[ ホームページへ ]
健康のこと
看護婦からのメッセージ
登園できない病気とは
応急手当やケアのポイント


 
基本的な生活習慣を見直そう!


  1、早寝・早起きをする。  
  2、十分な睡眠をとる。  
  3、朝食はしっかりとる。  
 
 
 
活発な活動 
 
 
 
↓  ↑
朝食
脳への刺激
脳へのエネルギー源
 
 
早寝をして十分な
睡眠をとる
↓  ↑
 
 
↓  ↑
諸器官の活動開始 
 
 
早起きをして
ゆっくり食べる
 
 
排便 
 
 
 

 

 人間は、日中しっかりと体を動かすことによって、頭の働きが良くなり夜は熟睡することによって、大脳へ栄養を十分補給することができるのです。赤ちゃんがよく眠るのは、脳の成長に睡眠が非常に重要だからです。
  成長期の子どもの骨をのばし、筋肉をつける「成長ホルモン」も夜早く眠った深い眠りの中で最も良く分泌されます。
  早寝・早起きの習慣は、健康な体をつくるだけではなく、将来の健全な社会生活の基礎となります。昼夜のリズムの不調が不登校や自律神経失調症などにつながる可能性があると専門家は警告しています。


[ ページトップへ ] [ ホームページへ ]