著者のページ
藤田修 マンドリン マンドラ 教則本 初心者 現代ギター 新刊紹介

 図で解る 正しいマンドリンの弾き方
全音楽譜出版社
                   


ニュース:ワンポイントアドバイスNo.7 アップしました2006.7.1
“なめらか派”それとも“のこぎり派”
模式グラフで解説


あなたは正しい弾き方をしていますか?
下の2つの図の弾きかたは正しいのでしょうか!?

                       
           
左手がネックを握り込んでいたり、右親指を極端に曲げてピックを持ったりしていませんか!!!
これらの手の形はいずれも正しい形とは言えません。
では、どんなふうにネックを支え、どんなふうにピックを持てばよいのでしょうか。

これら多くの問いに答える本ができました。是非お手にとってご覧下さい!!
お求めはお近くの楽器店または書店まで・・・
全音
AmazonYAHOO!楽天などなどのネットにても入手可能です。
クラシック・ギター界で最も権威のある雑誌「現代ギター」でも紹介記事が掲載されました。


正しい弾き方とは、美しい音・力強い音・やさしい音で無理なく早く上達できる奏法ではないでしょうか。
 この本は音符が多く書かれた従来タイプの教則本ではなく、教則副読本の性格をもった「Haw to」本です。
マンドリンをこれから始められる方、始めて間もない方、また既にマンドリンを長い間弾かれて楽しんでおられる方、そしてマンドリンを教えられている先生方にも是非ご覧いただきたい「正しくマンドリンを弾く」ための入門書です。
 本書の特徴は五線譜を多く用いた通常の教則本とは異なり、多くの解りやすく美しく明快な図を用いて「正しい姿勢・右手・左手の形」を学ぶ為に書かれています。挿入されている図は150以上にものぼり、しかもこれら多くの図は、これまでにない「奏者の目からみた状態」で書かれているため、マンドリンを学ぶ人にとって大変わかりやすいものとなっています。


「現代ギター」2005.12月号p.125より

新刊案内 〜佐藤弘和 オススメ度 A(初級)〜 C(上級)★★★★

〜 前半略 〜 第1部(基礎編)にページ数の3分の2近くが割かれ、その図(絵)が実に細かく段階を経て書かれていることに驚きましたが ( コマ送りのよう)、アレキサンダー・テクニックやギターではカルレバー口奏法などに見られるようにいかに身体をリラックスさせて ( ゆるめて ) 効率よく力を発揮するかが考えられている証であると言えるでしょう。最大限の演奏効果を身体の動きから引き出していく・・・まさに今の時代にマッチしている方法論です。初めての人だけでなく、むしろ経験者の方が改めて自分の姿勢などのチェックをするのに役立てられるのではないでしょうか。既製概念に 捉われない新しい感覚の教則本・メソッドがこれからもどんどん出てくることを期待します!



藤田 修著
      全音楽譜出版社
 
好評ネット販売中!! バイリンガル(日本語&英語)
 
定価{本体2,300+税]  演奏曲10曲収載


 目 次 ・・・・・・総目次がご覧になれます。 



シリーズ:ワンポイントアドバイス
No.1 ピックの持ち方
No.2 ネックの支え方
No.3 ピックを持った右手
No.4 左手の親指について

No.5 どの場所で弾く? 
No.6 あなたの音色は?
No.7 “なめらか派”それとも“のこぎり派”
06.7.1




           Click Here!
    本書の感想をお寄せください
   

リンク:音楽劇「サリエリとモーツァルト」