レジストリのバックアップ方法、復元方法を記載
Windows高速化への道
MENU
TOP

Windows高速化

Windows コラム

Windowsカスタマイズ

IE カスタマイズ

パソコンの仕組み

Googleの仕組み

セキュリティ対策

パソコン豆知識

LINK
相互リンク

役立つリンク

掲示板
共有掲示板

ABOUT
当サイトについて

リンクについて

相互リンクについて

問い合わせ

更新履歴

サイトマップ

スポンサードリンク
Top > Windowsカスタマイズ > レジストリのバックアップ方法

レジストリのバックアップ方法,復元方法


レジストリとは、Windowsの各種設定情報を記録したファイルの事をいいます。

レジストリには、Windowsにインストールされているソフトウェア、使用しているハードウェア、Windows自体の設定情報が保存されています。

スポンサードリンク

そのため、レジストリの内容が破損した場合、そのレジストリ情報を使用したソフト、ハードが動作しなくなる場合があり、さらにはWindows自体が起動しなくなる場合もあります。
そのため、レジストリを操作する際にはバックアップをとり、万が一に備えておきましょう。

レジストリのバックアップ

レジストリエディタを使用しレジストリのバックアップファイルを作成します。
  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力し、「OK」を押します。レジストリエディタが起動します。
  3. 「マイコンピュータ」を選択します。
    レジストリエディタ

  4. 「ファイル」→「エクスポート」の順に選択します。
    レジストリエディタ エクスポート

  5. ダイアログが表示されますので、任意の名前をつけて保存します。

以上で、レジストリのバックアップファイルが作成されます。
上記方法はレジストリ全体の情報をバックアップします。レジストリの一部を保存したい場合は、手順の3にてバックアップしたいキーを選択します。
レジストリを編集後、問題が生じた場合は作成したバックアップファイルをダブルクリックすることにより、レジストリが編集前の状態に戻ります。

    レジストリエディタ バックアップファイル
バックアップファイルをダブルクリックし復元します。

Widowsが起動しなくなった場合のレジストリ復元方法

レジストリを編集し、Windowsが正常に起動しなくなった場合は上記手順で復元することが出来ません。
その場合は以下の手順でレジストリを復元します。
  1. コンピュータの電源を入れ、起動します。
  2. F8を押し続けます。
  3. 「Windows拡張オプションメニュー」が表示されます。矢印キーを使用して「前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)」を選択し、「Enter」を押します。

以上で編集したレジストリが元の状態へ復元されます。
この方法では、パソコンを前回シャットダウンしたときに保存された情報を使用し、レジストリが復元されます。


目次へ

TOP | Windows高速化 | Windows コラム | Windowsカスタマイズ
IE カスタマイズ | パソコンの仕組み | Googleの仕組み | パソコン豆知識
Windows高速化、デフラグで最適化、ディスククリーンナップ、レジストリ削除、拡張子表示、パソコンの仕組み等掲載 -Windows高速化への道-
当サイトはリンクフリーです。問い合わせは問い合わせをご覧ください。
Copyright(C) 2002-2013 koike All rights reserved.
Windows高速化への道 トップページ