T  O P
ご 挨 拶 例 会 報 告 会員・会友一覧

埼鍍会会長 饗場 功治 挨拶
 

自彊不息の時候、心地光光明明なり

会員・会友の皆様をはじめ埼玉県鍍金工業組合に関わる全ての事業者様には日頃より埼鍍会活動にご支援・ご指導をいただき誠にありがとうございます。皆様のお支えを頂戴しながら私の任期も折り返すことができました。ご挨拶を前に感謝を申し上げますとともに深く御礼申し上げます。

 「埼鍍会」という名称は、これまでの活動により全国の鍍金業界の方々に知れ渡る存在となってきています。良い意味でも悪い意味でも有名になるということで常に注目されているということでしょう。我々「埼鍍会メンバーは各自それぞれの立場を理解して自分の行いを客観的に自己分析しなければならない」と会長職を通じて感じた1年となりました。工場見学の際、講師・先生との接し方、他県さんとの交流、先輩・後輩との懇親などと振り返ってみますと「埼鍍会の意義」が再確認できたように感じております。それは「社会人として、会社の代表者としての立ち振る舞いを青年部である埼鍍会で学ぶ」ということであり、埼鍍会での成功や失敗は各自の可能性を高めることができる場が埼鍍会なのです。

 今期のテーマは「自彊不息の時候、心地光光明明なり」と呪文のようですが、「自ら休まず励み一生懸命になっている人は、光り輝きに満ちてくる」と言志四録の一説を引用させていただきました

埼鍍会メンバーは、常に見られていますのでご注意を!


第24代 埼鍍会会長
饗場 功治


埼鍍会 歴代会長

    
初代 1970年 石井 美幸 ㈲石井鍍金工場
1971年
第2代 1972年 島村 周作 兼松精鍍工業㈲
1973年
第3代 1974年 出野 康夫 ㈱大宮鍍金工業
1975年
第4代 1976年 渡邊 一実 ㈲渡辺鍍金工業所
1977年
第5代 1978年 野口 征一 野口鍍金工業所
1979年
第6代 1980年 小林 満 ㈱小林鍍金工業
1981年
第7代 1982年 堀切 征喜 ㈱大宮鍍金工業
1983年
第8代 1984年 黒澤 久 ㈱黒澤加工
1985年
第9代 1986年 新藤 守英 新光メッキ工業㈱
1987年
第10代 1988年 島田 正美 ㈲西部化学金属工業所
1989年
第11代 1990年 小築 憲一 ㈲小築鍍金工業所
1991年
第12代 1992年 熊木 孝之 東洋硬化クローム㈱
1993年
第13代 1994年 島田 幸昌 ㈲島田工業所
1995年
第14代 1996年 井上 宣雄 新田興業㈱
1997年
第15代 1998年 下村 敏朗 ㈱ダイコウー
1999年
第16代 2000年 阪本 克己 ㈲阪本鍍金
2001年
第17代 2002年 小林 聡 ㈲小林鍍金工業
2003年
第18代 2004年 新谷 祐司 新硬クローム工業㈱
2005年
第19代 2006年 出野 哲也 ㈱大宮鍍金工業
2007年
第20代  2008年 島村 学 兼松精鍍工業㈲
2009年
第21代  2010年 田中 知雄 ㈱精硬クローム工業
2011年
第22代 2012年 渡邊 順一 ㈲渡辺鍍金工業所
 2013年 
第23代 2014年 甲斐野 嘉彦 ㈱甲斐野テックス
 2015年 
第24代 2016年 饗場 功治 ㈱潮工業
 2017年