他書店出版物書誌情報
→TOPへ戻る




→他書店出版案内へ戻る

村瀬裕也著
東洋の平和思想

A5 278頁 本体2,600円 青木書店 2003.11 ISBN:4-250-20332-8

ヨーロッパの思想家・学者の平和思想とは異なり、より身近な中国と日本の平和思想を紹介。墨子、孟子、荀子、杜甫、また伊藤仁斎、安藤昌益、幸徳秋水、木下尚江らの思索の中に現代に生きる平和思想を読み解く。































→他書店出版案内へ戻る

菅原信海著
日本人と神たち仏たち

B6 223頁 本体2,000円 春秋社 2003.11 ISBN:4-393-13513-X

日本の宗教思想・習俗を理解するための必須の基盤=神仏習合思想。明治の神仏分離令以来見過ごされることの多かったこの視点から、日本人に身近な宗教観をやさしく説き明かす。































→他書店出版案内へ戻る

菊藤明道著
妙好人伝の研究

A5 433頁 本体8,000円 法蔵館 2003.10 ISBN:4-8318-2314-7

鈴木大拙がその信仰の純粋性を絶賛した在俗の念仏者「妙好人」。江戸時代から現代に至る妙好人の伝記を、精緻な資料の解読と丹念なフィールドワークにより解明した意欲的論考。































→他書店出版案内へ戻る

真鍋俊照監修
密教曼荼羅 DVD全3巻(各60分)
DVD VIDEO三巻・解説編

本体85,000円 同朋舎メデイアプラン 2003.11

 































→他書店出版案内へ戻る

大山誠一編
聖徳太子の真実

B6 446頁 本体2,800円 平凡社 2003.11 ISBN:4-582-46904-3

「聖徳太子は実在しなかった」と主張して大きな反響を呼んだ編者を中心に、歴史学、国語学、宗教学などの気鋭の研究者が関連史料を総点検。太子像の真実とその信仰の謎を解く。































→他書店出版案内へ戻る

松本照敬著
ヴェーダ−ルタサングラハの研究
(インド古典研究 8)

B5 220頁 本体7,000円 成田山新勝寺 2003.10

 































→他書店出版案内へ戻る

黒塚信一著
呪術秘法の書 弐
-神仏行法実践読本-

A5 195頁 本体1,400円 原書房 2003.12 ISBN:4-562-03711-3

人間は心身の調和・充実がなければ健康ではいられない。そのために必要な心の安定を取り戻す方法を古神道や仏教といった伝統宗教の修行から学び、心身を鍛える鍛錬・呼吸法など、初心者にも比較的簡単にできる修行法を紹介。































→他書店出版案内へ戻る

立松和平著
道元という生き方

B6 245頁 本体1,800円 春秋社 2003.11 ISBN:4-393-44411-6

この波乱と混沌の時代に、私たちはどう生きるのか。新たな「目覚め」に向けて、いま「道元」に「生」を問う。『寺門興隆』『春秋』『曹洞禅グラフ』等掲載をまとめて単行本化。






























→他書店出版案内へ戻る

川村湊著
補陀落
-観音信仰への旅-

B6 222頁 本体2,200円 作品社 2003.11 ISBN:4-87893-592-8

補陀落は観世音菩薩の治める浄土。現世の災厄を逃れて、また衆生の救済を求めて帰らぬ旅に出た者達がいた。那智勝浦から中国舟山列島、さらに韓国・インドの古跡を訪ね、歴史に潜む民衆の悲嘆の夢を探る。






























→他書店出版案内へ戻る

宮坂宥洪著
仏教が救う日本の教育

B6 269頁 本体1,500円 角川書店 2003.11 ISBN:4-04-883850-4

宗教教育は人間教育の基本−。わが国の公教育では宗教教育は禁止されているが、「宗教」を除外した教育というものが成り立つのか。賛否の分かれる問題に宗教者が伝統的立場を踏まえた見解を表明する。『智青』連載をまとめる。






























→他書店出版案内へ戻る

額賀章友著
日中仏教交流 戦後五十年史

A5 393頁 本体3,800円 里文出版 2003.10 ISBN:4-89806-199-0

50年にわたる日中の仏教交流を、両者の関係が厳しかった草創期から文化大革命の影響による仏教交流の中断、日中国交正常化を経て今後の時代の展望まで4つの章にわけその歴史を辿る。『中外日報』に連載したものをまとめる。






























→他書店出版案内へ戻る

東アジア恠異学会編
怪異学の技法

A5 437頁 本体3,000円 臨川書店 2003.11 ISBN:4-653-03846-5

妖怪が、怨霊が、鬼がそこにいた時代。人々はこれら「怪異」と共に生きていた。宮廷祭祀、小野篁、百鬼夜行絵巻等を題材に、怪異を歴史学的視点から読み解く脱常識の論文集。






























→他書店出版案内へ戻る

三橋健著
神道
CDブック

B6 357頁 本体2,000円 大法輪閣 2003.11 ISBN:4-8046-60118-6

森を守り、あらゆる宗教・民族との共生を説く神道が、いま注目されている。その歴史・思想から、神々・神社の案内、神棚のまつり方までを易しく解説。日本人なら知っておきたい神道の心と世界。1995年刊のCDブック化。






























→他書店出版案内へ戻る

石井義長著
阿弥陀聖 空也
(選書メチエ285)

B6 246頁 本体1,600円 講談社 2003.11 ISBN:4-06-258285-6

法然の浄土宗より200年の昔、ただ1人市中に遊行し、「一念往生」の思想を実践した空也。「捨ててこそ」の一念に貫かれた彼の思想と行動、その本質とは。浄土教の歴史を塗り変える、本格的「空也」伝。






























→他書店出版案内へ戻る

福永光司著
日本の道教遺跡を歩く
(朝日選書737)

B6 298頁 本体1,300円 朝日新聞社 2003.10 ISBN:4-02-259837-9

京都、吉野、出雲など日本各地の古代遺跡を探訪し、日本の信仰の源流をたどる旅。道教入門Q&A集も掲載。遺跡アクセスの地図と交通ガイド付。87年刊「日本の道教遺跡」の選書版。






























→他書店出版案内へ戻る

杣田善雄著
幕藩権力と寺院・門跡
(思文閣史学選書)

A5 315頁 本体7,200円 思文閣出版 2003.12 ISBN:4-7842-1166-7

宗派・教団単位に考察されてきた従来の研究に対し、中世寺社勢力の中心であった顕密系寺院の近世的あり方を分析することで、江戸幕府の寺院行政の展開をより明瞭に解明。さらに、近世における門跡制の特質を明らかにする。






























→他書店出版案内へ戻る

仏教史学会編
仏教の歴史的・地域的発展

A5 282頁 本体3,200円 法蔵館 2003.12 ISBN:4-8318-7459-0

インドで成立した仏教が中央・東南アジアから中国・朝鮮半島を経て日本へ伝播する過程で、各地域・社会に与えた影響を分析し、その歴史的・地域的特性を解明する。






























→他書店出版案内へ戻る

ひろさちや著
ひろさちやの「空海」を読む

B6 191頁 本体1,400円 佼成出版 2003.11 ISBN:4-333-02036-0

空海は自分中心ではなく外側から、宇宙のほうから「わたし」を見るアウトサイド・インの目で世界を眺めた人ではないのだろうか。人生をあくせく、くよくよ生きる必要はないと提言する真言密教の基本がわかる、空海入門決定版。






























→他書店出版案内へ戻る

松原泰道著
遺教経に学ぶ
-釈尊最後の教え-

B6 278頁 本体1,900円 大法輪閣 2003.12 ISBN:4-8046-1202-5

臨終を前にした釈尊が最後に行った説法「遺教経」を、そのお釈迦さまの姿に自分を重ね、齢96歳になる著者が懇切に読み解く。永き仏道生活を振り返り、最後に伝えた教えとは何か? 「21世紀へ言い遺したいこと」も収録。






























→他書店出版案内へ戻る

玄侑宗久著
禅的生活

新書 237頁 本体720円 筑摩書房 2003.12 ISBN:4-480-06145-2

さまざまな禅語を通じて禅の世界観を味わい、日常生活に具体的な変化を生み出していただくのが本書の狙いである。迷いや辛さが少しでも減り、楽になっていただけたら嬉しい。(「はじめ」より)






























→他書店出版案内へ戻る

佐藤弘夫著
日蓮
-日本評伝選-

B6 352頁 本体2,500円 ミネルヴァ書房 2003.12 ISBN:4-623-03958-7

鎌倉仏教の祖師としてあまりに有名な日蓮は、いまなお数々の伝承に包まれている。本書は、伝説と奇瑞のヴェールの背後に潜む日蓮の行実と思想の真相を解き明かし、その信の世界の核心にまで降り立つことを目指す。






























→他書店出版案内へ戻る

龍谷大学編
仏教と日本のこころ

B6 291頁 本体2,000円 自照社出版 2003.11 ISBN:4-921029-56-3

龍大短期大学部仏教学科の多彩な講師陣による最終講義集。上山大峻・朝枝善照・川添泰信・吾勝常行・光永覚道・楠 淳證・稲垣久雄・能仁正顕・薮内紹智・林 英哲・の各氏。






























→他書店出版案内へ戻る

松原泰道著
禅者 山頭火
(チッタ叢書)

B6 150頁 本体980円 四季社 2003.10 ISBN:4-88405-224-2

「分け入っても分け入っても青い山」…。曹洞禅の流れを汲む禅僧であり、放浪の自由人として生き、多くの詩句を残した種田山頭火。そんな山頭火を入門的に紹介しつつ、禅僧としての境涯をも理解する。






























→他書店出版案内へ戻る

松原泰道著
法華の行者日蓮
(日本の名僧 12)

B6 201頁 本体2,600円 吉川弘文館 2004.01 ISBN:4-642-07856-8

「海人が子」と自称した日蓮は、「日本第一の智者」となるべく比叡山・南都に学び、仏法の真髄を「南無妙法蓮華経」と唱える。その生涯は、弾圧と流罪の法難の連続であった。蒙古襲来の予言や法華経に生きた実像を描く。






























→他書店出版案内へ戻る

勧修寺編
覚禅鈔 十三
(勧修寺善本影印集成 13)

A4 340頁 本体21,000円 勧修寺 2003.9 ISBN:

 






























→他書店出版案内へ戻る

勧修寺編
覚禅鈔 十四
(勧修寺善本影印集成 14)

A4 340頁 本体21,000円 勧修寺 2003.12 ISBN:

 






























→他書店出版案内へ戻る

安田弘仁編
尭栄文庫研究紀要 4号

B5 241頁 本体3,500円 親王院 2003.11 ISBN:4-88413-993-3

 






























→他書店出版案内へ戻る

末木文美士編
宗教とは何か
(岩波講座 宗教 1)

A5 295頁 本体3,400円 岩波書店 2003.12 ISBN:4-00-011231-7

世界規模の情報化と資本の加速的展開のなかで,これまでの宗教理解はゆきづまり,いまや宗教の理念だけでなく,宗教研究のはたすべき役割も問いなおされている.本巻では,揺れ動く宗教の理念を歴史のなかに位置づけなおすことをとおして,宗教の不変のエッセンスを浮き彫りにし,今ありうる宗教の新しい定義をこころみる.






























→他書店出版案内へ戻る

黒田日出男編
日本史文献辞典

A5 1683頁 本体23,000円 弘文堂 2003.12 ISBN:4-335-25058-4

 






























→他書店出版案内へ戻る

岩田重則著
墓の民俗学

A5 342頁 本体8,500円 吉川弘文館 2003.12 ISBN:4-642-08186-0

 






























→他書店出版案内へ戻る

立花隆監修
宗教の倫理学
(現代社会の倫理を考える 17)

B6 180頁 本体1,900円 丸善株式会社 2003.12 ISBN:4-621-07339-7

 






























→他書店出版案内へ戻る

羽矢辰夫著
ゴータマ・ブッダの仏教

B6 225頁 本体2,000円 春秋社 2003.12 ISBN:4-393-13514-8

「仏教」は現代の思想的課題にどう応えるのか。ブッダの教えの核心を探りつつ、現代に生きる「仏教」を探究する、気鋭のスリリングな「新ブッディズム宣言」。






























→他書店出版案内へ戻る

宮脇髟ス著
栄西ものがたり

B6 292頁 本体1,300円 文芸社 2003.9 ISBN:4-8355-5999-1

少年栄西が比叡山で得度し、正法を求めて渡海し、二度の入宋を経て九州に禅風を起こすまでを綴った小説。濁世に千光を灯した僧・栄西の生涯とは。






























→他書店出版案内へ戻る

日蓮教学研究所編
日蓮聖人遺文辞典 教学篇

B5 1433頁 本体35,000円 身延山久遠寺 2003.10

 






























→他書店出版案内へ戻る

矢野建彦著
長谷寺の四季 矢野建彦写真集

B5変 90頁 本体1,500円 東方出版 2003.11 ISBN:4-88591-870-7

春は桜、初夏には牡丹と「花の御寺」としても知られ、四季折々、美しい花々が境内を彩る長谷寺。さまざまに変化する長谷寺の自然を、美しい写真で紹介する四季だより。






























→他書店出版案内へ戻る

在家仏教協会編
私には、仏教がある
-21世紀における仏教の役割-

A5 301頁 本体1,524円 在家仏教協会 2003.12 ISBN:4-87935-002-8

在家仏教協会では平成14年から15年にかけて全国カ所で創立50周年記念のシンポジュウムを開催。画期的な記録集。上田紀行・香山リカ・西田正法・奈倉道隆・渋谷典子・田代俊孝・奈良康明・村田光平・四方田千佳子・島薗 進・岡田真美子・菅原伸郎の各氏 (**石上善応・奈良康明・総合コーデイネーター**)






























→他書店出版案内へ戻る

村野宣忠訳
TWO NITHIREN TEXTS(英訳大蔵経)
-(英訳)立正安國論・観心本尊抄-

A5 150頁 本体3,500円 仏教伝道協会 2003.12 ISBN:1-886439-17-6

 






























→他書店出版案内へ戻る

佐藤俊明著
心にのこる禅の名話

B6 218頁 本体1,800円 大法輪閣 2004.1 ISBN:4-8046-1203-3

達磨を祖とする禅は、中国を経て日本に伝えられました。その二国にわたる長い歴史のなかで有数の名僧が誕生するとともに、それら名僧たちの逸話が数多く伝えられています。本書はそうした逸話の中から珠玉の名話――たとえば達磨と慧可の出会い、婆子焼庵の禅問答、鉄眼の大蔵経開板、良寛の一滴の涙……といった、現末来に語り伝え遺しておきたい、痛快かつ心温まる46話を選んだものです。**井上球二氏の漫画風さし絵61枚入り**。






























→他書店出版案内へ戻る

五木寛之著
百寺巡礼 3巻(京都1)

B6 258頁 本体1,500円 講談社 2003.12 ISBN:4-06-274072-9

作家・五木寛之が案内する、古都の歴史を映す10名刹と名店の数々。選りすぐりの情報と美しい映像満載の類をみない、貴重なガイドブック。






























→他書店出版案内へ戻る

五木寛之著
百寺巡礼 3巻(京都1)ガイド版

B6 222頁 本体1,500円 講談社 2003.12 ISBN:4-16-274082-6

作家・五木寛之が案内する、古都の歴史を映す10名刹と名店の数々。選りすぐりの情報と美しい映像満載の類をみない、貴重なガイドブック!!<本書の内容>●寺のなりたちがよくわかる「歴史」ページ●貴重な写真で紹介する寺宝の数々●使いやすい伽藍絵地図●寺への交通&アクセス情報●五木さんのおすすめスポット 散策のヒント おいしいお店 よろこばれる土産品……など情報満載!美しい映像と親切なナビゲーション――必携の巡礼ガイド。






























→他書店出版案内へ戻る

窪田慈雲著
瑩山禅師「伝光録」にきく

B6 456頁 本体4,000円 春秋社 2003.12 ISBN:4-393-15228-X

瑩山禅師によって歴代祖師方の大悟の因縁を示した「伝光録」。釈尊から達磨大師、道元・瑩山禅師へと伝えられた悟りの核心とは。毎日正しい座禅をしその大悟の体験を忘れ去る修業をすることの重要さを教える。






























→他書店出版案内へ戻る

A・スマナサーラ著
原訳「法句経」ダンマパダ一日一話

新書版 203頁 本体1,100円 佼成出版 2003.12 ISBN:4-333-02044-1

お釈迦さまの言葉に最も近い経典と言われるダンマパダ(法句経)を直訳、それをもとに、スリランカ仏教界の長老が上座仏教のエッセンスをやさしく語る。生きる力がわいてくる50のヒント。






























→他書店出版案内へ戻る

竹居明男著
天神信仰編年史料集成
平安時代・鎌倉時代前期篇

B5 585頁 本体15,000円 国書刊行会 2003.12 ISBN:4-336-04613-1

平安・鎌倉時代前期において、天神信仰の信仰史的事実に関する各種史料が示す年代を整理して編年順の年表として提示。併せて各事項ごとに根拠となる史料の本文も掲載。天神信仰の成立と展開を通観する。






























→他書店出版案内へ戻る

矢野建彦著
境野黄洋選集 第1巻
支那仏教精史 上巻

A5 458頁 本体10,000円 うしお書店 2003.12

 






























→他書店出版案内へ戻る

藤森武著
日本の観音像 藤森武写真集

B4 223頁 本体43,000円 小学館 2003.12 ISBN:4-09-699712-9

全国の仏像を撮りつづけている仏像写真の第一人者による写真集。仏像の中で最も親しまれている観音像から造形美・芸術性を表現し、人々の信仰への思いを伝える。全104体収録。観音像リスト、所蔵先地図、解説も掲載。