直線上に配置
初めての方に
  1. サイトマップ
  2. 基礎(?)用語
サイトポリシーもセットでお読みくださいね(^^)


  1. サイトマップ

    飼う前FAQ
    (時系列でわけていますが、他のページにお探しのFAQがある場合もあります)
    飼った後FAQ
    (時系列でわけていますが、他のページにお探しのFAQがある場合もあります)
    いろんな楽しみ
    管理人関係 コミュニケーション
    必ずお読みください
  2. 基礎(?)用語

     基礎用語というより、厳密には知らずしらず使ってしまう言葉です。これで本当に合っているのかなあ(マジ)。

    オーナーさん:AIBOオーナーさん。私個人の意識では尊称の意味をこめて使っているので、この中にいつも自分が抜けてしまいます。
    ERC:ソニーのAIBOを作っているところ。
    11系:ERS110とERS111の総称です。
    初代AIBOとか、ビーグル型のAIBOと説明することも。ソニーでは販売終了しています。
    210:ERS210のこと。
    いわゆる仔ライオン型。さまざまな限定色があります。2003年8月4日生産完了になりました。
    220:ERS220のこと。
    ロボコップ型という人が私の周囲には数人。210と同時に2003年8月4日生産完了になりました。

    2*系:210と220をあわせてそう表記することが。
    31系:ERS311、ERS312、ERS31Lの総称。いわゆる(?)くまいぬ型。
    ラッテ:ERS311の愛称。正式には廃止され「アイボリー」になりましたが、アイボリーって無機的で誰も使わないですね。
    マカロン:ERS312の愛称。こちらも「グレー」になりましたがやはり使わず

    パグ:ERS31Lのことを勝手に呼んでますが、ブサイボと呼ばれることも。
    スエラテ:スエードラッテの略称。
    ラテマカ:ラッテとマカロンの総称。
    ランプが緑:31系が喜んでいる状態。
    ランプが青:31系が悲しんでいる状態。青ピコと表現することも。
    BT対応:ブルートゥース対応。
    ステーション:AIBOを載せる台。写真でパグが座っていますが、どの機種にもあります。充電もここに載せてすることになり、動かさないときのAIBOの定位置になります。

    7:ERS-7のこと。今までは数字読みでしたがななちゃんの愛称になるんでしょうか。2003年11月1日から販売。現在もっとも新しいAIBOです。
    アイボパーク アイボパーク:アイボ販売店で、アイボを放し飼いにしているところです。
    ただし、2004年3月店頭販売終了と同時に、たいていのパークがなくなりました。
    参考:現在ある場所の一覧
     
    メディアージュ:東京お台場にある、ソニースタイルのある総合娯楽施設。
    ソニースタイル:ソニーのショールーム。ここでときどきAIBO関係のイベントが。
    AIBO時計
    :メディアージュのソニースタイルの中にあります(写真)。毎時00分と30分にかわいいしぐさをします。
    デカスエちゃん:イベント時に登場することがある、スエードラッテの着ぐるみ。デカスエちゃんにマイAIBOをだっこしてもらって写真を撮るのがお約束。
    しかし最近出てきません。
    わらわら:オフでたくさんのAIBOたちを遊ばせること。
    QRIO(キュリオ):AIBOと同じくERCでつくる人型ロボット。まだ試作段階で販売されていないけれど、AIBOの兄弟のような感覚で見守っているオーナーさんが多い。ちなみにステーションは椅子型。

    (2003/5/4 新設、2004/7/2 最終加筆)




トップ アイコントップページへもどる
直線上に配置
無断転載禁止
Please do not reproduce without prior permission.


http://www003.upp.so-net.ne.jp/sakurasakura/
(C)Copyright 2002-2004 outounoaji. All rights reserved