加藤哲也建築設計事務所
       館山の家
       希望ヶ丘の家
       湯河原の家
       茂原の家
      綱島の家
       小田原の家
        HB HOUSE

風土に適した憶の建築をめざして!

暑くも寒くもない、過不足のない状態のときは、

なにも感じていないように感じる。

存在そのものが忘れ去られるような状態を「憶」と言う。

そんな状態に感覚のダイヤルが合うと、

環境と身体が一体となって、

なにも感じない状態に入り込む。

ここにダイヤルを合わせやすい空間をつくることができれば、

光熱費もエネルギー消費も、

そしてストレスも最小限で済む。

家と身体がひとつになる。そんな考えは理想だけれど、

感覚と設計を結びつければ、そこに近づくことはできる。

flyinghut

flying hut

 

カウンター

お問い合わせ
罫線

トップページへ戻る
罫線

7つのプロセス
予算配分参考資料
仕事の流れと設計料
罫線
 

iPhoneアプリ 日影定規
      日本語英語

 ブログ

線

オフタイム

罫線

 リンク

罫線

会社情報
罫線

 

 

仕事の流れと設計料 MyHome+ホームページへ OFF TIME リンク 綱島の家 館山の家 希望ヶ丘の家 湯河原の家 茂原の家 小田原の家 HB HOUSE オフタイム 7つのプロセス 予算配分参考資料 仕事の流れと設計料 リンク トップページへ戻る お問い合わせ 英語 日影定規ページへ KLASICサイトへ KLASICに掲載されました KLASICに掲載されました