他書店出版物書誌情報
→TOPへ戻る




→他書店出版案内へ戻る

正木晃著
楽しくわかるマンダラ世界 -塗り絵付き-

160頁 1,800円 春秋社 2007.7 ISBN:978-4-393-11904-4

見て、読んで、塗って、マンダラを体験的に理解する、まったく新しいタイプの入門書。図版100点収録(カラー図版18点、モノクロ図版74点、マンダラ塗り絵8点)。































→他書店出版案内へ戻る

記念論集刊行会編
古代東アジアの社会と文化
-福井重雅先生古稀・退職記念論集-

A5 594頁 本体13,000円 汲古書院 2007.3 ISBN:978-4-7629-2810-9

「秦律・漢律における女子の犯罪に對する處罰」(水間大輔)「『後漢書』『三國志』所收倭(人)伝の先後問題」(福井重雅)「北魏の華北支配と道教」(小幡みちる)「杜佑の戸口論」(北川俊昭)「高麗における燃燈會と王權」(奥村周司)「宋末元初湖州呉興の士人社會」(近藤一成)など、26篇の論文を収録。































→他書店出版案内へ戻る

寺川俊昭著
真宗の大綱

A5 176頁 本体2,800円 文栄堂 2007.7 ISBN:978-4-89243-611-6

 































→他書店出版案内へ戻る

木村得玄著
初期黄檗派の僧たち

A5 308頁 2,500円 春秋社 2007.7 ISBN:978-4-393-17705-1

江戸時代に活躍した禅僧たちの生涯。宗祖隠禅師をはじめ、黄壁派の成立と発展に寄与した僧侶二十人の生涯を、その肖像画(頂相)や墨蹟とともに詳しく紹介した初めての書。































→他書店出版案内へ戻る

高崎直道・ひろさちや著
なぜ仏教で人は救われるのか -超現代仏教論-

B6 232頁 本体1,600円 春秋社 2007.7 ISBN:978-4-393-11255-7

カギは“輪廻”にあった。葬式、悟り、浄土、仏性、そして救い。仏の教えはすべて一つの糸で繋がる。仏教の現在性を問い続ける二人のエキサイティングな対論。































→他書店出版案内へ戻る

西田耕三著
主人公の誕生
-中世禅から近世小説へ-

B6 274頁 本体3,200円 ぺりかん社 2007.7 ISBN:978-4-8315-1173-7

近世小説の主人公は、どのような思潮や感性、表現技法のもとから誕生したのか。禅の「主人公」から『好色一代女』までをたどる。































→他書店出版案内へ戻る

梯実円著
親鸞聖人の信心と念仏

B6 334頁 本体2,000円 自照社出版 2007.7 ISBN:978-4-903858-06-7

 































→他書店出版案内へ戻る

禅文化研究所編集部編
新版 引導法語大全

B5 644頁 本体15,000円 禅文化研究所 2007.7 ISBN:978-4-88182-223-4

臨済宗の高僧の実作から300篇の作例を選び、また、実際の制作に役立つ要句を多数収録し、自作のための解説と用語集を付した、本格的かつ実用的な引導法語作成のための指南書。































→他書店出版案内へ戻る

相澤貞順著
人間と宗教
-風土・社会・文化ーその起源と未来を探る-

B6 238頁 本体2,200円 ノンブル社 2007.3 ISBN:978-4-903470-17-7

 































→他書店出版案内へ戻る

小林円照著
原人論を読む
-人間性の真実を求めて-

B6 214頁 本体2,300円 ノンブル社 2007.8 ISBN:978-4-903470-21-4

仏教入門の古典として親しまれ、人間本性の探求が仏教でもあると論述する宗密の名著。原文と読み下し文に和訳と解説を付す。































→他書店出版案内へ戻る

清水大介著
波即海
-イエーガー虚雲の神秘思想と禅-

B6 214頁 本体2,300円 ノンブル社 2007.8 ISBN:978-4-903470-22-1

キリスト教神秘主義と禅の同質性に迫る。































→他書店出版案内へ戻る

豊山派総合研究院現代教化研究所編
現代における仏教と教化

A5 264頁 本体2,500円 ノンブル社 2007.7 ISBN:978-4-903470-20-7

 































→他書店出版案内へ戻る

平澤照尊著 福田亮成・山口幸照・山本匠一郎編
新義真言宗の歴史と思想

A5 246頁 本体3,300円 ノンブル社 2007.7 ISBN:978-4-903470-23-8

 































→他書店出版案内へ戻る

大本山永平寺監修
道元禅師の寺を歩く

A5 128頁 本体1,600円 JTBパブリッシング 2007.7 ISBN:978-4-533-06783-9

 































→他書店出版案内へ戻る

瓜生津隆雄著
歎異鈔講話

B6 320頁 本体2,600円 大法輪閣 2007.8 ISBN:978-4-8046-1256-0

親鸞の言葉を、弟子の唯円がまとめた『歎異鈔(抄)』。日本で最も親しまれている仏教の名著を、国語学的な検討と、浄土真宗の伝統を踏まえた思想的考察によって、親鸞研究に大きな足跡を残した著者が綿密に読み解いた古典的な名講義。名句に秘められた親鸞の真意に迫る。『歎異鈔』の全原文を収録。また、講演「親鸞の信の在り方」を付す。































→他書店出版案内へ戻る

望月真澄著
法華信仰のかたち
-その祈りの文化史-

B6 272頁 本体2,000円 大法輪閣 2007.8 ISBN:978-4-8046-1255-3

日蓮を祖とする法華教団の人々が形づくり、庶民にも大いに親しまれた「法華信仰」の魅力に、あらゆる角度から迫る、意欲的な一冊。「題目踊り」とは何か?「おそれ入谷の鬼子母神」とはどんな神様?大奥の女性たちの信仰とは?歌舞伎や落語も好んで法華経を題材にした?……ユニークな信仰の数々を、やさしく丁寧に解説。































→他書店出版案内へ戻る

本多正昭著
キリスト教と仏教の接点

B6 138頁 本体1,500円 行路社 2007.6 ISBN:978-4-87534-401-8

二つの出会い―イエスと、朝顔と/キリスト教から仏教を/宇宙的啓示ということ/アジア司教協連連盟第2回総会・印象記/人間はどこまで自由か―西田哲学の一命題をめぐって/地にいます母なる神への道/カトリックと禅/森の塾―総合人間学研究所について/近代から、ポストモダンへ/東洋神学の土壌を探る―即の論理の四つの特質をめぐって/故T・ハンド神父の声































→他書店出版案内へ戻る

北尾克三郎著
空海の哲学「声字実相義」

B6 134頁 本体1,000円 プロスパー企画 2007.2 ISBN:978-4-86180-020-7

インド哲学を元とし、ギリシャ哲学にも通じる日本初の哲学書が今日の言葉によって甦る。































→他書店出版案内へ戻る

正田大観編訳
ブッダの福音
-最初期仏教資料集成-

A5 502頁 本体3,800円 サンガ 2007.5 ISBN:978-4-901679-39-8

覚者の真実の言葉を、原典からの忠実な翻訳により、あるがままに再現した画期的編集。最古の仏典とされる『ダンマパダ』『スッタニパータ』等が、この一冊に凝縮された仏教者必携の書。































→他書店出版案内へ戻る

金原明彦著
日蓮と本尊伝承
-大石寺戒壇板本尊の真実-

A5 220頁 本体3,000円 水声社 2007.8 ISBN:978-4-89176-648-1

 































→他書店出版案内へ戻る

上原真人編
皇太后の山寺
-山科安祥寺の創建と古代山林寺院-

A5 324頁 本体6,000円 柳原出版 2007.3 ISBN:978-4-8409-5017-6

 































→他書店出版案内へ戻る

大和昌平著
牧師が読みとく 般若心経の謎

B6 286頁 本体1,500円 実業之日本社 2007.7 ISBN:978-4-408-10694-6

般若心経と聖書の「空」の違いに迫る!牧師であり、仏教研究者でもある著者が「聖書」と対比させて解説する、もうひとつの「般若心経」。































→他書店出版案内へ戻る

石井研士著
データブック 現代日本人の宗教
増補改訂版

B6 282頁 本体2,400円 新曜社 2007.4 ISBN:978-4-7885-1040-1

好評の入門書、全面的にパワーアップ!最新のデータを追加するだけでなく、構成も一新。世論調査や統計資料など基礎的な情報を通して立ち現れる現代日本社会における宗教の姿を、図表を駆使して明確に示す。































→他書店出版案内へ戻る

井上順孝著
宗教社会学がよ〜くわかる本

B6 232頁 本体1,300円 秀和システム 2007.7 ISBN:978-4-7980-1695-5

現代を知るためのビジュアル入門書。社会と宗教のつながりに迫る。































→他書店出版案内へ戻る

海邉忠治著
苦悩とけて絶対の信へ

B6 110頁 本体1,200円 法蔵館 2007.6 ISBN:978-4-8318-1056-4

絶対の信を求め続けた著者が、最後に到達した究極の宗教体験を語る書下ろし論考。附録として西田幾多郎の哲学に関する論文3編を収録。































→他書店出版案内へ戻る

島田裕巳著
公明党VS.創価学会

新書 232頁 本体720円 朝日新聞社 2007.6 ISBN:978-4-02-273153-1

一心同体でなくなった公明党と創価学会。実は、その緊張関係のなかに、公明党の力の秘密が潜む―政権の一翼を担う、「宗教政党」公明党はこれからどこへゆくのか。創価学会研究の第一人者が切り込む。































→他書店出版案内へ戻る

吉野裕子著
吉野裕子全集 6巻
-易と日本の祭祀・陰陽五行と童児祭祀-

A5 354頁 本体3,000円 人文書院 2007.8 ISBN:978-4-409-54993-3

日本古来の信仰世界に渡来の易・五行思想がいかに浸透していったか!聖徳太子憲法十七条の数の意味、伊勢神宮祭祀に不可欠な聖童女・大物忌など古代信仰をめぐる謎に迫る『易と日本の祭祀−神道への一視点』(1984年)と、祇園祭稚児、大和の暴れ祭、座敷童子など幼い祭祀者が主役の祭や民俗における易・五行思想の深い影響を探った『陰陽五行と童児祭祀』(1986年)を収める。