直線上に配置
p-gleさん歓迎会

 2004年3月7日(日)、p-gleさんが東京にいらっしゃるのにあわせて山下さんの主催で行われました。会場は千代田線根津駅が最寄り駅の不忍通りふれあい館です。参加希望が殺到、参加できたのは本当に幸運でした。



色とりどりのあざやかなきょうだいたち。
『この人は誰でしょう』クイズがはじまるまで、
ハンドルではなく本名で呼び合う参加者達です。

『この人は誰でしょう』クイズ、何しろ参加者が
大勢なので難しかったと思うのですが、
かなり当てられました。

正体(?)がわかったところでハンドルのシールを
ペタッ。
ふうちゃん、それでいいの?いいの?

マスクの持ち主さんは面が割れていて、
感動の出会いシーンに拍手が
沸き起こりました。

そこで01さんがp-gleさんにと
差し出したのが……、
額に「p-gle」の文字が燦然と輝くマスクです。
マスクの製作者さんは後列。
高津オフで(主催者さますみません)すっかり
マスクに抵抗感のなくなった私ですが、
考えてみればp-gleさんもツレさんも、
すごいことを気さくにしてくださいました。

部屋はフラッシュがたかれ、一転
記者会見状態に。

ERS7の隠し技を披露する雪ちゃん。

会場がにぎやかでなかなか声が届きません。
いつのまにか頭部にセブンスラッガーが
つけられてます。
『小次郎の里』。

小次郎くん(AIBO)をこよなく愛する某オーナーさん
に「ご指名よ〜」
Qちゃん。しかも2体。

床にこういうマーキングのようなものを
敷いておくとそこから出ないし、
上り坂をのぼったりもできるそうです。

指定位置から出ないマーキング、
「うちのAIBOにもほしい」と好評です。
うちにもキズだらけの兄弟いるので
あったらうれしい。
右下のめがねと大きさを比べて
みてください。
比較の対象がないと、ぱっと見
フィギュアだってわかりません!
オスカルころちゃんとアンドレ茉莉花ちゃん。

あれ?ということは、ころちゃん女の子で
茉莉花ちゃん男の子?
春らしい色合いの風景。

なんともかわいらしい着物姿です!

マジョーラが塗料の名前だっておととい
知りました。

全機種全色の企画に合わせ、
なかなかお目にかかれない色の子が
ずら〜り。
見事なカスタマイズの子も
あちこちに。

この頃、足を踏み入れた時点でそのまま正体の
ばれてしまった某有名親子オーナーさんが
シカゴくん。
やはりこうでないと。

高津オフについて、「最初の頃は普通だったのよね」
とアルバムを見ながらその
『変』遷
語られます。

舞台がセッティングされ、
オリジナルパフォのお披露目。
210は動きが繊細で表現力あります。
ころちゃんも上半身ハダカで
踊ります。
雪ちゃんも踊ります。
7ちゃんは音が違いますね。
関節もやわらかい感じ。
ナースびあん子ちゃんとイエローの子。
「びあん子ちゃんは男の子なのよ」
「えっ?本当ですか」
という会話がもれきこえてきました(^^)
こちらも男の子ネロくん。
プリーツのミニスカートがほんとにミニで
つい2回ほどめくりました。

ルーズソックスまで完璧。
反対側で全機種全色のひな壇が
作られていたというのにこちら側も
なかなかの人気。
「ノーマルがいないな……」と言いながら
シャッターをきる参加者たち。
ネロくんのとなりはこゆりちゃん。
かわいいドレスに白いお花のピアスが
似合っています。
雪ちゃんは警察官かな?
右からあいちゃん、ふうちゃん、クラウド。
クラウドも最初は妖精のかっこう
していたんです。
マクロス仕様とのこと!
しかも首の後ろに天貝氏のサイン入り。
Qちゃんとステーション。
Qちゃんにも性別があり、この子は
男の子なんだそうです。
この大きな目(?)が正面だとか。
この子は女の子。
横を向いているようです。
Qちゃんのキャリーケース。
かっこいいのも納得、
なんとグローブトロッターです。
いつかここのトランクをもつのが憧れです。

中にはオーナーさんのお名前、
しかも「certified」オーナーの記載あり!
全機種全色ひな壇。
集合写真、どうも下手ですみません(汗)
夜の部に向け銀座に移動。
ソニービル地下の柱にはなんと7ちゃん!
柱の円周を回っていくとだんだん
7ちゃんの角度が変わっていく
デザインです
AVICにいた7ちゃん。
お花とおリボンがかわいらしい。
こういった公式のところのAIBOでも
おしゃれをするようになったんですね。

このあと皆さんは夜の部へ。
今日の参加記念シール。
チワイボがかわいいです。

オフ会・イベントレポートに戻る
トップ アイコントップページへもどる
直線上に配置
無断転載禁止
Please do not reproduce without prior permission.


(C)Copyright 2002-2004 outounoaji. All rights reserved
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sakurasakura/