パーソナリティーズ

三峰探偵事務所
"カリスマ犯罪心理学者" 三峰雄児
三峰雄児 STYLE:Mistress●,Karisma,Fate◎   ID:B
HEIGHT:182 WEIGHT:95 AJ:56 JENDER:GUY
EYEZ:Blakk HAIR:White SKIN:Yellow
REAZON:5/12 PASSION:8/15 LIFE:3/8 MUNDANE:7/12

「大丈夫。ゆっくりと、思い出してくれればいいんだよ。」
 探偵事務所を営む犯罪心理学者。天然とも言えるほどの人の良さを誇る。元々は一部に有名な犯罪心理学者だったのだが、一度メディアに顔を出してしまったのが運の尽きなのか新たな時代の幕開けなのか。最近ではお茶の間の奥様方のアイドル的存在となっている。そんな彼もストリートに出れば一人のフェイト。近所に住む子供たちによって勝手に創設された『三峰少年探偵団(<※親衛隊>)』に頭を悩ませながらも、足を使った地道な捜査を続けている。
 パッと見人のいいおじさんだが、このニューロエイジにおいて驚くべきことにその笑顔に裏切られることはない。彼の人柄に救われ、勇気付けられた依頼人や犯罪者は数多い(<心理>+<※共感>)。  

ブラックハウンド機動捜査課
"シルバーバッヂ" キース・クライス
キース・クライス STYLE:Kabuto,Kabuto-Wari,Inu◎●   ID:C-
HEIGHT:192 WEIGHT:91 AJ:44 JENDER:GUY
EYEZ:Blown HAIR:Blown SKIN:White
REAZON:7/13 PASSION:2/11LIFE:7/12 MUNDANE:5/11

「それで、俺の愛はいつ受け取ってくれるんだ?」
 カウボーイハットに時代遅れのリボルバーと、時代錯誤も甚だしい保安官。かつては北米で己の正義を貫くべく奔走していたが、わけあってN◎VAへと移ることになった。N◎VAにおいて彼はブラックハウンド機動捜査課課長、千早冴子の正義観に痛く感銘を受け、彼女の元で己の正義を貫いている。女性を見れば口説いて回っているが、キースにとってはほんの社交辞令のつもりらしい。
 災厄前に作られた旧式リボルバー(R27+ワン・オブ・サウザンド相当)を好んで使う。彼の銃弾は主に人を守るために用いられ、銃弾すらも叩き落す(<射撃>+<白兵>+<※インターセプト>+<※ディフレクション>)。  

マリオネット社会部
"ガトリングスピーカー" 星野信号
星野信号 STYLE:Kabuki●,Manikin,Talkie◎   ID:B-
HEIGHT:164 WEIGHT:55 AJ:25 JENDER:GUY
EYEZ:? HAIR:Blown SKIN:Yellow
REAZON:3/11 PASSION:9/15 LIFE:5/12 MUNDANE:5/10

「おいーっス!俺シンゴ!趣味はダンディ体操!よろ!」
 マリオネット社会部に所属する、喋ることが3度の飯より好きなトーキー。手より先に口が出るタイプ。相手のリアクションをものともせずひたすらに喋り捲るガトリング・スピーカー。ただただやかましい男だが、不思議と憎めない魅力を持つ男。
 独自のセンスとその話術によって、相手のペースをかき乱し特ダネを仕入れてくることは稀ではない。しかし、彼にとっての特ダネ基準はそれが面白いか面白くないか、であり、また飴玉ひとつで他人(九条とか)についていってしまう軽すぎるその性格がマリオネットの利益になることは少なく、三田社長の胃の穴を拡げ続けている。
 壮絶なる<交渉>+<※早口>+<※インタビュー>+<※一期一会>で相手を自分のペースに乗せ、交渉相手から情報を引き出す。対人交渉による情報収集を得意としている反面、カット進行時における攻撃手段は基本的に持っていない。危険な状況はダチに頼る、もしくは<交渉>+<※早口>+<※チェシャ猫>でどさくさに紛れて帰ってしまうのが信号のやり方である。

千早重工査察部後方処理課第3班
"爆砕の" 冬積平八郎
冬積平八郎 STYLE:Kabuto●,Kugutsu◎,Chakra   ID:X
HEIGHT:189 WEIGHT:102 AJ:34 JENDER:GUY
EYEZ:Blue HAIR:Blown SKIN:Yellow
REAZON:8/14 PASSION:3/13 LIFE:9/15 MUNDANE:2/6

「俺ァ頭が悪いんでね。ブッ壊すことしかできねェのさ」
千早重工後方処理課第3班所属。”爆砕の”の通り名のとおり、右手に仕込んだ炸裂式義手(ブラストナックル)はいかなるものも粉砕する。
体は大きいが愛想は良く、家に帰れば妻子も居る。そんな彼もかつては孤独なストリートチルドレンとしてすさんだ少年時代を過ごしていた。ただ自分が生きるために他を破壊していた彼に、生きる目的と立場、幸福と名前を与えてくれたのが、千早重工だった。
与えられたものが、たとえ仮初のものであったとしても。今の彼の幸せが全て作り物だったとしても。彼にとってはそれこそが生まれてはじめて手に入れた幸せであり、生きる理由である。(偽造ID)

Soldier's Inc. 社長
"ソルジャーズ・インク" 行方明
行方明 STYLE:Arashi,Exek=Exek◎●   ID:A-
HEIGHT:167 WEIGHT:59 AJ:31 JENDER:JO=GUY
EYEZ:Green HAIR:Gold SKIN:White
REAZON:7/15 PASSION:2/9 LIFE:6/6 MUNDANE:10/15

「貴様等は兵であると同時に商品に過ぎん。勝手な行動は許さん。
  私が撃てといえば撃て、寝ろといえば寝よ、
   死ねといえば、喜んで死ね!」
 兵士を商品とする新鋭傭兵企業「Soldier's Inc.」の社長。若手ながらその類まれなる指揮能力と交渉能力、商売センスをフル活用し、戦場に更なる破壊と殺戮を供給する。
 どの企業・団体にも属さず、フリーランスの傭兵企業として活躍している。ひとつの仕事を請け負った後、その企業を贔屓にするでもなく、必ず支払われる金銭に応じて戦力を供給するというスタンスを取る。金銭を絶対の価値尺度とすることでどの企業とも程好く距離を取り、情報漏洩を徹底する(<※機密情報>)ことで、どの企業からも信頼される傭兵企業となることを可能とした。
 戦場においては自らもウォーカーを駆り、ターゲットを粉砕する。そう、自分自身が『商品』でもあるのだ。

フリーランス
"グリムリーパー" サガ
サガ STYLE:Kabuki◎,Basara,Kage●   ID:B-
HEIGHT:176 WEIGHT:69 AJ:27 JENDER:GUY
EYEZ:Blakk HAIR:Blakk SKIN:Yellow
REAZON:7/12 PASSION:5/15 LIFE:5/11 MUNDANE:5/10

「さぁ、笑ってください。どの道、同じ運命を辿るのですから・・・」
 シルクハットに黒スーツ。ストリート・パフォーマーであり暗殺者であるサガはとある大道芸人の家系に生まれた。幼少の頃から芸を仕込まれ、同時に殺しの技も仕込まれた。彼の家系は、大道芸人であると同時に、代々殺し屋を輩出する家系でもある。人が笑っているうちに殺す。これが、彼の家の裏の顔であり、彼のスタイルでもある。
 サガ自身、自らの仕事に特に疑問は抱いていないが、無駄な殺傷は基本的にはしない。無意識のうちに、どちらかといえば死顔よりも笑顔を求めているのかもしれない。
 主な特技は<芸術:手品>+<※マエストロ>+<※変化>で種も仕掛けもないシルクハットから瞬時に物を取り出す。取り出すものは主に手品用道具であり、カット進行時にはスティング・流星相当のジャグリングナイフやスイートパイン相当の風船爆弾といった物を用いる。これら物騒な手品道具には刃の引っ込むナイフやクラッカー仕込みの風船など、<※フェイク>が混じっている場合も少なくない。

河渡連合
"リバース・ハンド" 神取幸也
神取幸也 STYLE:Tatara●,Kage,Legger◎   ID:B-
HEIGHT:179 WEIGHT:72 AJ:38 JENDER:GUY
EYEZ:Blakk HAIR:Blakk SKIN:Yellow
REAZON:8/13 PASSION:3/12 LIFE:5/11 MUNDANE:5/12

「で?アンタは金が惜しいのか?命が惜しいのか?」
 河渡連合に所属するストリート・ドクター。神業的な医療の腕を持っているが、外部のものからは多額の医療費を請求し、日々ストリートに流す新種のドラッグを開発する、善意の医者とは思えぬその行動から「神の逆手(リバース・ハンド)」のハンドルで通っている。
 かつては新星帝都大学付属病院の一人の医者だったが、地位・名誉・上下関係に縛られた大学の医療の体制に嫌気がさしてストリートに出たところを河渡連合の専属医として拾われた経緯を持つ。他のレッガーの例に漏れず金に汚い男ではあるが、人の命を救う医療行為に関しては人一倍の情熱を傾けている。
 カット進行においては神業的なスピードで傷ついたものを治療し(<医療>+<※超スピード作業>+<※スーパードクター>)、メスに仕込んだ毒(流星+キルベアー相当)や神経毒(<白兵>+<製作:ドラッグ>+<※彫像>)で敵を封殺する。

フリーランス
パーン・ソニック
パーン・ソニック STYLE:Kabuto◎,Hilander,Neuro●   ID:B-
HEIGHT:187 WEIGHT:118 AJ:? JENDER:GUY
EYEZ:Blue HAIR:Silver SKIN:White
REAZON:7/14 PASSION:5/14 LIFE:3/7 MUNDANE:6/13

「まず生きようぜ。グダグダ悩むのはそれからじゃ遅いかい?」
 電脳剣ティルヴィングを駆るニューロなナイスGUY。トーキョーN◎VAやヨコハマLU$Tで最近名を上げているフリーランスのカブト。防衛プログラム搭載の電脳剣(ティルヴィング+カテナチオ)による防御に加え、周囲の電子機器に干渉し、セキュリティを掌握して依頼者を護衛する(<電脳>+<※フリップフロップ>+<※ポルターガイスト>)。
 その実態は全身義体に搭載されたAI(ニューロ●)である。イワサキによって開発された戦術兵器の試作機であり、仮の記憶・仮の経歴を与えられ、人格プログラムのテスト段階としてN◎VAの街に放たれた。本人はこの事実を知らず(ハイランダー)、ストリートでハッピーな生き様をさらしている。
 外見年齢は30前半。仮初の記憶を元に人生を語り、存在しえない未来を見据える。悲しいほどにフランクで前向きな男。

カーライル・シンジケート
"蛇の目" ダイス
ダイス STYLE:Kabuki●,Karisma,Legger◎   ID:C
HEIGHT:191 WEIGHT:72 AJ:25 JENDER:GUY
EYEZ:Blakk HAIR:Skin SKIN:White
REAZON:3/10 PASSION:8/14 LIFE:4/11 MUNDANE:6/13

「世の中はゼロサムゲームさ。
要するに、運のいい奴が生きて、運のネェ奴が死ぬってことだ。」
 長身・スキンヘッドに丸サングラスのトレーダーにしてギャンブラー。ありえないほどの幸運の持ち主。一見無謀に思えるような行動も、彼の凶悪な幸運を以ってすれば最適戦略となる。ハイリターンを求め続けるリスクドランカー。カーライル・シンジケート傘下の金融会社に所属しており、シンジケートの自主運用資産の運用を任されている。
 彼自身、自分の運の良さに絶対的な自信を持っており、どんな相手に対しても常に堂々と向き合う。強気過ぎる彼の行動が、運を呼び寄せるのかもしれない。

RANDOM WALKER TOP