山喜房佛書林出版案内詳細情報
→TOPへ戻る




→山喜房佛書林出版案内へ戻る


浄土宗大辞典 第1巻

塚本善隆編


斬新な企画、多角的視点で、浄土教のすべてを収録し、豊富な文献や写真で立体的に使用できる画期的な辞典。

本体 18,000円
判型 B5
ページ 500
ISBN:4-7963-0901-2 C3515































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


浄土宗大辞典 第2巻

塚本善隆編


斬新な企画、多角的視点で、浄土教のすべてを収録し、豊富な文献や写真で立体的に使用できる画期的な辞典。

本体 20,000円
判型 B5
ページ 580
ISBN:4-7963-0902-0 C3515































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


浄土宗大辞典 第3巻

塚本善隆編


斬新な企画、多角的視点で、浄土教のすべてを収録し、豊富な文献や写真で立体的に使用できる画期的な辞典。

本体 18,000円
判型 B5
ページ 580
ISBN:4-7963-0903-9 C3515































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


浄土宗大辞典 第4巻 索引・年表

塚本善隆編


斬新な企画、多角的視点で、浄土教のすべてを収録し、豊富な文献や写真で立体的に使用できる画期的な辞典。

本体 12,000円
判型 B5
ページ 320
ISBN:4-7963-0904-7 C3515































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


パ−リ語佛教辞典

雲井昭善著


語彙17000余に合成語を加え、重要な原始仏教用語や固有名詞にパーリ文、漢訳語例、和訳を以て肉づけた。

本体 25,000円
判型 B5
ページ 1200
ISBN:4-7963-0891-1 C3515































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


漢梵蔵 対照 瑜伽師地論総索引

横山・廣澤共著


精密な索引は瑜伽論研究を飛躍的に発展させるものである。学界に対する貢献が大いに期待される。

本体 20,000円
判型 B5
ページ 1200
ISBN:4-7963-0028-7 C3015































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


瑜伽師地論 梵蔵漢 蔵梵漢対照 佛教語辞典

横山紘一 廣澤隆之共著


仏教教理を示す語彙を梵蔵漢・蔵梵漢と1冊で引き出せるよう対処した。今後の学界に対する貢献に期待。

本体 18,000円
判型 B5
ページ 1000
ISBN:4-7963-0892-X C3515































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


般若波羅蜜多思想論集 全2巻

真野龍海頌寿記念編


真野教授の般若波羅蜜多の研究を別冊として加えた他に、30余名の碩学の執筆者が記念とした論文集。

本体 41,748円
判型 B5
ページ 1000
ISBN:4-7963-0071-6 C3015































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


現観体験の研究

谷口富士夫著


インド、チベットでは、般若経を、ブッダの悟りにいたる道筋を説いた経典とみなすことがある。それが「現観荘厳論」。現観とは、悟り体験をあらわすのに仏教で広く用いられた語で、阿含経、アビダルマ、唯識、密教でも説かれる。本書は「現観荘厳論」に説かれる現観の構造を考察し、その歴史的位置付けを解く。

本体 16,000円
判型 B5
ページ 360
ISBN:4-7963-0128-3































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


釈尊をいかに観るか
(前田惠學集 第1巻)

前田恵學著


仏教の開祖釈尊を正しく理解せずして仏教を学んでも意味がない。 本書は仏教を知りたいと志した人が、まず読むべき必読の書である。すでに仏教を研究しているならば、本書によって自己の見方を点検し、確認すべきであろう。

本体 8,500円
判型 A5
ページ 480
ISBN:4-7963-0138-0































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


原始仏教聖典の成立史研究
−日本学士院恩賜賞受賞−

前田恵學著


本書が世に出た時、今後は本書を通らずして原始仏教を語ることはできない、と言われた。年月を経た今も、この評価はいささかもゆるがない。本書は原始仏教研究の原点であり、出発点である。本書を読む人は、このことばに納得できるはずである。

本体 15,000円
判型 A5
ページ 880
ISBN:4-7963-0063-5































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


インド後期唯識思想の研究

海野孝憲著


十一世紀前半の、インド仏教最後のラトナーカラシヤ−ンテイは、「顕現」と「表象」という二つの概念を用いて、独自の唯識思想を発展させた。二つの概念を駆使して、「有形象(有相)論者」、「無形象(無相)論者」の判定の方法を確定した。本書は彼の「般若波羅蜜多論」を中心に、数種のチベット語訳の唯識部の著書を和訳研究した著者のライフワーク。

本体 16,000円
判型 A5
ページ 376
ISBN:4-7963-0127-5































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


要訣 チベット語文語文典

山口瑞鳳著


本書では主格の同格補語による記述から始まり他動詞の能動詞の能動態的表現形態に至るまでに一連の発展的性格が相襲されているのではないかと理解されている。(著者序文より)

本体 10,000円新刊
判型 B5
ページ 384
ISBN:4-7963-5































→山喜房佛書林出版案内へ戻る


大智度論の研究

武田浩学著


龍樹を八宗の祖と呼称せしめた「大智度論」には「仏教百科事典」という以外に、いかなる思想的特徴があるのか、また、その著者は、ラモットがいうように本当に龍樹ではないのか。本書は思想的根拠によってラモットに反論し、龍樹著、羅什加筆説を提示した。

本体 10,000円新刊
判型 A5
ページ 410
ISBN:4-7963-0169-0