咬み合わせと矯正治療アニメーション


 私たちはわかりやすいということ、楽しいということを大切にしています。
咬み合わせや矯正治療に関しては、それらを説明したいろいろな本やビデオもありますが、あまり面白くない
もの、わかりにくいものも少なくありません。
このアニメーションは、私たち吉野矯正歯科スタッフが声優として録音することをはじめ、編集、作画、動画
すべて作成したものです。
皆さんが楽しんで歯の健康や矯正治療のことを考えていただければとてもうれしく思います。
(内容は少しずつ追加していきます)
※スマホやIpadで見る場合はYoutubeでどうぞ!(←押してください)

オープニング(ごあいさつ代わりに)
歯の種類を覚えよう!
切歯と犬歯と臼歯があるところ
乳歯の生え方と正常な咬み合わせ
乳歯の生え方と最初の生えかわり
乳歯と永久歯は骨の中でどうなっているでしょうか?
切歯の後は犬歯と小臼歯が生えかわります
永久歯の役割:切歯の役割
永久歯の役割:犬歯の役割
永久歯の役割:臼歯の役割
直接歯を支える骨は歯槽骨です
歯と歯の周りの骨を横から見てみましょう!
顎の運動のスタート地点の話:中心位と中心咬合位
乳歯のころからみられる不正咬合1
乳歯のころからみられる不正咬合2
不正咬合は何がおかしいのでしょう?
骨の形を変えるもの:筋肉や重力の力
反対咬合:咬み合わせが反対です
上顎前突:上の歯が前に出ています
開咬:前歯で噛めません
叢生:歯を支える骨が狭いと並びません!
上下顎前突:上下の前歯が前に出て口が閉じにくい
顎変位:顔や顎が曲がります
母乳と人工乳のお乳の食べ方の違い
哺乳瓶ばかりで下手になる食べ方
流し食べでは顎は育ちません!
舌と唇が咬み合わせを支えます
不正咬合のサイン:普段口が開きっぱなし
不正咬合のサイン:顔にひどくしまりがない
不正咬合のサイン:下唇が巻き込まれている
不正咬合のサイン:片側でしか噛まない
不正咬合のサイン:下顎を前に突き出している
不正咬合のサイン:普段食べるのが早すぎる
咬み合わせは口の中の靴です。
咬み合わせが良いことの利点:食べやすい
咬み合わせが良いことの利点:歯が長持ちする
臼歯を守る犬歯と前歯:アンテリオールガイダンス
咬み合わせが良いことの利点:顎の運動がスムーズ
咬み合わせが良いことの利点:自浄作用
咬み合わせが良いことの利点:外資系企業の就職
早く治療を初めたほうが良い臼歯の交叉咬合
早く治療を初めたほうが良い開咬
早く治療を初めたほうが良い上顎前突
この咬み合わせはこれから良くなるの?悪くなるの?
子どもの矯正治療の目的
大人の矯正治療の目的
矯正装置の例
矯正治療の最初:初診から治療開始まで(おわりです)


目次へ戻る