T O P
ご 挨 拶 例 会 報 告 会員・会友一覧

新春賀詞交歓会







埼鍍会の賀詞交歓会は2月の第1金曜日と例年決まっており、
1月からの新年会・賀詞交歓会ラッシュの最後にこの賀詞交歓会というスケジュールのために多くの情報を各自が持ち寄って開催されます。
年によって皆の表情が明るかったり・暗かったりと世相が反映されるため、とても興味深い集まりと感じています。
さて、今年は?と参加者の表情を見渡すと・・・正直どちらとも言えない落ち着いた表情をしていました。
経済や政治の動きなどが停滞し様子見という雰囲気がそのまま静観という表情に出ているのでは?という印象でした。
この日は、鍍金業界の全国組織である「全鍍連」が主催する全国の青年部代表者会議が同日開催ということで甲斐野会長と私の二人で東京〜大宮と忙しい日となりましたが、
賀詞交歓会冒頭での甲斐野会長のあいさつには、その全国で話題となった悩める問題や今後の課題などが埼鍍会会員に新鮮な情報として伝えられた。
続いてお忙しい中お越し下さった埼玉県鍍金工業組合の黒澤理事長からは厳しいながらも温かいご声援を会員一同に向けてご挨拶をいただきました。
黒澤理事長も埼鍍会OBであり会長経験者ですので、指導者としての側面だけでなく仲間としての距離感で接して下さるので我々にとってこの存在は幸せなことだと感じております。
会も半ばとなり、賀詞交換会恒例のビンゴ大会を!というところを今年は趣向を変えてチーム戦によるゲーム大会を開催いたしました。
初めての開催となるとハプニングはつきものですが、あまりの企画のダメさに参加者にご迷惑をかける場面もあり幹事として本当に申し訳なく反省しております。
しかしながら今回は5つのゲームで各勝利者に豪華景品が出る!と争奪意欲のもとに皆さんが楽しんで下さり70%くらいで成立したのでは!?
と胸をなでおろす気分でおりますが皆様の感想としてはいかがだったでしょうか?各ゲームで加算されたチーム戦も白熱し、 最終戦に勝利したチームが優勝して話題のアクロバット・エンターテイメント「トーテム」の鑑賞チケットが贈られました。
リハーサルなし、テストなし、私の頭の中だけの妄想をそのまま本番で行ってしまったゲーム大会でしたが、 そこは埼鍍会!なんとなくルールを理解して楽しんでしまう面々は素晴らしく頭の回転が良く、 仲間意識が強く、チャレンジ意欲に貪欲なメンバーが揃っていることが再発見できた会でもありました。
最後に会友として毎回ご参加下さる大先輩の仁科社長から、京都の会合での我々では知りえぬ貴重なお話などを締めのご挨拶でいただきながら今年も埼鍍会員にとって素晴らしき年となることを祈念しての閉会となりました。


■日時  平成28年 2月5日(金) 18:00〜
■場所 
 新道山家



BACK