他書店出版物書誌情報
→TOPへ戻る




→他書店出版案内へ戻る

狐野利久著
ユダヤ・キリスト・イスラーム・親鸞

B6 241頁 本体2,000円 法蔵館 2003.4 ISBN:4-8318-2054-7

啓示宗教と浄土真宗をグローバルな視点から比較考察し、世界宗教としての親鸞の教えをより広く、より深く解明した注目の書。































→他書店出版案内へ戻る

福原堂礎著
墓のはなし

B6 88頁 本体952円 法蔵館 2003.4 ISBN:4-8318-6417-X

お墓を建てたいけれど、どうすればいいのかわからないという人のために、霊のたたりや占いに惑わされることのない正しいお墓の建て方をやさしく解説する入門書の決定版。著者は、昭和22年京都市生まれ。青春時代を闘病生活で過ごし、生と死の間の彷徨を重ね、生かされた命の自覚と先人の供養を願い仏道に身を投じる。仏教から見たお墓の在り方を研究しつつ、講演会や相談会を全国で広く行い、正しき建墓の啓蒙運動を展開している。現在、仏教墓塔研究会会長。 著書に『お墓の基礎知識』『真宗門徒の墓つくり』(朱鷺書房)など。































→他書店出版案内へ戻る

志水宏行著
近江の無墓制と「ぼんなり」考

A5 240頁 本体3,200円 法蔵館 2003.3 ISBN:4-8318-7535-X

近江(滋賀県)の村落調査と宗教意識調査をライフワークとした社会学者が、真宗地帯に多い墓のない村々と余生を仏道一筋に生きる。「ぼんなり」の儀式の宗教意識を究明する。































→他書店出版案内へ戻る

寺内町研究会編
本願寺と山科二千年

A5 246頁 本体2,800円 法蔵館 2003.4 ISBN:4-8318-7536-8

戦国時代屈指の都市、山科本願寺・寺内町。先史から現代までの山科を、考古学・歴史学・地理学的視点から探る。『戦国の寺・城・まち』に引き続くシリーズ第二弾、待望の刊行。































→他書店出版案内へ戻る

殉教記念会編
史料大浜騒動

A4 316頁 本体18,000円 法蔵館 2003.2 ISBN:4-8318-7847-2

 































→他書店出版案内へ戻る

梅原猛著
法然と障壁画
京都発見 五

A5 189頁 本体2,300円 新潮社 2002.3 ISBN:4-10-303017-8

 































→他書店出版案内へ戻る

青山社編集部編
日蓮聖人譬喩要文集

B6 375頁 本体4,600円 青山社 2002.4 ISBN:4-88414-036-2

 































→他書店出版案内へ戻る

藤本浄彦著
法然浄土教の宗教思想

A5 722頁 本体12,000円 平楽寺書店 2003.3 ISBN:4-8313-1073-5

 































→他書店出版案内へ戻る

冠賢一著
近世法華経談義聞書

A5 470頁 8,000円 平楽寺書店 2003.4 ISBN:4-8313-1071-9

 































→他書店出版案内へ戻る

鎌田茂雄著
平常心是道

B6 255頁 本体1,500円 佼成出版 2003.3 ISBN:4-333-01995-8

 































→他書店出版案内へ戻る

菅原篤著
ブッダの歩いたインド
-イラストで読む仏跡巡礼-

B6 240頁 本体1,500円 佼成出版 2003.2 ISBN:4-333-01997-4

 































→他書店出版案内へ戻る

ひろさちや著
ひろさちやの「親鸞」を読む

B6 215頁 本体1,400円 佼成出版 2003.4 ISBN:4-333-02006-9

 































→他書店出版案内へ戻る

宮本久義著
ヒンドウ−聖地 思索の旅

B6 240頁 本体2,400円 山川出版 2003.4 ISBN:4-634-64860-1

 































→他書店出版案内へ戻る

中村雅彦著
呪いの研究
-拡張する意識と霊性-

B6 216頁 本体2,400円 トランスビュー 2003.4 ISBN:4-901510-15-0

 































→他書店出版案内へ戻る

ダライラマ・今枝訳
幸福と平和への助言

B6 205頁 本体2,000円 トランスビュー 2003.3 ISBN:4-901510-12-6

「私たちの本当の敵は、無知、憎しみ、欲望、嫉妬、傲慢という心の毒です・・・」 溢れるユーモアときに平手打ちのような、厳しくも暖かい親身な言葉。年齢、職業、境遇、性質など50のケースに応じた、深い智慧の処方箋。































→他書店出版案内へ戻る

上住節子著
宿曜と法華経
-宿曜占法開運法-

B6 430頁 本体4,200円 大蔵出版 2003.5 ISBN:4-8043-3055-0

 































→他書店出版案内へ戻る

山本健治著
現代語・地獄めぐり

B6 270頁 本体1,800円 三五館 2003.5 ISBN:4-88320-267-4

 































→他書店出版案内へ戻る

はな著
ちいさいぶつぞうおおきいぶつぞう

B6 160頁 本体1,200円 東京書籍 2003.5 ISBN:4-487-79820-5

 































→他書店出版案内へ戻る

保坂達雄著
神と巫女の古代伝承論

A5 610頁 本体14,800円 岩田書院 2003.3 ISBN:4-87294-278-7

本書を「神と巫女の古代伝承論」と題したが、意図したところは、文学として自覚される以前の言語世界と神を軸とした古代日本人の世界観の解明である。……発生段階の文学とそれを支える世界観の中心に存在するのは神であり、その神を迎える巫女であった。この神と巫女が登場する場こそ祭祀の空間であり、この日常とは異なった特殊な聖空間で演じられた芸能と言語こそ、日本の文学と芸能の胎生と生成の場となったのである。































→他書店出版案内へ戻る

高野修著
時宗教団史

A5 225頁 本体1,900円 岩田書院 2003.3 ISBN:4-87294-277-9

一遍聖や一遍聖絵に関する研究書は多数刊行されているが、時宗教団の歴史に関する本は、ほとんど無かった。本書は、一遍上人から、現在の遊行73代一雲までを、各時代ごとに概説し、併せて文化財を紹介する。口絵には、南要本「一遍上人絵詞伝」をカラーで収録。
































ルイス・デ・メデイナ著
イエズス会士とキリシタン布教

A5 330頁 本体8,900円 岩田書院 2003.3 ISBN:4-87294-276-0

メディナ師は、日本での26年余の宣教活動中に、山口にサビエル資料館を創立し、1981年にはローマのイエズス会歴史研究所に赴任し、研究生活を続けていたが、2000年4月に帰天された。師は、司祭・歴史研究者として、自分の与えられた能力や語学力、それに好奇心を駆使して、ローマにある史料を日夜探索し、貴重な文書を発見し、キリスト教史学の専門家たちに新たな問いを提示した。しかも日本に限らず韓国や他の国の多くの信徒たちにも波紋をなげかけた。
































玉村竹二著
五山禅僧伝記集成 新装版

A5 805頁 本体9,500円 思文閣出版 2003.3 ISBN:4-7842-1139-X

 
































実行委員会編
チベットと日本の百年

A5 240頁 本体2,000円 新宿書房 2003.3 ISBN:4-88008-282-1

 
































池田晶子著
14歳からの哲学
-考えるための教科書-

A5 210頁 本体1,200円 トランスビュー 2003.3 ISBN:4-901510-14-2

人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある!今の学校教育に欠けている、14、5歳からの「考える」ための教科書。「言葉」「自分とは何か」「死」「心」「体」「他人」「家族」「社会」「規則」「理想と現実」「友情と愛情」「恋愛と性」「仕事と生活」「メディアと書物」「人生」など30のテーマを取り上げる。
































篠山紀信著
長谷寺 篠山紀信

A4 本体6,000円 新潮社 2003.3 ISBN:4-10-326215-X

 
































水野敬三郎編
日本彫刻史基礎史料集成
(鎌倉時代造像銘記篇 第1巻)

A4 本体33,000円 中央公論美術出版 2003.4 ISBN:4-8055-1021-8

彫刻史研究に新たな展望を開いた『日本彫刻史基礎資料集成平安時代篇』に続き、待望の「鎌倉時代造像銘記篇」ついに刊行開始。鎌倉仏500体の充分な基礎データと多様な写真を可能な限り掲載する。
































小川一乗他編
清沢満之全集 第6巻
精神主義

A5 415頁 本体4,800円 岩波書店 2003.4 ISBN:4-00-092556-3

明治期の日本、近代化の潮流のただなかにあって、仏教の危機的状況に敢然と立ち向った思想家、清沢満之。厳格な哲学的思考と類まれな求道的実践とによって、仏教の縁起論を有限・無限の関係として構想し、親鸞の他力門の信念を基礎づけた哲学者であり、明治精神界に大きな影響を与えた。没後100年、全著作を新たに編集。
































松尾剛次編
戒律文化 2号

B5 135頁 本体2,500円 戒律文化研究会 2003.3 ISSN1347-555X

 
































鈴木英正著
傍訳日蓮宗修法古典資料大系 第5巻
(法華験家訓蒙 上巻)

A5 420頁 本体16,000円 四季社 2003.4 ISBN:4-88405-196-3

伝統に則った祈祷修法の実践書。相伝によって伝えられた内容を再度自己認識し、祈祷修法の精神を新しい世代に引き継ぐために。
































藤岡良著
精進料理紀行
-全国「味とこころ」の寺巡り-

A5 222頁 本体1,600円 彩流社 2003.5 ISBN:4-88202-626-0

本物の素材、惜しみない手間暇、一切を無駄にしない創意工夫に満ちた料理。***写真多数、レシピ付。***
































岡本さえ編著
アジアの比較文化 名著解題

B6 330頁 本体2,000円 科学書院 2003.3 ISBN:4-7603-0297-2

 
































伊藤康善著
求道物語 仏敵

B6 220頁 本体1,500円 春秋社 2003.4 ISBN:4-393-16901-8

大正期、真宗寺院に生まれながら己れの内部に宗教への疑いを抱いていた青年僧が、赤裸々にその悩みを明かす求道体験の告白形式で綴られた本書は、当時自費出版されたにもかかわらず万に近い人々に支持され愛読されてきた。教義的な解釈に拘泥せず、読者それぞれに自己の在りようを問いかけ、実践を通しての宗教経験が稀れになった現代においてこそ必要とされる、時代を超えて響く真実の物語。
































宮坂宥洪訳
ダライ・ラマ ゾクチエン入門

B6 340頁 本体2,800円 春秋社 2003.5 ISBN:4-393-13340-4

チベット密教の奥義とされる「ゾクチェン(大いなる完成)」とは、私たちの心の奧に潜む「光り輝く清浄な心(=悟りそのもの)」に、瞑想を通して一気に到達しようという、極めて高度な教え。本書は、日本でも人気の高い「ゾクチェン」思想のエッセンスを、ダライ・ラマが一般読者向けにやさしく解説した決定版である。
































児玉修著
仏教崩壊

B6 281頁 本体1,500円 文芸書房 2003.3 ISBN:4-89477-122-5

 
































田辺元著
仏教と西欧哲学

B6 310頁 本体3,500円 こぶし書房 2003.3 ISBN:4-87559-174-8

 
































中込時子著
妙好人 母の介護

B6 106頁 本体1,000円 東京図書出版会 2003.5 ISBN:4-434-02846-4

 
































大倉隆浄著
弘法大師の法華経総集編

B6 110頁 本体1,200円 ストーク 2003.4 ISBN:4-434-03006-X

 
































秋月龍a著
一日一禅
(講談社学術文庫)

文庫 390頁 本体1,150円 講談社 2003.5 ISBN:4-06-159598-9

一日一句、僧堂を訪わずして参禅できるよう配された、含蓄豊かな紙上公案・解説集。
































井口海仙著
茶道名言集
(講談社学術文庫)

文庫 225頁 本体800円 講談社 2003.5 ISBN:4-06-159599-7

わび・さび、数寄、一期一会。「茶の精神」は現代に生きる我々の日常生活にも息づいている。平易な言葉でつづる茶道入門。
































関山和夫他著
絵解き−その意義と魅力−
(国文学特集号)

A5 240頁 本体1,280円 至文堂 2003.6

絵解きの今日的課題・の源流と展開・の世界、法華経変相図、弘法大師絵伝の絵解き、他(目次より)
































清水海隆著
考察 仏教福祉

A5 165頁 本体1,600円 大東出版 2003.3 ISBN:4-500-00687-7

古代より現代に至る日本の仏教福祉の歴史を概観し、仏教福祉活動を行なわしめた思想について考察する。併せて、仏教福祉周辺の諸問題についても論究する。
































頼富本宏著
密教とマンダラ

文庫 255頁 本体870円 日本放送出版協会 2003.4 ISBN:4-14-084161-3

思想的・実践的・そして芸術的な視点から、密教ヘのアプローチをはかり、心の自由が希薄な現代に、将来的な方向性を示していく。
































樋口隆康著
アフガニスタン
-遺跡と秘宝-

B6 215頁 本体5,000円 日本放送出版協会 2003.4 ISBN:4-14-009319-6

 
































渡邊寶陽・庵谷行亨著
日蓮宗
CDブック

B6 270頁 本体1,800円 大法輪閣 2003.4 ISBN:4-8046-6014-3

 
































西郊良光・神谷亮秀著
天台宗
CDブック

B6 295頁 本体1,800円 大法輪閣 2003.5 ISBN:4-8046-6017-8

 
































大法輪編集部編
法華経入門
-永遠のいのちを生きる-

B6 295頁 本体2,000円 大法輪閣 2003.5 ISBN:4-8046-1195-9

永遠の釈尊による、すべての人の救いを説く法華経。本書は我が国で最も親しまれてきたこの経典について、その内容・教えをはじめ、インド・中国・日本の仏教でどのように理解されてきたのかを幅広く展望する。これ一冊でわかる「法華経のすべて」。
































碑文谷創著
死に方を忘れた日本人

B6 366頁 本体2,800円 大東出版 2003.5 ISBN:4-500-00688-5

長年、死の現場を見つめてきた著者が、変わりゆく死・葬儀・墓・日本人の意識に宗教的、民俗学的、科学的考察を加える。近現代の死の現場を網羅的に理解することのできる一冊。
































藤川清弘著
タイでオモロイ坊主になってもうた

B6 240頁 本体1,800円 現代書館 2003.5 ISBN:4-7684-6853-5

バブル期・不動産・大儲け。快楽虚し、比丘(修行僧)十数年。こんな人だからこそ語れる人生がある。**現代人の人生開眼術**
































吉水成正編
浄土宗名越派史料集

A5 330頁 本体9,000円 青史出版 2003.5 ISBN:4-921145-18-0

 
































福永光司訳
三教指歸・文鏡秘府論 序
(中公クラシックス)

新書 390頁 本体1,500円 中央公論新社 2003.5 ISBN:4-12-160052-5

儒教・道教・仏教、三教の優劣を戲曲構成で論じた若き空海の出家宣言。***解説・松長有慶***
































今村仁司著
清沢満之の思想

B6 242頁 本体2,200円 人文書院 2003.5 ISBN:4-409-41074-1

「精神主義」「目覚めの倫理学」など重要な概念を検討し、現代世界におけるアクチュアルな意味を追及する。「忘れられた思想家」清沢満之の最発見の書。
































秋月龍a著
釈迦と維摩
-小説維摩経-

B6 390頁 本体1,600円 作品社 2003.5 ISBN:4-87893-553-7

娼婦・商人を菩薩と呼び、語り得ぬ「空」を語り尽くす、大乗仏教の奥義を解りやすく小説化。
































田中良昭著
宝林伝訳注

A5 470頁 本体22,000円 内山書店 2003.3 ISBN:4-900196-21-5

 
































小谷利明著
畿内戦国期守護と地域社会

A5 385頁 本体8,800円 清文堂 2003.4 ISBN:4-7924-0534-3

畠山氏とその支配地域を検討することで、新たな畿内政治史像を描くことに成功した。これによって、細川氏中心の戦国期畿内の政治史は終わりを告げることになるだろう。さらに、従来、別々の研究として扱われてきた本願寺・一向一揆・寺内町研究と守護権力研究を共通の土台の上で議論することに成功した。本書は、戦国期の政治権力、本願寺・一向一揆権力・寺内町・真宗教団に関心を持つ人々、研究者にとって必読の書物である。
































北原保雄監修
日本語使い方考え方辞典

B6 545頁 本体3,000円 岩波書店 2003.5 ISBN:4-00-080206-2

日本語に関して日ごろ抱く疑問の中から,漢字や仮名の表記,記号の使い方,語形や字形の微妙な違いなどの迷いやすい点を整理した実用辞典.公的な基準と慣習の差,言語の歴史的な変化や背景なども取り上げて,「正しい日本語」とは何かを解き明かします.豊富な例を挙げた説明で,言葉のとらえ方が誰にでもわかります.
































中村文峰著
忘れられた「恩」のはなし

A5 90頁 本体952円 春秋社 2003.5 ISBN:4-393-14408-2

古来より日本人が大切にし続けた「恩」。経典『父母恩重経』に説かれる「十の恩」を手がかりに、禅の立場から、滋味深く、心豊かに語る。あの「ちびまる子ちゃん」が、カラー挿画で登場! 挿し絵=さくらももこ
































大谷光真著
朝には紅顔ありて

B6 190頁 本体1,200円 角川書店 2003.4 ISBN:4-04-883825-3

心の乾いた時代にどう生きるか。深く、説かれた宝石のような書である。私も常に座右に置きたい一冊だ。(五木寛之)
































吉津宜英著
華厳一乗思想の研究(二版)

A5 736頁 本体25,000円 大東出版 2003.5 ISBN:4-500-00579-X

華厳学研究史上、初めて法蔵教学に正面から取り組んだ法蔵専門の研究書。法蔵教学の特質とは何か、ということを明らかにし、当時の学会に衝撃を与えた名著、待望の復刊。
































L.ハーゲマン著
キリスト教とイスラーム
-対話への歩み-

B6 255頁 本体3,000円 知泉書館 2003.6 ISBN:4-901654-16-0

西洋人のイスラーム像はいかに形成されたか?親近性と攻撃・猜疑の歴史を解明。***八巻和彦・矢内義顕 訳***
































稲垣久雄著
日英仏教語辞典 第五版

B6 535頁 本体7,500円 永田文昌堂 2003.3 ISBN:4-8162-0201-3

 
































河波昌著
形相と空

A5 409頁 本体5,600円 春風社 2003.4 ISBN:4-921146-70-5

インド仏教と西洋近世哲学の両域を研究してきた著者が、東西における万有在神論について、形相主義と空の成立など、「形相と空」をテーマに、多種多様な内容を論じる。既出論文、講演・シンポジウムの内容などを集約。
































真鍋俊照著
密教マンダラと現代芸術

B6 282頁 本体2,700円 法蔵館 2003.5 ISBN:4-8318-6357-2

絢爛たる曼荼羅の旅への魅惑的な誘い。現実から非現実の世界への、聖なるエロスの旅路に約束されたきらびやかな夢の恍惚・・・。**瀬戸内寂聴氏すいせん**
































久馬栄道著
けさと坐禅

B6 209頁 本体2,300円 法蔵館 2003.5 ISBN:4-8318-6416-1

「袈裟」と坐禅に仏法の根本がある。仏教は難解な教えではありません。釈尊が自ら制定した「けさ」とその教えの実践である坐禅を通して、いちばん大切な仏教の心をわかりやすく解説した入門書。
































三田誠広著
わたしの十牛図

B6 302頁 本体1,700円 佼成出版 2003.5 ISBN:4-333-02008-5

「わたし」の正体とは何か?今、真の自己に出会う旅が始まる。禅画「十牛図」に見る悟りの境地・・・。
































中野美代子著
西遊記の秘密

文庫 368頁 本体1,100円 佼成出版 2003.4 ISBN:4-00-602070-8

「西遊記」の中にちりばめられたタオと煉丹術のシンボリズムを解読し、隠された世界解釈の謎に迫る、全く新しい「西遊記」論。
































原書房編集部編
祝詞 陀羅尼集
-神を祀る仏を拝む-

折本 77頁 本体1,400円 原書房 2003.6 ISBN:4-562-03645-1

神を祀る・仏を拝む。霊妙なる言の葉を集めた経本型の聖典集。読みやすい総ルビ付。
































末木文美士著
中世の神と仏
(日本史リブレット32)

A5 100頁 本体800円 山川出版 2003.5 ISBN:4-634-54320-6

仏教からも神道からも不純な物として否定されてきた神仏習合。神仏習合を鍵に忘れられていた日本の宗教の現像を解き明かす。
































関幸彦著
「鎌倉」とはなにか
 -中世、そして武家を問う-

B6 188頁 本体2,000円 山川出版 2003.5 ISBN:4-634-5-340-8

武家の都「鎌倉」の歴史的古層を掘り起こし、時代をさかのぼりながら、史蹟からのメッセージを読み解く。
































坂詰秀一編
仏教考古学事典

A5 470頁 本体6,800円 雄山閣 2003.5 ISBN:4-639-01797-9

「仏教」、「釈迦の遺跡」をはじめ、寺院・仏像・仏典・仏具・墳墓などに関する項目および日本を中心とする遺跡を解説。**初の本格的な「仏教考古学」の事典**
































山本喜義著
カウンセリングと禅

A5 205頁 本体1,800円 ゆるみ出版 2003.4

大学時代から30年余にわたるカウンセリングと、30代後半から始めた禅とのかかわりをまとめた。
































日置英剛著
僧兵の歴史

B6 346頁 本体2,800円 戎光祥出版 2003.4 ISBN:4-900901-28-8

中世の日本。神仏を盾に武力で歴史を動かした宗教者集団がいた。人類の歴史上、いつの時代、どの国家でも宗教と戦争は紙一重の存在であった。日本でも、各時代に宗教を利用した戦争を繰り広げてきた宗教者たち。彼らの拠り所であった思想、組織など、その意義をもう一度時代に問い直した一冊。
































和田重厚編
蓮如伝説を歩く

B6 135頁 本体800円 戎光祥出版 2003.4 ISBN:4-900901-33-4

越前・加賀の吉崎から山代・山中温泉、世界文化遺産の越中五箇山まで、本願寺八世・蓮如の足跡を、地図と写真で訪ねるガイドブック。「嫁おどし肉附の面」「蓮如ガニ」「片葉の葦」といった蓮如にまつわる民話から、各地に残された史跡まで、47の説話を地域ごとに7章で構成する。史跡には、各々の所在地、連絡先、交通案内も収録した。
































亀山純生著
中世民衆思想と法然浄土教

A5 400頁 本体9,000円 大月書店 2003.2 ISBN:4-900901-33-4

「歴史に埋め込まれた親鸞」像への視座。新しい唯物論から従来の親鸞像の盲点を解明。
































栄原永遠男著
奈良時代写経史研究

A5 531頁 本体11,000円 塙書房 2003.5 ISBN:4-8273-1178-1

 
































山崎龍明著
よくわかる親鸞
-乱世を生きぬく歎異抄の智慧-

文庫 126頁 本体950円 チクマ秀版社 2003.6 ISBN:4-8050-0415-0

ごまかすことなく自己を観、問う。人生はそこから開かれる。
































梅原猛著
聖徳太子 下巻
(梅原猛著作集 2巻)

B6 830頁 本体5,300円 小学館 2003.4 ISBN:4-09-677102-3

都城の建設、冠位十二階、憲法十七条。国造りの原点と太子の実像が、いま甦る。理想国家建設を目ざした政治家、聖徳太子の孤独と悲しみのドラマを描く。
































梅原猛著
人間の発見
(梅原猛著作集 12巻)

B6 735頁 本体4,800円 小学館 2003.6 ISBN:4-09-677112-0

百人の一語で辿る日本人の精神史。宮沢賢治の文学に生命への共感をみる「賢治の発見」、「交遊抄」他を収録。
































中西進編
万葉びとの心と暮らし
-仏教文化の開化-

B6 254頁 本体1,600円 作品社 2003.5 ISBN:4-87893-532-4

 
































歴史部会編
奈良市内散歩28コース

新書 230頁 本体1,400円 山川出版社 2003.5 ISBN:4-634-59120-0

東大寺・興福寺・などの世界文化遺産を始め、平城京の昔から政治・文化の中心として栄えた奈良の町。古代から現代まで、文化遺産・神社仏閣・民俗・伝説などを訪ねる28コース。
































佐藤信編
日本と渤海の古代史

A5 245頁 本体4,000円 山川出版社 2003.5 ISBN:4-634-52230-6

日本・渤海に関する研究の深化は,古代東アジ アの歴史を解明する上で大きな焦点になってき た。日本史・渤海史・考古学・東アジア史それぞれの立場からの報告などで「古代の日本と渤海」を考えるシンポジウム(2001年)の書籍化。
































亀山純生著
蓮如信仰の研究
-越前を中心として-

A5 230頁 本体3,500円 清文堂 2003.5 ISBN:4-7924-0539-4

東・西本願寺の「御影(真影)道中」に隨行した体験をもつ著者が、地道なフィールドワークの成果を踏まえ、上人への思い入れと共に明らかする新たな「蓮如信仰論」である。
































渡邊寶陽著
日蓮仏教論
-その基調をなすもの-

A5 435頁 本体9,500円 春秋社 2003.6 ISBN:4-393-17333-3

ダイナミックにして激烈、静かに沈潜する不可思議な温もり。日蓮の仏教の根底にあるものとは何か。〈日蓮の思想的マグマ〉の深淵に迫り、新たな地平を切り開く、日蓮研究の第一人者の手になる画期的な論究。
































御書講義録刊行会編
日蓮大聖人御書講義 別巻

A5 425頁 本体1,619円 聖教新聞社 2003.5 ISBN:4-412-01222-0