サムネイルの画像サイズを変更する方法を記載
Windows高速化への道
MENU
TOP

Windows高速化

Windows コラム

Windowsカスタマイズ

IE カスタマイズ

パソコンの仕組み

Googleの仕組み

セキュリティ対策

パソコン豆知識

LINK
相互リンク

役立つリンク

掲示板
共有掲示板

ABOUT
当サイトについて

リンクについて

相互リンクについて

問い合わせ

更新履歴

サイトマップ

スポンサードリンク
Top > Windowsカスタマイズ > サムネイルの画像サイズを変更する

サムネイルの画像サイズを変更する


Windowsでは、フォルダのメニューより[表示]-[縮小版]を選択すると、画像をサムネイルで表示することが出来ます。
サムネイル表示

サムネイル(thumbnail)とは、 小さく縮小された画像のことをいいます。サムネイルで画像を表示すると、多くの画像を一覧表示し確認することが出来ますので便利です。
ただWindowsのフォルダを使用して画像をサムネイル表示する場合は、画像サイズは固定となっています。
そこでサムネイル表示された画像を大きなサイズ、小さなサイズで見る方法を紹介します。

サムネイルの画像サイズを変更する

サムネイルの画像サイズの変更は以下の方法で行います。

  1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行]を実行します。
  2. [名前]の欄に「regedit」と入力し、レジストリエディタを起動します。
  3. レジストリエディタよりHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorerキーを開きます。
  4. Explorerキーを右クリックし、「新規」-「DWORD値」を選びます。
  5. 作成された「新しい値 #1」を「ThumbnailSize」に変更します。
  6. 「ThumbnailSize」をダブルクリックし、「表記」で「10進」を選択し、「値のデータ」の箇所へ32から256の間の値を入力します。例として「160」を入れます。
    ThumbnailSize

  7. レジストリエディタを閉じます。
以上の方法で、サムネイルの画像サイズが変更されます。
「ThumbnailSize」へ入力する値の単位はPixelsで、初期値のサイズは「90」です。 「32」とすると、デスクトップのアイコンと同じサイズとなります。
画像サイズの変更が反映されない場合には、フォルダ内のファイル「Thumbs.db」を削除してみます。

サムネイルの画質を変更する

上記方法と同じ方法で、サムネイル表示された画像の画質を変更することも出来ます。
画像が数多くある場合、画質を低くした方が表示速度が速くなります。

  1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行]を実行します。
  2. [名前]の欄に「regedit」と入力し、レジストリエディタを起動します。
  3. レジストリエディタよりHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorerキーを開きます。
  4. Explorerキーを右クリックし、「新規」-「DWORD値」を選びます。
  5. 作成された「新しい値 #1」を「ThumbnailQuality」に変更します。
  6. 「ThumbnailQuality」をダブルクリックし、「表記」で「10進」を選択し、「値のデータ」の箇所へ50から100の間の値を入力します。
    thumbnailQuality

  7. レジストリエディタを閉じます。
以上の方法でサムネイルの画質が変更されます。
ThumbnailQualityの値の単位は%.、画質の初期値は「90」です。
サムネイルの画質の変更が反映されない場合には、フォルダ内のファイル「Thumbs.db」を削除してみます。

スポンサードリンク



目次へ

TOP | Windows高速化 | Windows コラム | Windowsカスタマイズ
IE カスタマイズ | パソコンの仕組み | Googleの仕組み | パソコン豆知識
Windows高速化、デフラグで最適化、ディスククリーンナップ、レジストリ削除、拡張子表示、パソコンの仕組み等掲載 -Windows高速化への道-
当サイトはリンクフリーです。問い合わせは問い合わせをご覧ください。
Copyright(C) 2002-2013 koike All rights reserved.
Windows高速化への道 トップページ