お伝えしたいこと


これからの矯正歯科医にとって、自分の医院のホームページを作ることは、義務のように感じます」

 当時お世話になった、新潟大学歯学部矯正学教室の主任教授に、最初に医院のホームページを作るにあたって、アドバイスとしていただいた言葉です。

 当時は、なぜ矯正歯科医にとって、ホームページを作ることが義務になるのか、その意味が、わかりませんでした。しかし、今はなぜ教授がそう言われたのかが、わかる気がします。

 「矯正歯科医は治療内容がそれぞれ、少し、場合によっては全く違う」

と言うことが、開業し、他大学のいろいろな矯正歯科医の先生方の話を聞くにつけ、少しずつ解ってきたからです。まさに、玉石混交の仕事の世界にいる、というのが私の今の実感です。

 「患者さんたちは、矯正歯科と言えば皆同じと考えている。しかし、実際には、とても違いがある。だから、矯正治療について、迷っている患者さんが後を絶たない。自分の矯正治療が正しいなどと、おこがましいことは言わないまでも、少なくとも、自分が矯正治療を何のために行っているのか、患者さん何を考えて欲しいのか、自分がどんな背景のもとで矯正治療を行っているのかを、まずはできるだけ知っておいてもらわなければ、不正咬合の予防も矯正治療も、ひいては患者さんの健康に対する意識も、先に進まない」

と、強く感じるようになりました。

 このホームページは、矯正歯科とはどういうものかと言った、一般論的な情報をあまり提示していないかもしれません。あくまで、私たちがどんな考えで矯正治療を行っているかを詳しく知っていただき、その上で、もしも考え方が合うならば、ぜひ一緒にかみ合わせを通じて、人の健康は何かを考えていただきたいと考え、作成しています。

私たちが矯正歯科治療を通じて、健康をどう考え、患者さんに理解していただこうと考えているかが理解していただければ幸いです。




目次へ戻る