他書店出版物書誌情報
→TOPへ戻る




→他書店出版案内へ戻る

西山厚編
日本の美術502号「僧侶の書」

B5変 98頁 本体1,762円 至文堂 2008.3 ISBN:978-4-7843-3502-2

[**主要目次**]・はじめに・飛鳥奈良・奈良時代・平安時代・鎌倉時代〜室町時代・江戸時代・おわりに ・参考文献・図版目録 附論 T:鑑真の手紙 U:最澄の手紙 V:尼の書 。































→他書店出版案内へ戻る

菅原正子著
日本人の生活文化
-くらし・儀式・行事-

B6 182頁 本体1,900円 吉川弘文館 2008.2 ISBN:978-4-642-07985-3

「日本の伝統文化」は、本当に古来から続く風習なのか。イエズス会士が驚いた男色・夫婦別財などの慣習、ひな祭りや七五三、結婚式などの本来の姿を明らかにし、日本固有の文化とは何かを探り出す。































→他書店出版案内へ戻る

三浦隆夫著
一燈園 西田天香の生涯

B6 316頁 本体2,300円 春秋社 2008.2 ISBN:978-4-393-44719-2

**新装版**明治37年に創設され、現在も二百余名が京都山科の地で無所有・奉仕の共同生活を送っている一燈園。その創始者・西田天香とは一体何者なのか。猥雑な路頭の中で、徹底して懺悔の生活を貫き通した偉人の生涯。































→他書店出版案内へ戻る

北沢方邦著
ヨーガ入門
-自分と世界を変える方法-

新書 216頁 本体760円 平凡社 2008.2 ISBN:978-4-582-85410-7

ヨーガの目的は、心と身体をつなぐ「気」の統御であり、「足るを知る」東洋の叡智を獲得することである。ヨーガ歴四〇年に及ぶ思想家による画期的な入門書。































→他書店出版案内へ戻る

可藤豊文著
悟りへの道
-私家版*教行信証-

B6 332頁 本体2,800円 法蔵館 2008.4 ISBN:978-4-8318-7367-5

古今東西を問わず、教(経)典・聖賢の著述を網羅し、自らのこころを見つめ「悟りへの道」に辿りつけるように導く、著者の集大成となる書。































→他書店出版案内へ戻る

小川光三著
ヤマト古代祭祀の謎

B6 212頁 本体2,400円 学生社 2008.2 ISBN:978-4-311-20314-5

古代ヤマトの祭とは?発生期の古墳や神社などの立地と『記・紀』、さらには古代中国の思想から、古代祭祀地点の恐るべき計画性の謎を解明する。































→他書店出版案内へ戻る

奈良康明・佐々木宏幹編
禅といま

B6 248頁 本体1,800円 春秋社 2008.2 ISBN:978-4-393-13362-0

見方を変える、生きるための「禅」。 己を磨き、「いま・ここ」を目指す禅。 禅から日常を見つめ直したときに 浮かびあがるものとは。 禅に関わりの深い7人がさまざまな角度から、 現代社会と禅のあり方を語る 珠玉の講演録。































→他書店出版案内へ戻る

宮元啓一著
インド人の考えたこと
-インド哲学思想史講義-

B6 234頁 本体2,300円 春秋社 2008.2 ISBN:978-4-393-13371-2

IT技術、インド式数学、ヨーガブームなどで話題のインド。その魅惑的な思想・哲学の流れをわかりやすく語る、インド哲学入門のシリーズ第一弾。































→他書店出版案内へ戻る

中川文人著
地獄誕生の物語

B6 202頁 本体1,800円 以文社 2008.2 ISBN:978-4-7531-0259-4

第1部 日本人の「地獄の原風景」(どうして地獄を知っているのか;地獄の古典『往生要集』の世界;地獄は戦争の記憶)地獄誕生の物語『ナラクの悲劇』第2部 西洋の「地獄の古典」(ダンテの『神曲地獄篇』;ウェルギリウスの『アエネーイス』)































→他書店出版案内へ戻る

新見康子著
東寺宝物の成立過程の研究

A5 662頁 本体12,000円 思文閣出版 2008.2 ISBN:978-4-7842-1368-9

南北朝時代の寺誌である『東宝記』や東寺百合文書にみられる宝物目録などの豊富な史料をもとに、東寺に残る文化財の伝来過程を具体的に体系化した一書。今後の文化財の活用や保存を前提に、本来の保管形態を復元し、伝来を確定して位置付けをしなおす。 カラー口絵4頁・本文挿入図版80点。































→他書店出版案内へ戻る

松原哲明監修
般若心経がよくわかる本

A5変 144頁 本体1,200円 主婦と生活社 2008.2 ISBN:978-4-391-13549-7

読む・書く・歩く―で、般若心経の世界に迫り人生を豊かに生きるための智慧を読み解く。































→他書店出版案内へ戻る

横内裕人著
日本中世の仏教と東アジア

A5 614頁 本体11,000円 塙書房 2008.2 ISBN:978-4-8273-1217-1

日本中世仏教の形成を東アジアの視点から究明し、また中世仏教の実態を顕・密の両寺院に即して解明することを目的とする。文書・記録のほか、聖教を政治・外交史料として積極的に用い、仁和寺など王権密着の真言宗寺院や、東大寺など王権から自立した南都寺院の双方を素材として、中世仏教・寺院の果たした宗教活動の政治的機能を解明し、また中世寺院の宗教権門としての支配の実態を考究、さらにそれらを踏まえた日本中世の顕密仏教の成立を中国仏教の歴史的変容に対する日本側の対応の変化であると指摘した労作。































→他書店出版案内へ戻る

薄井秀夫編著
10年後のお寺をデザインする
-寺院仏教のススメ-

B5 176頁 本体9,000円 鎌倉新書 2008.1 ISBN:978-4-907642-33-4

社会と生きたコミュニケーションをとり、人々の心に安らぎを与えてきた20もの寺院による実際の取り組みである。「お寺のコミュニケーション」のあり方を、地域コミュニティーの復活、青少年教化、葬儀への取り組み、福祉活動と4つのテーマに分けてその成功事例を掲載。この一冊に10年後のお寺のあり方をデザインしていくための効果的なノウハウが詰まっている。































→他書店出版案内へ戻る

梨本敬法編
これだけは知っておきたい 禅入門

B5 96頁 本体1,000円 洋泉社 2008.3 ISBN:978-4-86248-242-6

自分を見つめ、あらゆる執着を捨て、あるがままに生き、あるがままに存在する―― 私たちの内なる「知恵」を導く禅の教えを知る。 不立文字、只管打坐、公案、十牛図、行雲流水、平常心是道、達磨、栄西、道元、隠元、一休、良寛、円相、枯山水、茶道、懐石、等。































→他書店出版案内へ戻る

角田泰隆著
坐禅ひとすじ

文庫 254頁 本体629円 角川学芸出版 2008.2 ISBN:978-4-04-407901-7

帰朝した道元が曹洞宗を開き、やがて今日見る永平寺の大伽藍を築くまでの壮大なドラマを小説風に綴った読み物。あわせて道元禅の真髄をわかりやすく解き明かす。































→他書店出版案内へ戻る

田上太秀著
ブッダが語る人間関係の智慧
-六方礼経を手がかりに-

B6 206頁 本体1,400円 東京書籍 2008.2 ISBN:978-4-487-80275-3

親子・夫婦・友人・世間など人付き合いの要諦を、2400年前にブッダはわかりやすく説いていた。「夫が妻に尽くす方法」「事業主と従業員の関係」「財産を失う生き方」など、現代を先取りしたような教えをわかりやすく解説。































→他書店出版案内へ戻る

池麗梅著
唐代天台仏教復興運動研究序説
-荊渓湛然とその「止観輔行状弘決」-

A5 440頁 本体15,000円 大蔵出版 2008.2 ISBN:978-4-8043-0571-4

唐中期、天台山を襲った危機とは?法華三大部の注釈を著し、天台宗義を確立した荊渓湛然。最澄にも影響を与えた思想を、その行動と時代背景からさぐる。 農民反乱に巻き込まれながら湛然は何を考えたのか?天台大師に立ち返り、その教学を復興しょうとした動機に迫る。































→他書店出版案内へ戻る

根井浄著
観音浄土に船出した人びと
-熊野と補陀落渡海-

B6 238頁 本体1,700円 吉川弘文館 2008.3 ISBN:978-4-642-05650-2

補陀落渡海とは何か。観音菩薩が住む南方の浄土、補陀落世界を目指し、現身を舟形の棺に納めて大海原に船出した人びとがいた。宣教師の記録や絵画史料、渡海船の構造から、「南方往生」と補陀落渡海の世界観を解き明かす。































→他書店出版案内へ戻る

鈴木永城監修
仏教とじかにふれ合う本

新書 214頁 本体720円 河出書房新社 2008.3 ISBN:978-4-309-50339-4

歴史ある寺院や仏像をじっくりと観たり、写経や坐禅を体験すると、たとえ信者ではなくても、清々しい心境になり、自分を見つめ直すきっかけになる。そんな人生の滋養となる、数々の“仏教体感”の方法をわかりやすく案内する。































→他書店出版案内へ戻る

松原哲明監修・著
観音菩薩のお経

A5 184頁 本体1,800円 学習研究社 2008.2 ISBN:978-4-05-403650-5

日本だけでなく、広く東アジア全域で篤い信仰を集めている仏、観音菩薩。この菩薩を拝むためのお経とは?そして功徳とは?礼拝の作法とは?臨済宗の高僧による、経典読誦のCDを付け、慈悲にあふれた菩薩のこころを実修する。































→他書店出版案内へ戻る

橋爪大三郎監修
家庭でできる法事法要

A5 186頁 本体1,200円 径書房 2008.2 ISBN:978-4-7705-0198-1

この本には、家庭で行なう「法事・法要」のやり方が、書いてあります。 「法事・法要」といっても、かた苦しく考えないでください。家族や親しい人びとが集まって、亡くなったあの人をしのぶ。子どもの「誕生日」を祝うように、大事な人をそのゆかりの日に思い出す「メモリアル」があっていい、と思います。いわば、「手づくりのご法事」です。































→他書店出版案内へ戻る

韓国宗教民俗研究会編
韓国の宗教と祖先祭祀

A5 356頁 本体8,900円 岩田書院 2008.2 ISBN:978-4-87294-496-9

目次・第1章 宗教と民俗―理論と実践の方法的考察 第2章 宗教と祖先祭祀―総論― 第3章 韓国人と祖先祭祀―儒教的祖先祭祀の社会性と宗教性 第4章 仏教の薦度斎に投影された儒教の祭祀理念 第5章 仏教祭礼の意味と行法―施餓鬼会を中心に― 第6章 奉安堂と仏教祭祀 第7章 韓国カトリックと祖先祭祀に対する歴史民俗学的接近 第8章 初期韓国プロテスタントを祭祀問題 第9章 韓国プロテスタント追悼式の現況 第10章 伝統忌祭祀から追悼礼拝への転換過程 第11章 天道教の祭祀民俗誌―新興宗教の場合― 第12章 在日韓国・朝鮮人のクリスチャンの祖先祭祀 。































→他書店出版案内へ戻る

ポー・オー・パユットー著・野中耕一訳
仏法
-テーラワーダー仏教の叡智-

A5 426頁 本体3,800円 サンガ 2008.2 ISBN:978-4-901679-64-0

タイ仏教界最高の学僧が明晰に語る、ブッダの真の教え経典の引用に基づく的確な解説によって導かれる、仏教の体系的な理解テーラワーダ仏教を学ぶための必携の教科書となる一冊。































→他書店出版案内へ戻る

銭谷武平著
大峯縁起

B6 228頁 本体2,500円 東方出版 2008.2 ISBN:978-4-86249-101-5

大峯曼荼羅の菩薩の嶺々を位置づけ、謎の奥駈成立の経過に迫る。吉野から大峯山脈を越え熊野本宮に至る修験山伏の修行ルート七十五靡、約百七十キロ。江戸時代から現代までの変遷を古文書と資料によって読み解き、胎蔵界から金剛界の嶺の位置を探る。































→他書店出版案内へ戻る

石濱裕美子・福田洋一著
聖ツオンカパ伝

A5 318頁 本体3,800円 大東出版 2008.2 ISBN:978-4-500-00726-4

ダライラマも所属するチベット仏教の最大の宗派ゲルク派の開祖・ツォンカパ=ロサンタクペーペル(1357-1419)は、顕教・密教すべての仏教教学を中観帰謬論証派の視点から体系化する教学を作り上げた、まさにチベット仏教の大成者と呼ぶにふさわしい高僧である。本書は最古層の伝記四つを翻訳し、さらにツォンカパの事績を描いたタンカ15点(カラー頁)を付して、その生涯を明らかにする。































→他書店出版案内へ戻る

佐伯快勝著
智恵のことば
-法句経に学ぶおだやかな生活-

B6 224頁 本体1,600円 淡交舎 2008.3 ISBN:978-4-473-03468-7

2500年前、ブッダが語ったことばです。あなたを救うことが出来るのはあなた自身。あなたの心をおだやかにして本当に強い自分になれる。やさしくて、美しくて、ちょっと厳しいそんなことばが、たくさん詰まっています。































→他書店出版案内へ戻る

安達原玄著
仏画で味わう「法句経」のことば

B6 108頁 本体1,300円 春秋社 2008.3 ISBN:978-4-393-13364-4

法句経は人生の指針となることばの宝庫です。見る人のこころを癒す、ほのぼのとした絵とともに、ブッダの教えの真髄をじっくりと味わってください。































→他書店出版案内へ戻る

高田好胤著
高田好胤「観音経」法話

B6 310頁 本体1,900円 大法輪閣 2008.3 ISBN:978-4-8046-1266-9

観音の慈悲、そして日本人の心を含蓄あふれる語り口で説く。遷化から10年、いま蘇る名僧の法話。































→他書店出版案内へ戻る

まーく・C・テイラー編 奥山倫明監訳
宗教学必須用語22

A5 632頁 本体8,000円 刀水書房 2008.2 ISBN:978-4-88708-370-7

現在の宗教学関連の厳選された22の用語を糸口に、宗教学の成果を解説し、その射程を拡大する。刊行後9年とはいえ、英語圏の人文社会科学の最前線を紹介している。米国の宗教学界の第一線に立って研究を推進してきた執筆者たちが、多彩な個性のもとに独自の学識を発揮、宗教研究の饗宴というべきもの。































→他書店出版案内へ戻る

古稀記念論文集刊行会編
仏教文化の諸相
-坂輪宣敬博士古稀記念論文集-

A5 990頁 本体22,857円 山喜房佛書林 2008.3 ISBN:978-4-7963-0181-7

**内容目次**
《インド・チベット》
Prinsep等によるAsoka刻文解読の経緯と問題点-Brahmi文字のアルファベットの提示- 塚本啓祥
Svachanda-maranna-「任意捨命」- 原實
碑文にみる北インドの仏教 仲澤浩祐
元寇襲来と二人の仏教僧-『彰所知論』の研究(序説)- 三友健容
「サマナ」とよばれた出家遊行者 山崎守一
サカ・クシャン支配下における諸宗教の融和-北インドの都市マトゥラーを中心として- 橋堯英
仏教交渉史考(序) 則武海源
ディーパンカラシュリージュニャーナに帰される『金剛座金剛歌』について 望月海慧
記憶の所在、想起の主体 戸田裕久
タボ写本『入菩提行論』にみられるテキスト変容の根跡 石田智宏
小品系般若経内における『大般若波羅蜜多経』第四会と第五会の位置付け 庄司史生
《中国・日本》
草堂寺に関する一考察-陳景富編著『草堂寺』を読んで- 望月海淑
晩年の著作にみる加治時次郎の仏教観に関する一考 清水海隆
日本仏教にみられる朝鮮仏教の影響-十三世紀から江戸末期までの目録類を中心として-福士慈稔
下総・龍正院の廻国納経資料について 池上悟
空王仏と空王-―漢文仏典中における用例の考察- 手島一真
『大唐貞元続開元釈教録』の一考察-入蔵録を中心として- 白山和宏
《法華経》
法華経成立研究要論-定期間段階集成説- 伊藤瑞叡
『法華経』と九識思想 岩田諦静
頂妙寺版 法華経の成立(二) 田島毓堂
明董其昌法帖妙法蓮華経 桐谷征一
小善成仏と常不軽菩薩 岡田行弘
島地大等編著漢和対照『妙法蓮華経』の巻末「法華歌集」について 町田順文
《日蓮》
『法華草案抄』における日蓮宗義の反映 渡邊寶陽
身延山に於ける日蓮聖人信行の諸相-五種法師を中心として- 上田本昌
「建治二年曼荼羅本尊」二幅の軌跡 中尾堯
日蓮聖人の法華経弘通と見宝塔品 小松邦彰
明治以降日興門流における分派の史的考察 丹治智義
身延山声明歌唱法の特徴 池上要靖
行学院日朝と身延山 寺尾英智
日蓮聖人における救済の構造〈増補改訂〉-即身成仏と霊山往詣- 間宮啓壬
近世後期渡辺家の法華信仰-東海道蒲原宿渡辺金?の日記を中心に- 望月真澄
女人成仏を主題とする日蓮聖人の書簡について 関戸堯海
近代日本における日蓮仏教の受容-戸田城聖の場合- 三輪是法
刀匠と法華信仰-法華一乗派を中心として- 柴田章延
日蓮遺文にみる門弟の往来 森大乗
日蓮宗教学史における本因本果妙論の本質について 田村完爾
江戸・東京の日蓮宗寺院について 坂輪宣政
《仏教芸術》
修性院と浮世絵 山口桂三郎
大伴家持の古歌蒐集-万葉集巻十九の場合- 近藤信義
日蓮会・江川櫻堂の宗教的芸術観 三友量順
大網白里町本國寺雨乞祖師像の修理について 信太司
奥絵師狩野養信(晴川院)の写経奉納について 安藤昌就
《思想・比較他》
佛教とゲーテ-ブルーノ・ペツオルトと富永半次郎の業績- 小谷幸雄
ツァラトゥストラに現われた仏教の思想 湯田豊
仏教は現代に如何なる意義をもつか-エントロピーの法則と仏教- 塚田貫康































→他書店出版案内へ戻る

小峰彌彦監修
真言宗
-日本人として心が豊かになる仏事とおつとめ-

B6 144頁 本体700円 青志社 2008.2 ISBN:978-4-903853-19-2

わが家に一冊。「教え」「おつとめ」「お葬式」「法事」「お墓」真言宗の常識が、手にとるようにわかる。 あなたはいくつ「はい」と答えられますか?お葬式や法事で焼香の作法に迷っていませんか?念珠(数珠)のかけ方を知っていますか?仏壇をきれいにしていますか?「ありがとう」と言っていますか?家族で笑っていますか?里帰り、していますか?































→他書店出版案内へ戻る

庵谷行亨監修
日蓮宗
-日本人として心が豊かになる仏事とおつとめ-

B6 144頁 本体700円 青志社 2008.2 ISBN:978-4-903853-20-8

わが家に一冊!「教え」「おつとめ」「お葬式」「法事」「お墓」日蓮宗の常識が、手にとるようにわかる。  あなたはいくつ「はい」と答えられますか?お葬式や法事で焼香の作法に迷っていませんか?念珠(数珠)のかけ方を知っていますか?仏壇をきれいにしていますか?「ありがとう」と言っていますか?家族で笑っていますか?里帰り、していますか?































→他書店出版案内へ戻る

吉野裕子著
吉野裕子全集 11巻
-陰陽五行と日本の文化・易・五行と源氏の世界・雑纂-

A5 370頁 本体3,000円 人文書院 2008.3 ISBN:978-4-409-54998-8

「仁徳紀」の巨木説話から『宇津保物語』そして『源氏物語』へ、わが国の代表的な物語の主題や構造の中に何故にかくも古代中国の哲理が反映されているのか。その興味津津のテーマに迫る『易・五行と源氏の世界』(1999年)と、庭園・茶の世界・能舞台から色・音楽・幽霊エトセトラ、宇宙の法則にのっとり見事なバランスを形づくっている日本文化の真の姿に迫る『陰陽五行と日本の文化』(2003年)、および単行本未収録の論文を収める。































→他書店出版案内へ戻る

学習研究社編
図説 ブッダの道
-偉大なる覚者の足跡とインド仏教の原風景-

A5 218頁 本体1,500円 学習研究社 2008.2 ISBN:978-4-05-605067-7

仏教の偉大なる開祖は、何に苦悩し、いかにして悟り、何を人々に説いたのか? インド仏教の源流をたどり、永遠の覚者ゴータマ・ブッダの真実に迫る! 八大仏跡めぐりの旅、ブッダの言葉、原始仏教の行法、釈尊8つの謎、ジャータカの世界ほか。写真も満載。































→他書店出版案内へ戻る

川添昭二著
歴史に生きる日蓮

A5 310頁 本体4,800円 山喜房佛書林 2008.3 ISBN:978-4-7963-0668-3

日蓮の宗教活動は「立正安国論」に始まり「立正安国論」に終わる、と言われていることについての実態究明。































→他書店出版案内へ戻る

植木雅俊訳
梵漢和対照・現代語訳 法華経 上巻

A5 628頁 本体5,200円 岩波書店 2008.3 ISBN:978-4-00-024762-7

大乗仏典のなかでも、古来「諸経の王」と呼ばれる法華経。本書は、複数のサンスクリット・テキストに綿密な校訂を施し原典テキストを確定させるとともに、深い仏教理解に基づく詳細な注解を付した画期的達成。訳者の長年月かけた一点一画をも疎かにしない原典に忠実な訳業により、曖昧さを残さない、読みやすいこなれた現代語訳がここに完成した。テキスト相互の対照を可能とすべく、サンスクリット原典、鳩摩羅什による漢訳テキストを併記。































→他書店出版案内へ戻る

植木雅俊訳
梵漢和対照・現代語訳 法華経 下巻

A5 658頁 本体5,200円 岩波書店 2008.3 ISBN:978-4-00-024763-4

大乗仏典のなかでも、古来「諸経の王」と呼ばれる法華経。本書は、複数のサンスクリット・テキストに綿密な校訂を施し原典テキストを確定させるとともに、深い仏教理解に基づく詳細な注解を付した画期的達成。訳者の長年月かけた一点一画をも疎かにしない原典に忠実な訳業により、曖昧さを残さない、読みやすいこなれた現代語訳がここに完成した。テキスト相互の対照を可能とすべく、サンスクリット原典、鳩摩羅什による漢訳テキストを併記。