ディスククリーンアップでファイルを削除し、ハードディスクの空きを増やす方法を記載
Windows高速化への道
MENU
TOP

Windows高速化

Windows コラム

Windowsカスタマイズ

IE カスタマイズ

パソコンの仕組み

Googleの仕組み

セキュリティ対策

パソコン豆知識

LINK
相互リンク

役立つリンク

掲示板
共有掲示板

ABOUT
当サイトについて

リンクについて

相互リンクについて

問い合わせ

更新履歴

サイトマップ

スポンサードリンク
Top > Windows高速化 > ディスククリーンアップを行なう English

ディスククリーンアップを行ないHDDの空き容量を増やす


ディスククリーンアップとは、ハードディスク内のいらないファイルを削除し、空き容量を増やすためのプログラムで、Windowsに標準的に付属しています。
Windowsを使用していると、アプリケーションにより作成される一時ファイルや、ブラウザにより保存されるホームページのキャッシュといった一時ファイルがユーザーに気づかれず保存されています。ディスククリーンアップを行なうと、これら削除しても問題のないファイルを安全に削除することが出来、ハードディスクの空き容量を増やすことが出来ます。

スポンサードリンク

以下の手順でディスククリーンアップを行ないます。
  1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[ディスク クリーンアップ]を起動します。クラシックメニューの場合は[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[ディスク クリーンアップ]を起動します。
  2. ディスククリーンアップを行なうディスクを選択し、[OK]を押します。
    ディスククリーンアップ ドライブの選択

  3. 削除対象にチェックを入れ、[OK]を押しディスククリーンアップを実行します。
    ディスククリーンアップ 選択画面
ディスククリーンアップの上記画面にて、チェックを入れる項目に関しては以下を参考にしてください。
チェック項目の多くは、パソコンを高速化するためのキャッシュファイルですので削除しても基本的に問題はありません。
ディスククリーンアップを行なった後は、デフラグで最適化することをお勧めします。ディスククリーンアップを行なったことにより、より効果的にデフラグが行なえます。

項目 削除して問題ないか 説明
ダウンロードされたプログラム ファイル 問題なし Webページを見た際に自動的にダウンロードされたプログラム(ActiveXコントロール、Javaアプレット)です。 C:\WINDOWS\Downloaded Program Filesに保存されます。次回以降アクセスした際、素早く表示するため保存されています。
削除した場合はWebページを表示した際に再度ダウンロードされますので、削除しても問題ありません。
Temporary Internet Files 高速回線を使用している場合は問題なし アクセスしたWebページの画像ファイルなどが保存されています。次回アクセスした際にこのキャッシュにより素早く表示されます。 C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Temporary Internet Filesに保存されます。
ADSLや光ファイバー等の高速回線を使用している場合は、表示速度にほとんど違いはありませんので削除して問題ありません。
オフライン Web ページ 問題なし Webページにアクセスした際ハードディスクにコピーされたWebページです。インターネットに接続出来ないオフラインの場合でもWebページを表示することが出来ます。
削除しても、同期をとれば再度Webページがコピーされます。
ごみ箱 ごみ箱の中身を確認後、削除する デスクトップにあるごみ箱にあるファイルです。通常ファイルを削除した場合、実際にはハードディスクからは削除されず、ごみ箱へ移動しています。ごみ箱は間違ってファイルを削除してしまった時のために用意されており、その場合に元に戻すことができます。
削除する場合は念のためごみ箱の中身を確認しましょう。
一時ファイル 問題なし Windows自体やアプリケーションが一時的に保存したファイルです。C:\WINDOWS\Tempと C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Tempに保存されます。
7日間以上使用されていないファイルが削除されます。削除しても問題はありません。
WebClient/Publisherの一時ファイル 問題なし

ディスク上でアクセスされたファイルのキャッシュを管理するWebClient/Publisherサービスが保管しているファイルです。ファイルの読み書きを高速化するために、Windowsが作成します。
削除しても問題はありません。

古いファイルの圧縮 時間が掛かっても良い場合に行う この項目のみ特殊です。一定期間(デフォルトでは50日間)アクセスしていないファイルを圧縮し、空き容量を増やします。ファイルの削除は行なわれません。
圧縮されたファイルは、解凍したのちアクセスするため多少アクセス時間が掛かります。
また、ディスク容量が大きいと圧縮作業に時間が掛かりますので、時間のある時に行なうほうがよいでしょう。
コンテンツインデックス作成ツールのカタログファイル 問題なし Windowsに付属するファイル検索により作成される、インデックスファイル、つまり索引情報です。
削除されるのは過去のインデックスファイルのため、削除しても問題ありません。

目次へ

TOP | Windows高速化 | Windows コラム | Windowsカスタマイズ
IE カスタマイズ | パソコンの仕組み | Googleの仕組み | パソコン豆知識
Windows高速化、デフラグで最適化、ディスククリーンナップ、レジストリ削除、拡張子表示、パソコンの仕組み等掲載 -Windows高速化への道-
当サイトはリンクフリーです。問い合わせは問い合わせをご覧ください。
Copyright(C) 2002-2013 koike All rights reserved.
Windows高速化への道 トップページ