←HOMEに戻る ←BIOTOPEに戻る ←ブログへ   

アマガエルの観察

2010年
睡蓮鉢のメダカ飼育容器内に産みつけられた卵 
2010年5月26日
アマガエルの卵

2010年5月27日
アマガエルの卵

こののち孵化しましたが、同居の白メダカにすべて食べられてしまいました。
アマガエルの卵

メダカの稚魚育成用に用意した衣装ケース、プラケース、発泡スチロールケース内でもカエルの卵が孵っていました。
3つ合わせると50〜60匹ほどいました。
アマガエルの幼生

イチョウウキゴケの根を好んで食べ、すくすく育っていきました。(固形の「カメのえさ」も食べます)
アマガエルの幼生

後ろ脚が出ましたが、後ろ脚は全く使っていません。
アマガエルの幼生

後ろ脚が太くなってきました。前脚の出るところが膨らんでいます。
アマガエルの幼生

前脚が出ました。
アマガエルの幼生

カエルらしくなってきました。脚もしっかりしています。
アマガエルの上陸

上陸の瞬間です。
アマガエルの上陸

上陸してすぐは体表がぬるっとしています。
アマガエル

徐々に尾が短くなっていきます。
アマガエル

尾が短くなると水辺を離れ草むらに姿を消します。
前脚が出てから上陸して尾が短くなるまでは1〜2日です。
アマガエル

2009年
アマガエルのオタマジャクシ

アマガエルのオタマジャクシ
庭に置いてあったメダカの居る発泡スチロール容器にオタマジャクシがいました!!(2009年7月29日)

アマガエルのオタマジャクシ
発泡スチロールのオタマジャクシが少し大きくなりました(2009年7月31日)。
バケツで稲を育てている容器の中、石臼の中にもオタマジャクシがいました!。
アマガエルはひも状の卵ではなく、数個ずつばらで産むようです。

アマガエルのオタマジャクシ
幼鯉の餌を与えてみたら、食べました。(2009年8月3日)

アマガエルのオタマジャクシ
バケツ稲の中のオタマジャクシは順調に育っていきました。(2009年8月12日)
発泡スチロールのオタマジャクシはあまり大きくならず、日に日に数が減るので、蓮を植えている容器に数匹避難させました。

アマガエルのオタマジャクシ
後ろ脚が出ました。(2009年8月21日)

アマガエルのオタマジャクシ
前脚が出ました。(2009年8月24日)

       

アマガエルのオタマジャクシ
上陸しました。まだ長い尻尾がついています。脅かすと水の中に逃げます。(2009年8月25日)

アマガエルのオタマジャクシ
たった一日でずいぶん尻尾が短くなり、カエルらしくなりました。(2009年8月26日)

アマガエル
尻尾はほんのわずかになり、すっかりカエルらしくなりました。稲に登って虫をパクリ。脅かしても水に戻らず稲を登って逃げます。やがてバケツを離れ、庭の草むらに紛れ込みました。(2009年8月27日)


 BIOTOPEに戻る


クリックすると各ページに移動できます。
TOP  ご案内  GALLERY  ESSAY  DIARY  PROFILE