クロッカスの花の絵

クロッカス

紫色のクロッカスが咲きました。黄花、白花より1週間ほど遅れです。今咲いているのはギボウシの鉢の縁に植えたものと、地植えしたものです。ストロベリーポットにイチゴと一緒に植えこんだものはまだ咲きません。ええっと何色だったかな?
どこに何を植えたか、記録しておくと何かと便利なのですが、面倒くさがりゆえ、まあいいかと。肥料を施そうと掘ったら球根が埋まっていたりして、困ったこともよくあるのですが、すっかり忘れたころに花が咲いて、「あっ、そうそう、ここに植えたんだった、ごめんね、ほったらかしだったのに咲いてくれたんだ。よしよしかわいいなあ」という楽しみはなかなか捨てがたいものです。
クロッカスの球根は秋に植えつけます。球根を一つ植えたつもりでも、春には花が3つくらい立ちます。とても分球しやすい花だということです。小さな球根になっても花が咲きますし、極小の球根も1年養生すれば花が咲くかも。というわけで、クロッカスは花が終わっても球根を掘りあげないで、数年植えっぱなしにすることをおすすめいたします。
香辛料のサフランはクロッカスのめしべを乾燥させたものです。とはいえ、今咲いてるクロッカスのめしべではたぶん無理だと思います(試してみたい気もしますが)。サフランもクロッカスもクロッカス属の花で、一般にクロッカスといわれる花は春咲き種、サフランは秋に咲く種類、と言われています。GALLERY 次の花

植えっぱなしでいいのですが、夏のジメジメは苦手で、球根が腐ってしまうことがあります。日当たりがよく水はけのいい場所に植えましょう。あるいは、鉢に寄せ植えするのもいいかと。春の花後と冬に肥料を施し球根を充実させます。