ニッコール 3.5cm F2.5 ( 外絞り ) - SP5 World -
INDEX



ニッコール 3.5cm F2.5



ニコンカメラ用の 35mm レンズは、明るさが、F3.5、 F2.5、F1.8 の3種類もあり、それぞれのレンズで、 各種各様の改良製品が発売され、バリエーションも豊富です。

この、ニッコール 3.5cm F2.5 は、それまでのレンズの改良版として、 当時は、一番明るい 35mm レンズとして発売されました。

その後も、何度も改良されており、この、35mm という画角が、 当時、ブームだったのかもしれません。




バリエーションとしては、クローム鏡筒のもので3種類、黒鏡筒の もので2種類、合わせて5種類のものがあります。
上の写真のレンズは、クローム鏡筒としては最後のもの ( Type3 )で、 レンズの台座の部分にもギザギザがついており、後の黒鏡筒のレンズ と共通のデザインとなっています。

この、「 台座の部分のギザギザ 」 ですが、これがあると、レンズを 装着するときに滑らなくて、迅速なレンズ交換が出来ます。
古い時代のレンズは、ツルツルで、その後順次、このギザギザが つけられていったのです。


写りの方は、3種類ある 3.5cm のニッコールレンズ ( F1.8 、F2.5 、F3.5 ) のうちで、この ニッコール 3.5cm F2.5 が、一番シャープだと思います。
柔らかい、優しい写真を撮るのであれば F1.8 レンズ、しっかりした 描写を望むのであれば F2.5 レンズがお勧めです。







★ 竹 富 島 紀 行 ★





石垣島から船で 10 分、竹富島にわたると、なんとも懐かしい 景色になります。竹富島は、伝統的建造物群保存地区として、 古い街並みが保存されているのです。

灰色の珊瑚の石垣と、白い砂を敷き詰めた道道 ・・・ モノトーンの世界に、木々の緑が重なっています。

奥のライトバンを視野に入れて構えていたら、四つ角から、 水牛車がヒョッコリ ・・・

ちょっと、不思議なワールドです。




















SP5 World ( Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses )

























.