タスクパネルの非表示方法を記載
Windows高速化への道
MENU
TOP

Windows高速化

Windows コラム

Windowsカスタマイズ

IE カスタマイズ

パソコンの仕組み

Googleの仕組み

セキュリティ対策

パソコン豆知識

LINK
相互リンク

役立つリンク

掲示板
共有掲示板

ABOUT
当サイトについて

リンクについて

相互リンクについて

問い合わせ

更新履歴

サイトマップ

スポンサードリンク
Top > Windowsカスタマイズ > タスクパネルの非表示

タスクパネルの非表示


WindowsXPでは、ウィンドウの左側にタスクパネルと呼ばれる欄があります。
選択したフォルダやファイルの種類に応じて、実行する可能性のあるタスクを表示してくれます。

スポンサードリンク

例えば「マイピクチャ」フォルダを開くと、タクスパネルには「スライドショーで表示する」「オンラインでプリントする」「画像を印刷する」「すべての項目をCDにコピー」と表示されます。

タスクパネル


これはWindowsXPからの機能で、使えるタスクもありますが、Windows98や2000を使っていた人にとってはなかなか慣れない機能ではないでしょうか。
タクスパネルを使わず、以前と同じような操作方法で使っている人が多いと思います。

そんな人はタクスパネルの部分がもったいありませんので、このタスクパネルをエクスプローラにしたり、表示しないようにしてみましょう。

タスクパネルをエクスプローラにする

エクスプローラ(explorer)はファイルを管理するためのソフトで、「探検家」という意味です。
パソコンの中のフォルダやファイルを探してくれる探検家というわけです。

エクスプローラの開き方は、「マイコンピュータ」を右クリック→「エクスプローラ」や、「スタート」を右クリック→「エクスプローラ」、またはキーボードの[Windows]+Eで開きます。
エクスプローラのショートカットの使い方はショートカットキーのページを参考にしてください。

ではタスクパネルにエクスプローラを表示させてみましょう。
  1. [マイコンピュータ]を開きウィンドウを表示します。
  2. [ツール]−[フォルダオプション]を開きます。
  3. [ファイルの種類]タブを選びます。
  4. [登録されているファイルの種類]の欄から[フォルダ]を選びます。
    タスクパネル フォルダオプション

  5. [詳細設定]ボタンを押します。
  6. [アクション]で[explore]を選択し、[規定に設定]ボタンを押し、[OK]を押してウィンドウを閉じます。
    タスクパネル ファイルの種類の編集
こうすると、任意のフォルダを開くとエクスプローラが開かれるようになります。
タクスパネルを表示するには、ツールバーの「フォルダ」ボタンを押すと戻ります。

タスクパネルを表示しない

タスクパネルもエクルプローラもいらない場合は、これらを表示しなくする設定も可能です。
タスクパネルの欄を表示しないことによってウィンドウを表示する時間が速くなります。

  1. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」を開きます。
  2. 「システム」をクリックし、「詳細設定」タブを選択します。
  3. 「パフォーマンス」の「設定」を押します。
  4. 「視覚効果」タブで、「カスタム」にチェックを入れ、「フォルダでよく使用するタスクを使用する」のチェックを外します。
    タスクパネル パフォーマンスオプション

  5. 「OK」ボタンを押し、ウィンドウを閉じます。

目次へ
TOP | Windows高速化 | Windows コラム | Windowsカスタマイズ
IE カスタマイズ | パソコンの仕組み | Googleの仕組み | パソコン豆知識
Windows高速化、デフラグで最適化、ディスククリーンナップ、レジストリ削除、拡張子表示、パソコンの仕組み等掲載 -Windows高速化への道-
当サイトはリンクフリーです。問い合わせは問い合わせをご覧ください。
Copyright(C) 2002-2013 koike All rights reserved.
Windows高速化への道 トップページ