T O P
ご 挨 拶 例 会 報 告 会員・会友一覧

第44回 埼鍍会 通常総会





       

201368日(土)さいたま市大宮区の「料亭旅館新道山家」にて、埼鍍会の第44回定期総会が開催されました。当日は梅雨と思えぬ炎天下の中、29名と大勢の会員にご出席いただきました。

 定期総会は、司会進行 鰹ャ林鍍金工業 小林(直)氏、議長 潮工業梶@饗場氏により、議事進行がなされました。椛蜍{鍍金工業 出野氏の「開会の辞」により、定期総会が開催され、まずは任期二年目となる渡辺会長よりこの一年の会員各位への感謝の意と二年目の総会を迎えるに当たってのご挨拶をいただきました。叶ホ田電解研磨工業所 石田氏より定足数が問題ないことが報告された後、椛蜻q 岡田氏より「平成24年度の事業報告」、続いて、轄b斐野テックス 甲斐野氏より「平成24年度収支決算報告」、会計監査報告は監査役を代表して、居ャ林鍍金工業 小林(聡)氏が行い、意見、異議もなく、本件は無事承認されました。

 次に本年度の計画案へと議事が移り、給g田商店 吉田氏より事業計画案が発表され、本年度から会員各位のスケジュールに組み込み易くするため例会予定日を決めておく旨など新たな試みが報告され、続いて叶^工社 眞子氏より本年度の予算案の上程があり、各議をすべて満場一致で可決されました後、ご来賓いただきました埼玉県鍍金工業組合 小林理事長よりご挨拶いただきました。

「埼玉県鍍金工業組合の執行部においても舵取りは私や副理事長がやらせていただいているが委員長・副委員長・理事となると現役の埼鍍会メンバーが大多数で、間違いなく当組合のエンジンは埼鍍会で回っていると言っても過言ではなく、全鍍連に於いても「埼鍍会」の名前をよく聞き、埼鍍会もいよいよ全国区になってきたなと感じます。一方組合の状況に目を向けると、残念ながら前期も組合員が二社減ってしまった。これ以上減ることのないように皆で盛り立てて行きたいと考えます。全く新しい時代に入ったようで予測が立たないのが正直なところ。年寄りというのは今まで失敗した経験があるのでなかなか勇気を持ち新しいことに踏み出せない。一方、若い方々の強みとして痛みや怖さを知らない分、思い切った行動が起こせる、それが若さの特権ではないだろうか?明治維新において若者が行動を起こし日本を変えたように今まさに、この業界もそういった局面に来ているのではと感じます。今後の皆さんのご活躍と埼玉県鍍金工業組合へのご支援を宜しくお願いいたします。」という御言葉をいただき、一同身の引き締まる思いでした。

 兼松鍍金工業求@島村氏による「閉会の辞」で定期総会は無事に終了し、同「料亭旅館新道山家」の宴会場にて、懇親会が開催されました。お忙しい中、ご来賓として、埼玉県鍍金工業組合から黒澤・吉田両副理事長、仁科顧問理事、会友の新藤様、阪本様にも御参加いただき、盛大な懇親会となりました。

 まず、渡辺会長からは本年度活動テーマ「磨こう、人間力!」についてご挨拶をいただき

「埼鍍会の目的は自分自身を磨くこと、要するに人間力を高めることだと思っています。人間は何事に於いても他人と関わらなければ生きていけません。他人に自分を認めてもらい、動いてもらうときに、理屈が通っているから人は動くものではなく、そこに「心」がないと動いていかないと考えます。仕事では勿論のこと、その他においても最後はその人の人間的な魅力が成否を左右するのではないでしょうか?魅力のある人には特別なことをせずとも自然と人が集まります。埼鍍会はもとより様々な方々と交流を図ることによって人と交わり、色々な考え方に触れ自分自身を磨き成長していく、ダイヤモンドはダイヤモンドでしか研磨できないように、人は人でしか磨かれません。皆さんがお互い影響し合い成長してゆく、周りに自然と人が集まってくるような、魅力溢れる人になるための一助に埼鍍会がなればという思いで今後も活動して参ります。」再びこの会の意義を確認することができました。

続いてご祝辞を頂いた黒澤理事長からは「これだけグローバルな時代なのだから、もっと海外視察の機会を増やすべきだ、我々の時代には埼鍍会を通して外の世界を学んだ。百聞は一見にしかずという言葉もあり、大いに見識を深めて貰いたい」との埼鍍会の大先輩としての貴重なご提案を頂戴しました。乾杯のご挨拶は埼玉県鍍金工業組合顧問理事となられた仁科様よりご発声いただき、和やかな歓談の時間を過ごしました。その中で、本年度新入会員として潟Aイコー 吉津拓人氏のご入会が決まり一言いただきました。今後とも埼鍍会メンバーとして会員との交流を深めていただければと思います。19時より開催された懇親会も瞬く間に終わりに近づき、締めくくりは新光メッキ工業梶@新藤様の語発声による開会の後、昨年に習い、参加者全員で集合写真を撮り懇親会は解散となりました。埼玉県鍍金工業組合青年部「埼鍍会」は任期二年目となる渡辺会長を中心に今後も人間力を磨き合い有意義な活動を展開していく所存ですので、何卒応援宜しくお願いいたします。



■日 時 平成25年 6月8日(土) 18:00〜
■場 所 新道山家



BACK