他書店出版物書誌情報
→TOPへ戻る






























→他書店出版案内へ戻る

法華宗全書編纂局編
法華宗全書 日忠1

菊版 890頁 本体18,000円 東方出版 2008.6 ISBN:978-4-86249-123-7

 

































→他書店出版案内へ戻る

五来重著
五来重著作集 3巻
-日本人の死生観と葬墓史-

A5 192頁 本体8,500円 法蔵館 2008.2 ISBN:978-4-8318-3409-6

霊魂の実在と不滅を信じて暮らしてきた庶民の霊魂観、他界観、葬法、葬儀、葬具、両墓制、先祖供養観などを考古・文献・民俗の諸史資料を縦横に駆使して詳細に解明する。

































→他書店出版案内へ戻る

五来重著
五来重著作集 4巻
-寺社縁起と伝承文化-

A5 444頁 本体8,500円 法蔵館 2008.4 ISBN:978-4-8318-3410-2

わが国には王朝文学とは相容れない庶民信仰が生んだもう一つの大きな流れの文学があったことを、宗教民俗学の立場から提唱し、国文学会に大きな刺激を与えた諸論考を収載。

































→他書店出版案内へ戻る

五来重著
五来重著作集 5巻
-修験道の修行と宗教民俗-

A5 502頁 本体8,500円 法蔵館 2008.4 ISBN:978-4-8318-3411-9

日本宗教民俗学の全体的展開の原点を修験道に求める、著者晩年の修験道研究を代表する連載「修験道の諸相」(雑誌『アーガマ』)の抄録を中心にまとめた体験的修験道を研究。

































→他書店出版案内へ戻る

井上智勝・高埜利彦編
国家権力と宗教
(近世の宗教と社会 第2巻)(全3巻)

A5 322頁 本体11,000円 吉川弘文館 2008.7 ISBN:978-4-642-03430-2

地域に視座を置きながら、近世社会における宗教および宗教者をめぐる諸問題を追究した論考11編を収録。宗教者の多様な活動や寺社の名所化を明らかにするとともに、地域社会史や出版文化史・絵画史料研究へも資する。

































→他書店出版案内へ戻る

松本丘著
垂加神道の人々と日本書紀

A5 304頁 本体4,400円 弘文堂 2008.7 ISBN:978-4-335-16052-3

江戸時代初期に山崎闇斎が唱道した垂加神道は、朱子の原典から宇宙唯一の理を説いた儒教的神道。その理はわが国では何にあたるかを問うた闇斎は、それを『日本書紀』神代巻の神々に求めた。これまで触れられることの少なかった闇斎直門の諸学者の事蹟、そして朝廷との関係、神社を中心とする地方への展開等を軸として闇斎歿後の垂加神道の流れを丹念に跡付け、垂加神道と日本書紀の関係の全貌を明らかにした力作。

































→他書店出版案内へ戻る

延塚知道著
浄土論註の思想究明
-親鸞の視点から-

A5 256頁 本体4,000円 文栄堂 2008.5 ISBN:978-4-89243-703-8

天親の大乗菩薩道から曇鸞の一乗の仏道へ、さらに親鸞の大般涅槃道へ―三師の仏道観の違いにより、廻向の意味は異なる。親鸞の視点で『論註』を読み解く。

































→他書店出版案内へ戻る

鍋島直樹・井上善幸・M.エッケル編
仏教と生命倫理の架け橋
(人間・科学・宗教ORC研究叢書 7)

A5 246頁 本体3,600円 法蔵館 2008.7 ISBN:978-4-8318-2433-2

新しい生命操作が可能となった今、かけがえのない命を守るために進むべき方向を、仏教の縁起、智慧、慈悲の真理に照らし探究した書。親鸞の慈悲理解を通して人間愛の本質を考察。

































→他書店出版案内へ戻る

益田晴代著
ブッダの母、摩耶夫人
-愛で育む子育てのすすめ-

B6 190頁 本体1,400円 講談社 2008.6 ISBN:978-4-06-214702-6

「子育て」に、今こそ伝えたい愛の本音ブッダを育てた親子関係を最良のモデルとして、失われつつある「親子関係」を考える偉大な宗教者、ブッダ。その方を産み、そして育てた摩耶夫人姉妹はどのような人たちだったのか。「その子育てはどのようなものだったか」「子どもの心はどう育てたらいいのか」を考えるうち、いつしか摩耶夫人を捜し求める巡礼の旅となった。

































→他書店出版案内へ戻る

庄垣内正弘著
ウイグル文 アビダルマ論書の文献学的研究

B5 764頁 本体12,400円 松香堂 2008.2 ISBN:978-4-87974-611-5

「阿毘達磨倶舎論実義疏」を中心にウイグル文アビダルマ論書について考察。改訂を必要とする「実義疏」第一巻4585行分の新たな転写と和訳更に注釈を提出。巻末に掲げた語彙リストはウイグル語仏教術語辞典としても活用できる。

































→他書店出版案内へ戻る

谷山洋三編著
仏教とスピリチュアルケア

A5 168頁 本体2,500円 東方出版 2008.7 ISBN:978-4-86249-121-3

人間存在の深さや超越的なもののはたらきを通しての気づきを、仏教思想から考える。仏教者、実践者、研究者による領域を超えた論究。

































→他書店出版案内へ戻る

浅井成海・渡邊晃純監修
真宗聖語大辞典

B5 490頁 本体18,000円 四季社 2008.5 ISBN:978-4-88405-565-3

浄土真宗の聖典の中から重要な聖語を抽出。読み方、語義、参考収録文、解説、真宗聖典掲載ページを記載。

































→他書店出版案内へ戻る

武内孝善著
弘法大師 伝承と史実
-絵伝を読み解く-

A5 312頁 本体2,800円 朱鷺書房 2008.7 ISBN:978-4-88602-200-4

空海の生誕地は畿内!?数々の伝説に彩られた弘法大師空海の生涯。親王院本『高野大師行状図画』を中心とする絵伝を読み解きながら、歴史的真実と、伝承が語る豊潤な宗教的世界に迫る。

































→他書店出版案内へ戻る

洗建・田中滋編
国家と宗教 上巻
-宗教から見る近現代日本-

A5 498頁 本体3,500円 法蔵館 2008.7 ISBN:978-4-8318-8170-0

明治〜戦中にかけて、宗教が果たした役割を再検証。第一部 「国家神道」形成期の葛藤、第二部 国家総動員体制下の宗教。洗建、島薗進、末木文美士、大谷栄一 ほか。

































→他書店出版案内へ戻る

洗建・田中滋編
国家と宗教 下巻
-宗教から見る近現代日本-

A5 638頁 本体3,500円 法蔵館 2008.7 ISBN:978-4-8318-8171-7

明治〜戦中にかけて、宗教が果たした役割を再検証。   第一部 「国家神道」形成期の葛藤、   第二部 国家総動員体制下の宗教。         洗建、島薗進、末木文美士、大谷栄一 ほか。

































→他書店出版案内へ戻る

飛鳥寛栗編
日本仏教洋楽資料年表

B5 220頁 本体4,800円 法蔵館 2008.7 ISBN:978-4-8318-6215-0

140年間に亘る仏教音楽に関する資料を丹念に集めあげた編年表。仏教洋楽が史学・書誌学的に整理された仏教音楽研究の基礎資料となる1冊。60年に及ぶ研究の集大成。

































→他書店出版案内へ戻る

松尾宏剛次編
日本仏教綜合研究 第5号

A5 122頁 本体2,500円 日本仏教綜合研究学会 2008.5 ISSN:1348-4850

 

































→他書店出版案内へ戻る

大久保良俊編
日本仏教綜合研究 第6号

A5 108頁 本体2,500円 日本仏教綜合研究学会 2008.5 ISSN:1348-4850

 

































→他書店出版案内へ戻る

塚本啓祥・多田孝正・池田魯参監修
傍訳 法華三部経全書 第1巻
-開教〜序品-

A5 350頁 本体16,000円 四季社 2008.7 ISBN:987-4-88405-558-5

諸経の王と呼ばれる『法華経』。その『法華経』の開経に位置付けられる『無量義経』、結経とされる『観普賢菩薩行法経』と合わせ『法華三部経』として一体視される。この法華三部経を画期的傍訳方式で編集。全六巻となる全書の第一巻には開経『無量義経』と『法華経』序品を収録。

































→他書店出版案内へ戻る

山田史生著
傍訳 法華三部経全書 第2巻
-方便品〜信解品-

A5 362頁 本体16,000円 四季社 2008.8 ISBN:987-4-88405-559-2

諸経の王と呼ばれる『法華経』。その『法華経』の開経に位置付けられる『無量義経』、結経とされる『観普賢菩薩行法経』と合わせ『法華三部経』として一体視される。この法華三部経を画期的傍訳方式で編集。

































→他書店出版案内へ戻る

渡邉晃純・雪山俊隆・今西崇男監修
新訂 真宗勧簿募文例運営実践講座

B5 304頁 本体16,000円 四季社 2008.8 ISBN:987-4-88405-550-9

人々の幸せのためにある寺院活動を支え、永続性のあるものにするために、しっかりした寺院基盤づくりのための実践集。すぐに活用でき、寺院活性化を推進していくための新時代に即応する新版として刊行。

































→他書店出版案内へ戻る

A.ヴイディヤランカール・中島巌著
サンダハンの入門サンスクリット
第3刷

B5 420頁 本体8,000円 東方出版 2008.8 ISBN:987-4-88591-770-7

初心者向けサンスクリット語講座。**再版**

































→他書店出版案内へ戻る

梶山雄一著・御牧克己編
梶山雄一著作集 第4巻
-中観と空 T-

A5 348頁 本体9,500円 春秋社 2008.7 ISBN:987-4-393-11264-9

大乗仏教の中観思想と認識論・論理学を中心に幅広い分野で、仏教の文献学的・哲学的解明に多大の業績を残した一大碩学の全容を開示。**梶山仏教学の集大成・全八巻**

































→他書店出版案内へ戻る

樋泉克夫著
「死体」が語る中国文化
(新潮選書)

B6 206頁 本体1,000円 榕樹書林 2008.6 ISBN:987-4-10-603610-1

彼らはなぜ墓を暴いて遺体に鞭打つのか? 『史記』の昔から文化大革命に至るまで、中国史は戦争、動乱、圧政、災害などによる夥しい数の死体の上に築かれてきた。そんな歴史が漢民族に植え付けた「死」と「死体」に対する感覚は、日本人とはこんなにも違う。「あの世」から中国を分析する、刺激溢れる比較文化ルポ。