものが多い。特に、素人の恋愛もの。まぁ、それが視聴者に一番受けるのだろうけど、タレントの力不足を隠すためのような気がしてならない。ウッチャンナンチャン、ロンドンブーツ。彼らが司会もしくはメインを務める番組は、素人に頼った構成が多すぎる。当の本人たちと言えば、VTRを見てぎゃーぎゃー言うだけ。笑わせるはずのタレントたちが笑っていてどうする!?面白いのはタレント本人ではなく、VTRに出ている素人たちである。仮に、それらの番組が高い視聴率なるものを取っているのならば、それは、そのタレントのお陰ではなくて、番組を企画したディレクターやプロデューサーのセンスが良かったからに他ならない(高視聴率=良い企画、と仮定すればの話だが)。独力で視聴者を笑わせてくれるお笑いタレントはもういないのかな?
2002.01.09
不審者上陸は誤報!? 江ノ島付近の海岸で不審者が上陸しているという通報があり、メディアでもかなり大きく伝えられた。しかしその後、通報者の悪戯だったという報道と共に、このニュースは収束していった。扇さんが、「損害賠償も!」と憤りの意を示したが、本当に悪戯だったのかな?日本はスパイ天国なんて言われているけど、真実は、不審者は既に日本国内に上陸し、その行方が掴めない。これは日本政府のメンツが丸潰れということで、悪戯による誤報という、政府による情報操作がされた可能性もあると思うんだけど。考え過ぎかな?
2001.12.22
携帯電話 最近、電車内で携帯電話を使用する人が減ってきたような気がする。その代わり、車内でも駅のホームでも携帯片手に俯きながらメールを打ったり、メモリー見たりしてる人をよく見かける。若い人に限らず、サラリーマンや結構年輩の人まで。友人や同僚が途中の駅で降りた途端、携帯電話を取り出す人。そんなに独りでいるのが寂しいか!?おそらく寂しいのだろうな。
2001.10.29
顔を隠し、声まで変えて… 何かしらの事件が起き、その容疑者が逮捕又は指名手配されると、その容疑者が住んでいた家の御近所やら知人やらが必ず、「そんな人には見えなかった。」などとテレビ画面の前でコメントする姿が放送される。しかも、顔を隠し、声まで変えて。ああいう人って、容疑者の何を知っていて適当なコメントをするのだろうか?コメントを求められている対象人物の極々表面的な面しか知らないにも拘わらず、それがすべてであるかのようなコメントを発するというのは私には理解できない。テレビ局から貰えるであろう小金が欲しいがためにそんなコメントをするのならば、顔を隠さずにやって欲しいよ。
2001.10.26
映画版ハリーポッター 書店に入るとまず目に飛び込んでくるハリーポーターシリーズ。これが映画化されるとのこと。私も第1巻を本で読んだが、たしかに面白かったし、話題になるのも分かるかなという気がした。しかし、映画は本ほどヒットしないだろう。人気本を映画化するのは常套手段かもしれないけど、話の性質からして、私は映画には興味がない。本を読んだことのある人なら分かるかもしれないが、あのような内容の本は、活字を読んだ人が、勝手気ままに個々の創造力を働かせて自分だけの「ハリーポッターの世界」を思い描くことにその面白さがあるのだ。言うなれば、同じ本を100人が読めば、100通りのハリーの姿があるのだ。それを、スクリーンの上で「ハリーポッターの世界」を完全なる視覚化してしまっては、あの種の物語の面白さは完全に失われてしまう。まぁ、『流行』が最重要視される日本人ならば、宣伝次第で飛びついてくるかもしれないけどね。
2001.10.25
ヤクルト ヤクルトスワローズが日本一に。これで、ヤクルトの優勝セールが始まるのかな?おそらく始まるのだろう。この優勝セールこそが、「企業スポーツ」の象徴。大阪にあるヤクルト営業所でも優勝セールやるのかな?そして、昨日まで近鉄の旗を振っていた大阪のおばちゃん達はそのヤクルトを買うのかな?買うんだろうな、多分。
2001.10.24
欧米人の名前の付け方 欧米の人の名前ってどうやって決まるのだろうか?日本人の場合、子供が生まれてその子に名前を付けようとするときに、名前に使われる漢字に意味をもたせて名前を付ける。例えば、海のように広く大きな心を持った人間になって欲しいと思って『海』って名前を付けてみたり。でも、漢字のように、その一文字だけでは意味を持たないアルファべット。「Jack」って名前にはどんな意味があるのだろうか?日本でも有名人の名前を取って子供の名前を付ける人がいるけど、欧米でもそういうところから名前を取ってくるのかな?誰か知っている人がいたら教えて下さい。
2001.10.23
イチロー マリナーズがWシリーズ進出を逃した。イチローにとっては、来年への大きな目標が残って良かったのではないだろうか。首位打者も盗塁王も凄いけど、イチローの最も凄いところは、「一朗」といういかにも平凡かつ将来は使われなくなるであろう名前を、「イチロー」「ICHIRO」に変えてしまったところだと思う。これで「一朗」の寿命は少なくとも10年は延びたな。
2001.10.22
報復報道 日本のマスコミは、アメリカのメディアの翻訳マシンと化してしまったのか…。「CNNによりますと…」「BBCが報道したところによると・・・」。このセリフを聞かない日はない。私たち視聴者が耳にする情報は、アメリカのメディアと日本のメディアという2つの媒体を通して語られるものである。伝言ゲームのように、ある媒体を通過する度に、少なからず情報というものは歪曲されてしまうというのが世の常であるから、私たちが耳にしる言葉、映像はかなりの部分で事実とは違ったものなのだろう。
2001.10.22
バーニー・ウィリアムズ 凄い!サヨナラHRを打ったソリアーノよりも、今日のバーニーの一発の方がマリナーズには痛かった。マリナーズは万事休すか!?
2001.10.12
小泉純一郎 on TBS 2 雇用問題に話題が及んだ際、ある討論参加者から、「名門と呼ばれていた企業からリストラされ、今は失業中。政府は何をしてくれるのか?」と言った言葉が聞かれた。政府に何かを期待する前に、自分で努力をして現状を打開しようという気概は、残念ながら私には感じられなかった。リストラをされなかった人間との差は何なのか。それを考え、企業が手放したくないと思うような実力を付けるしか方法はないと思うのだが。もう「名門云々」で飯が食える時代ではない。
2001.10.12
小泉純一郎 on TBS 私個人としては、彼には大いに期待している。質問の内容により、答弁が噛み合っていないものと、はっきりとした意志を感じ取れるものとに二分されたが、有言実行の精神を忘れずに頑張って欲しいと思っている。
2001.10.09
師匠 テレビ画面に現れるタレントと呼ばれている人達は、先輩のお笑い芸人に対して、誰でも彼でも「師匠」と呼ぶ。そして、「師匠」と呼ばれた本人も、違和感なくその言葉を受け止めている。おかしな人達だ。
2001.09.24
ハリーポッター 話題になるだけあって、本当に面白かった。世間の流行には流されたくないタイプなのでこれまで敬遠してきたけど、もうちょっと早く読めばよかったかなとちょっと後悔している。第3巻まで出ているので、あと2冊を早く買わないと。
2001.09.17
下の続き 「何をすべきか」よりも先に「憲法」という言葉が出てきてしまう日本。対岸の火事として見て見ぬ振りはもうできないのではないだろうか。明日は我が身。日本で同様の事件が起きた時、国会で憲法について論議している暇はない。
2001.09.17
憲法の範囲内で… テロに対する報復に関して、日本はどのような協力をするつもりなのかという問いに対して、小泉首相以下、日本の政治の中枢を治める多くの人物から左記のような言葉が聞かれる。憲法に定められた範囲内での行動というのは、口に出さなくとも当たり前のことだと思うのだが、敢えてこのような言葉が出てくるというのは、首相以下、日本国民全体が、現在の日本の憲法に対してコンプレックスを抱いている証拠である。
2001.09.15
下の続き そして、あのショッキングな映像は、大量消費されるハリウッド映画と同類の1コマとして、多くの日本人の記憶に収められてしまうのだろうか。NEWS23での筑紫哲也の言葉「世界の中には、歴史を忘れやすい民族と歴史を決して忘れない民族がいるのでしょう。」。忘れないようにしたい。
2001.09.15
(無題) アメリカの同時多発テロ関連のニュースを見ていると、テロに巻き込まれたのは、アメリカ人と日本人のみだったという錯覚に陥りそうになる。WTCだけでもおそらく世界中の企業が入っていたであろうに。おそらく、このままでは、日本人の行方不明者の安否が確認できた時点で、この事件に関する報道はピタリと止むことだろう。
2001.09.12
NHKと民放の違い 昨夜22時過ぎから0時過ぎの、事件発生から約2時間の日本のテレビ局の報道を見ていると、NHKは終始、客観的事実の報道に徹していた。それに対して、民放各局は早くも中東情勢に詳しいと言われている専門家をスタジオに招き、その歴史的背景、犯人グループの推測などを始めていた。どちらが良いとか悪いとかは言えないが、とくかく専門家の言うことといえども、鵜呑みにしないことが重要。
2001.09.12
(無題) 言葉を失うような事件が起きた。私自身も含めて平和ボケしていた日本人がすべきことは、メディアによる報道に惑わされることなく、各々が自分の頭を使って今回の出来事について考えることだと思う。
2001.09.11
下の続き 私達がテレビで見る台風被害報道とは、テレビ局によって“悲壮感”という飾りを装飾されたものだ。あたかもレポーター自身が被害にあったかのような作り顔をしている。もうちょっと客観的な報道を期待したい。
2001.09.11
台風報道 台風に関するテレビ報道の定番は、なぜ荒れ狂う海岸沿いと新宿駅南口なのだろう?新宿駅南口に関してはどうでもいいとして、「危ないですから、海岸には近づかないで下さい。」なんてアナウンサーに言われても、説得力ないよ。ああいうレポーターが波にさらわれてしまうなどの事故が起きるまであれは変わらないんだろうな。
2001.09.10
今日のTVタックル 大竹まことはいいこと言った!田嶋陽子に対して、「ダメだと言うなら、その代替案を持ってないと。」それに対して田嶋陽子は「うるさいよ、偉そうに!」だって。提案の伴わない批判なら誰にでもできるからね。"国会議員”田嶋陽子は何もできないよ。
2001.09.09
市長選挙 家の周りで選挙カーからの騒音が耳障りだ。どんな選挙でも、なぜ立候補者は選挙カーに乗ると自分の名前を連呼することしかしないのだろうか。私達が知りたいのは、あなたの名前ではなくて、あなたが何をしたいために立候補をしたのかという具体的な内容なのだが・・・。いつも不思議に思う。
2001.09.08
頑張れ、ローズ!頑張れ、近鉄! 今日の近鉄・ローズのHRはしびれた。今年のパ・リーグは近鉄に優勝してもらいたい。
2001.09.07
相変わらずだな、これは。 IT革命だのディジタル化だの言ってるけど、バスだけは昔のまま。降りたい人がボタンを押して、次のバス停で降りたいということを運転手に伝える。10年後もこのスタイルのままかな〜?
2001.09.06
ICHIROは縁起を担ぐのか!? ICHIROが昨日の試合の第1打席でバットを折ってしまった。そして、昨日はノーヒット、今日はヒット1本。それまで好調を維持していただけに、些細なことではあるが、ちょっと気になった。
2001.09.03
下の続き 彼が逮捕された次の日、たまたま渋谷警察署の前を通ったら、案の定、警察署の前にはカメラをぶら下げたカメラマン達が。この人達、一日中ただひらすら待つんだろうなと思うと、何が楽しくてそんな仕事をしてるんだろうと思った。
2001.09.03
ちょっと前の話になるけれど。。。 SMAPの稲垣吾郎が逮捕されたことを受けて、民放各局が一様に使っていた「稲垣吾郎メンバー」ってなんだ!?すごい違和感あったんだけど。明らかに日本語としておかしいよ。
Date
Title
Contents

Copyright © 2001-2003 RB. All rights reserved.