ニッコール 50mm F1.4 オリンピック
INDEX



ニッコール 50 mm F1.4 ( オリンピック )



昭和30年代の終わり頃、それまでの ニッコール 5cm F1.4 に変わり、 新設計の ニッコール 50mm F1.4 レンズが登場した。 それが、このレンズであり、 今日、一般に オリンピック ( バージョン ) と 呼ばれている。

新しいレンズは、レンズ構成、レンズの大きさ、レンズの 外観の他、 その描写に至るまで、それまでの 5cm F1.4 レンズと 比べて、 大きく変化している。




写真の左側にあるのが、このレンズが載っている ニコンS3のカタログである。 このカタログは、今日、コレクターの間で ニコンS3オリンピック と呼ばれている、 昭和40年頃の再生産モデルのものである。

レンズ番号は分からないが、ちゃんと 「 f = 50mm 」 と 刻印されているのが 読みとれる。ボデーの方は、ニコンS3オリンピックの ものであろうと思われるが、 シリアルナンバーは、なんと、6312273 である。 今日、巷で見られる ニコンS3 オリンピックとは、異なるシリーズである。


写真の右にあるのは、この時代のものと思われるフードで ある。このフードは、 大変 ポピュラーなものであるが、刻印などに、数々の バリエーションがある。 写真のものは、 箱の表記が mm 表示になっており、 また、レンズの刻印は、 スラッシュになっているので、このフードのうちでは、 もっとも遅い時期に作られたものと思われる。







★ 作 例 ( 1 ) ★





その昔、地下鉄銀座駅の地下街には、小さな 旅行会社のブースがたくさん並んでいました。
時の流れとともに、そのブースは、チケット 扱い店や、携帯電話ショップに姿を変え、 天井の真っ赤な看板だけが、昔を伝えています。

カップルが話し込んでいるのは、週末の 旅先ではなく、これから見る映画のことでしょう。

オリンピック ニッコールを ニコンSPに付けて 撮影しました。 絞りは、一つ絞って F2 です。
このレンズ独特の、パリッとした仕上がりになっていると 思います。







★ 作 例 ( 2 ) ★





銀座の歩行者天国も、すっかりお馴染みになってしまった。 パラソルの下に座って、ゆっくりと過ごしている。
ITO - YA や 風月堂が 近くにあるのね、と、何気なく思う 日常の光景。

そう言う、気取らない歩行者天国が、また、良いと思う。


作例 ( 2 ) は、絞り F8 で撮っています。
絞っても そう硬くなるでもなく、それでいて、隅々まで、 しっかり写っている。 なるほど、良いレンズだと思う。




















SP5 World ( Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses )

06/3

























.