「泥酔」と「トラ」の由来

ひどく酔っ払った状態をなぜ「泥酔」と言うのかご存知ですか?「泥」とは、南の海に住んでいる空想上の虫の名前で、水の中では生き生きとしていますが、水がなくなると酔ったようにフニャフニャになって泥のように積み重なるそうです。その様子が酔いつぶれた人の姿に似ているので「泥酔」という言葉になったそうです。つまり、「泥(という虫)のように酔う」と言う意味です。…ちなみに、酔っ払いをよく「トラ」と言いますが、これは、酒を「ささ」と言うところから来た洒落です。つまり、ささ(笹)にはトラ(虎)がつきものなので、酔っ払いを「トラ」と言う訳です。

ところで、適度な飲酒(適正飲酒)の量は、個人差もありますが、一般的には、一日に日本酒で1〜2合、ビール大瓶で1〜2本、ウイスキーダブルで1〜2杯という程度ではないかと言われています。適量を超えて「泥」さんや「トラ」さんにならないように御用心を。

戻る Welcome! etu Homepageこのページのアニメは、こちらからお借りしました楽しいアニメがたくさんあります