T O P
ご 挨 拶 例 会 報 告 会員・会友一覧

11月視察研修例会「鹿児島」



11月視察研修例会は、119日、10日に九州の鹿児島に行ってきました。こんな機会でないと鹿児島に行くことが出来ないですが、参加費用も例年より高額になってしまうことから参加者が少ないのではと思いましたが、9名の参加をいただく事が出来ました。

初日は、鹿児島空港から鹿児島市内に移動し、昼食いただきました。それから路面電車で港に行き、フェリーに乗って桜島に行きました。フェリーは、薩摩半島と大隅半島を結ぶ市民の足になっていて、路面電車と同じくらいの本数が運行されていました。桜島は、観光タクシーで見学を行い、活火山と共生してきた歴史などをタクシーの運転手さんから説明を受けました。夕食では、薩摩の郷土料理と芋焼酎をいただき、鹿児島の味を満喫しました。

二日目の午前中は、指宿温泉に行き「砂蒸し」を体験しました。その後バスにて知覧に移動し、昼食までの間、武家屋敷を散策しました。昼食後は、「知覧特攻平和会館」を見学しました。太平洋戦争末期に、10代、20代の青年たちが特攻作戦でたくさんの命を落としました。その陸軍特攻隊の遺品や関係資料が展示してあります。家族に宛てた手紙などを読むと胸が締め付けられ、このような悲劇を二度と繰り返してはならないと、改めて思いました。

その後空港でお土産などを買い、鹿児島を満喫して帰れるはずでしたが、羽田空港の気象が荒れているということで、2時間以上空港で足止めになり、空港で一泊が頭にちらつきましたが、どうにかその日の内に帰宅でき、いろいろな意味で思い出に残った視察研修になりました。


■日   時 平成25年 11月 9日(土) 〜 10日(日)

■場所:
鹿児島市内・指宿温泉



BACK