ニッコール 13.5cm F4 (ニコン用)(MIOJ)
INDEX



ニッコール 13.5cm F4(MIOJ)


ニッコールの、初期の望遠レンズです。
このレンズ、写真のように、 ニコン M に取り付けると・・・ものすごく重い。 ボデーも重いけど、レンズも 本当に 重くて どっしりとした造りに なっています・・・ボデーとレンズとで、確実に、1kgを超えています。

MIOJ 時代に、2種類のバリエーションがありますが、その重さは、 どちらも重い ! レンズでした。






レンズの先端についているのは、この時代のフィルターです。
かぶせ式のもので、枠の部分には、NIPPON KOGAKU TOKYO の刻印があります。

同じくかぶせ式のフードは、このフィルターのさらに先に かぶせて 使うようになっていました。

また、外付けのファインダーには、カメラボデーのファインダーを拡大する マグニファイアーがついていました。写真を見ると、ボデーの接眼部が 出っ張っているのが分かると思います。

ボデーのファインダーは、拡大されて距離合わせ専用となり、 外付けのファインダーで、撮影範囲を確定する、と言うことになります。




















SP5 World ( Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses )

























.