仮想メモリの設定、XPの仮想メモリを最適な値に設定する方法を記載
Windows高速化への道
MENU
TOP

Windows高速化

Windows コラム

Windowsカスタマイズ

IE カスタマイズ

パソコンの仕組み

Googleの仕組み

セキュリティ対策

パソコン豆知識

LINK
相互リンク

役立つリンク

掲示板
共有掲示板

ABOUT
当サイトについて

リンクについて

相互リンクについて

問い合わせ

更新履歴

サイトマップ

スポンサードリンク

Top > Windows高速化 > 仮想メモリの設定

仮想メモリの設定

通常、アプリケーションの起動やファイルの読み込みの操作を行なうと、データはパソコンのハードディスクから物理メモリに読み込まれます。

スポンサードリンク

しかし物理メモリの容量には制限がありますので、容量が足りなくなるとWindowsはハードディスクを物理メモリの代わりに使います。
このハードディスクの領域を仮想メモリといいます。物理メモリと仮想メモリの合計値をメモリ領域として使用できるため、物理メモリ以上のデータの処理がパソコン上で可能となります。

通常この仮想メモリはCドライブに自動的に作成されるよう設定されています。
しかし仮想メモリ領域はWindows起動後は常に使用中の状態となるため、Windows付属のデフラグで最適化出来ません。このため仮想メモリ領域が断片化した場合、CドライブにはWindowsのシステムファイルがありますのでパフォーマンスに影響が出てしまいます。

そこで複数のドライブがある場合は、Cドライブ以外に仮想メモリを置き、CドライブにあるWindows本体の読み込みに影響が出ないようにします。

  1. [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[システム]を起動します。
  2. [詳細設定]タブのパフォーマンスの[設定]ボタンを押す。
  3. [詳細設定]タブの仮想メモリの[変更]ボタンを押す。
  4. Cドライブを選び、[ページングファイルなし]にチェックを入れ、[設定]ボタンを押す。
  5. Cドライブ以外のドライブを選び、[カスタムサイズ]にチェックを入れ、[すべてのドライブの総ベージングファイルサイズ]にある推奨の値を入れる。
  6. [設定]ボタンを押し、[OK]ボタンを押す。
仮想メモリ設定

使用するアプリケーションに応じ、仮想メモリ領域は初期サイズと最大サイズの間で可変します。そのため断片化が起こりやすくなります。この二つのサイズを同一サイズとしておくと、仮想メモリ領域の断片化は起こりにくくなります。

スポンサードリンク

TOP | Windows高速化 | Windows コラム | Windowsカスタマイズ
IE カスタマイズ | パソコンの仕組み | Googleの仕組み | パソコン豆知識
Windows高速化、デフラグで最適化、ディスククリーンナップ、レジストリ削除、拡張子表示、パソコンの仕組み等掲載 -Windows高速化への道-
当サイトはリンクフリーです。問い合わせは問い合わせをご覧ください。
Copyright(C) 2002-2013 koike All rights reserved.
Windows高速化への道 トップページ