他書店出版物書誌情報
→TOPへ戻る






























→他書店出版案内へ戻る

宮元啓一著
インドの「二元論哲学」を読む
-イーシュヴァラクリシュナ「サーンキャ・カーリカー」-

B6 202頁 本体2,500円 春秋社 2008.4 ISBN:978-4-393-13373-6

シリーズの第三弾で、イーシュヴァラクリシュナ『サーンキヤ・カーリカー』(ガウダパーダ註)の翻訳解説です。宇宙(世界と自己)の成り立ちについて独自の世界を展開するサーンキヤ哲学は、ヨーガやアーユルヴェーダなど、インドのさまざまな文化に大きな影響を与えました。本書は、他に類を見ないサーンキヤ哲学への初心者向け入門書です。































→他書店出版案内へ戻る

宮元啓一著
インドの「多元論哲学」を読む
-プラシャスタパータ「パダールタダルマ・サングラハ」-

B6 216頁 本体2,500円 春秋社 2008.5 ISBN:978-4-393-13374-3

世界は「言語空間」である! ことばの分析を通じて世界を説明しようとする形而上学的実在論を展開するヴァイシェーシカ学派。原子論とカテゴリー論を特徴とするヴァイシェーシカ哲学の最良の綱要書を全訳解説した、本格的なインド哲学入門書です。































→他書店出版案内へ戻る

尾碕正善著
い山(いさん)唐代の禅僧 5
-い仰の教えとは何か-

B6 278頁 本体2,600円 臨川書店 2007.9 ISBN:978-4-653-03995-2

初めて漢訳された経典とされる『四十二章経』、釈尊最後の説法『仏遺教経』と共に「仏祖三経」の一つとされてきた珠玉の一篇である。































→他書店出版案内へ戻る

永井政之著
雲門(うんもん)唐代の禅僧 11
-立て前と本音のはざまに生きる-

B5 282頁 本体2,800円 臨川書店 2008.5 ISBN:978-4-653-04001-9

雲門の禅風は機峰の鋭い精妙孤高とされ、一代の語録『雲門広録』三巻の中に見ることができる。雲門の教示や機関としては「一字関」「日々これ好日」「花薬欄」「修行の三病」等が名高い。































→他書店出版案内へ戻る

デイビッド・ミチー著・岩田斎肇訳
気づきの旅
-現代人を幸せに導く、チベット仏教の教え-

B6 360頁 本体2,800円 サンガ 2008.5 ISBN:978-4-901679-75-6

豪州のベストセラー作家ミチーによる現代人に送る自伝的・実践的チベット仏教入門書。フランスにおける事例から私たちは気高い存在へと進化する、素晴らしい機会を得ています。そして、おそらく私たちはその恵まれた条件のもとで、いくつもの命を生きてきたのです。ダライ・ラマ(本文より)。































→他書店出版案内へ戻る

アルボムッレ・スマナサーラ著
自立への道
(お釈迦さまが教えたこと 6)

A5 202頁 本体1,429円 サンガ 2008.5 ISBN:978-4-901679-76-3

人類はみな、人に、社会に、地球に依存するパラサイトです。俗世間が求める自由も「依存」にほかなりません。現代の社会は、一方的に依存する個人や組織をつくり出し、みずからの拠って立つ基盤をつき崩しています。いま求められるのは、依存症を克服し、完全な自由を得た「孤独」の人です。破るべきは人間の心に潜む「エゴ」であり、孤独の達成こそが、人生の到達点なのです。依存から真の自立を達成し、孤独を生きたブッダによる現代日本社会への警告の書!































→他書店出版案内へ戻る

伊藤千賀子著
仏教説話の展開と変容

B6 314頁 本体4,800円 ノンブル社 2008.3 ISBN:978-4-903470-30-6

 































→他書店出版案内へ戻る

清水眞澄著
音声表現思想史の基礎的研究
-信仰・学問・支配構造の連関-

A5 446頁 本体8,500円 三弥井書店 2007.12 ISBN:978-4-8382-3164-5

読経僧(経を読む僧)などをはじめとした、日本の古代から中世における読むことを専門とした人々の音声による表現、思想、歴史を探求した本邦初の書。































→他書店出版案内へ戻る

西田かほる・高埜利彦・青柳周一編
地域のひろがりと宗教

A5 352頁 本体12,000円 吉川弘文館 2008.5 ISBN:978-4-642-03429-6

地域に視座を置きながら、近世社会における宗教および宗教者をめぐる諸問題を追究した論考11編を収録。宗教者の多様な活動や寺社の名所化を明らかにするとともに、地域社会史や出版文化史・絵画史料研究へも資する。(全3巻)































→他書店出版案内へ戻る

奈良文化財研究所編
薬師寺所蔵 黒草紙・新黒双紙 影印・翻刻
(南都史料叢書 第1冊)

A5 278頁 本体10,000円 法蔵館 2008.5 ISBN:978-4-8318-7574-7

中世薬師寺の組織や行事の全貌を知る唯一の史料「黒草紙」と、その続編にあたる近世の薬師寺史料「新黒双紙」の、初の影印刊行。奈良の寺社史料を公刊する待望の叢書創刊。































→他書店出版案内へ戻る

鍛代敏雄著
戦国期の石清水と本願寺
-都市と交通の視座-

A5 290頁 本体4,300円 法蔵館 2008.5 ISBN:978-4-8318-7560-0

京都と大坂を結ぶ交通の要衝淀川流域に位置した、権門寺社の石清水八幡宮寺と真宗教団の本願寺。幕府―守護の政治体制が及ばない「宗教領主」としての実態を、都市自治や物流、交通などの視点から考察し、地域的特質を明らかにする。































→他書店出版案内へ戻る

林雅彦編
「生と死」の東西文化
(明治大学人文科学研究所叢書)

A5 460頁 本体9,333円 方丈堂出版 2008.3 ISBN:978-4-89480-054-0

 































→他書店出版案内へ戻る

玄侑宗久・太田保世・荒了寛著
般若心経で救われるか
-空の読み方、生き方-

B6 232頁 本体1,500円 里文出版 2008.5 ISBN:978-4-89806-294-4

いかに人間らしく生き、やすらぎを得られるか。その智慧と実践について、『般若心経』が語りかけているものは。  玄侑宗久(作家・臨済宗妙心寺派福聚寺住職)・太田保世(医師・太田綜合病院理事長)・荒 了寛(僧侶・天台宗米国ハワイ開教総長)。































→他書店出版案内へ戻る

菅原信海著
日本人と神たち仏たち 新装版

B6 230頁 本体1,905円 春秋社 2008.5 ISBN:978-4-393-13544-0

神道と仏教の交流を歴史的にひもときながら、われわれ日本人の宗教観や日本文化のこころをやさしく説き明かす。































→他書店出版案内へ戻る

宮元啓一著
インド哲学の教室
-哲学することの試み-

B6 192頁 本体2,200円 春秋社 2008.6 ISBN:978-4-393-13375-0

シリーズの完結編です。このシリーズは第一巻が概説書、第二巻〜第四巻が原典購読でしたが、この巻は、授業を再現する形式を用いつつ、インド哲学の根底に流れる主要な問題を取り上げ、思索を深めていくユニークな形をとっています。今までの四冊で扱われたテーマを現代の問題に引き寄せて考える際のヒントを提供してくれます。































→他書店出版案内へ戻る

白鳳研究会編
薬師寺白鳳伽藍の謎を解く

B6 426頁 本体2,800円 冨山房インターナショナル 2008.5 ISBN:978-4-902385-58-8

 































→他書店出版案内へ戻る

片山一良著
ブッダのことば パーリ仏典入門

B6 420頁 本体3,100円 大法輪閣 2008.6 ISBN:978-4-8046-1271-3

スリランカや東南アジアに伝えられた〈パーリ仏典〉は、歴史上のブッダ・釈尊のことばに最も近いとされる最古の経典集です。本書は、そこに収められた〈法〉=経典と〈律〉=戒律からなるブッダのことばの全体を1冊で展望する、初めての解説書です。































→他書店出版案内へ戻る

東京大学仏教青年会編
仏教聖典 -机上版-

A5 766頁 本体7,600円 三省堂 2008.6 ISBN:978-4-385-30149-5

インド・中国・日本の仏教の真髄を編纂、学術的に公平な立場から重要箇所を抜粋収録。すべてに読み仮名付き。冒頭に、読誦用聖典を記載。在家仏教信者、仏教学徒の座右に必携の書。従来のA6判をA5判に復刻拡大し、仏典の解題を新設。文字が大きく見やすい机上版。































→他書店出版案内へ戻る

田上太秀・石井修道編著
禅の思想辞典

A5 590頁 本体12,000円 東京書籍 2008.6 ISBN:978-4-487-73334-7

禅の思想に関わる約2000項目をたてて解説。総説では、禅思想の歴史や地域的特性が概観できるよう、「インドの禅」「チベットの禅」「中国の禅」「朝鮮の禅」「日本の禅」「近・現代の禅」の章をたてて、禅思想の流れを概説。































→他書店出版案内へ戻る

松本照敬訓下・加注
浄厳 不動忿怒瑜伽要鈔 -訓下・加注-

A5 710頁 本体10,000円 新勝寺 2008.4

 































→他書店出版案内へ戻る

西海賢二著
念仏行者と地域社会
-民衆のなかの徳本上人-

A5 194頁 本体2,800円 大河書房 2008.5 ISBN:978-4-902417-18-0

 































→他書店出版案内へ戻る

早島有毅編
親鸞門流の世界
-絵画と文献からの再検討-

A5 362頁 本体7,500円 法蔵館 2008.5 ISBN:978-4-8318-7561-7

親鸞とその門流、および周辺の諸課題について、絵画・文献史料を問い直し、実像に迫る。精鋭11名の執筆者による書き下ろし。執筆=平雅行・今堀太逸・青木馨・吉田一彦ほか。































→他書店出版案内へ戻る

野口善敬編著
開甘露門の世界
-お盆と彼岸の供養-

A5 280頁 本体3,200円 禅文化研究所 2008.5 ISBN:978-4-88182-231-9

 































→他書店出版案内へ戻る

雲井昭善著
新版 パーリ語佛教辞典

A5 1050頁 本体20,000円 山喜房佛書林 2008.7 ISBN:978-4-7963-0890-8