スノーフレークの花

スノーフレーク(鈴蘭水仙)

英名のスノーフレークは直訳すると雪片でしょうか。私は和名のスズランスイセンというわかりやすい名が好きです。スズランのような花が咲くけれど葉っぱはスイセンのよう、このなんの技巧もない命名、実に清々しいではありませんか(笑)。
「これはスズランですか?」と尋ねられることがあります。おぼろげに花の形は知っていても植物の全体像にはあまり関心がいかない、というのはよくあることで、白くてかわいくて釣鐘みたいな花・・・これスズラン?という発想は当たり前かもしれません。「いいえ、これはスズランじゃなくてスノースレークって言うんですよ」と教えて差し上げるのは簡単ですが、そうするとその方は今度は「スノードロップ」と混同してしまうかもしれません。それよりも「花はスズランに似ていますが、どちらかといえばスイセンの仲間なんです。葉っぱがスイセンと同じでしょう。だからスズランスイセンっていう名前がついています。」このほうが説得力あるような気がするのですが、いかがでしょう。
白い花の縁にぽつんぽつんと緑のドットがあるのが、なんともかわいらしいです。しかし、花の風情を裏切るかのように、強健で手間のかからない球根植物です。増やしてご近所に差し上げると喜んでいただける花です。 GALLERY  次の花

日当たりと水を確保できれば勝手に増えます(たまには油粕などもします)。スイセンよりも日がげに強いような気がします。鉢植えの場合は球根がパンパンにならないうちに植え替えてください。スイセンと同じで葉っぱを切ってしまうと、翌年の花つきが悪くなるのでご注意を。