2005年4月4日(月)7:00開演


大阪、いずみホールでバッシッシモのデビュー30周年記念リサイタルを開催致しました。
前日までの雨もすっきり晴れ上がり600名強のお客様にお越し頂き暖かな雰囲気の中

素晴らしい共演者の方々の優しい心遣い溢れる演奏に助けられて実に心地良く弾き終えることが出来ました。

メロディー楽器としてのコントラバスの美しさや低音ビートメーカーとしてのバスの力強さ
そして全ての楽器を包み込む豊かな響き。
それら全ての「バスらしさ」を3本のコントラバスを弾き分けて
一つの演奏会で楽しんで頂くというコンセプト "MOLTO BASSISSIMO"

サイズや個性の違う楽器を弾き分けるのは大変でしたが
コントラバスが奏でる様々な音楽を堪能頂けたことと思います。



[PROGRAM]
*A.Hoffmeister: Quartett for Solo Double bass, Violin, Viola &Violoncello Nr.2 D-Dur(演奏時間 約18分)
*G.Rossini: Duo for Violoncello & Double bass  D-Dur(約17分)  
------ Intermission -------
*E.Tabakov: Motivy for Solo Double bass (約4分)
*S.Koussevitzky: Chanson Triste(約5分)
*G.Tibor: Introduction , Tema and Variations(約13分)
*G.Bottesini: Grand Duo Concertante for Violin & Double bass and piano(約18分)
--Encore--
*F.Schubert: Piano Quintett"Trout" 4th Movement
*G.Bottesini: Elegy in D

*Kontrabass 奥田一夫
*Piano 児嶋一江
*Violin 玉井菜採
*Viola 竹内晴夫
*Violoncello 向山佳絵子


Hoffmeister: SoloKontrabass Quartett Nr.2
ソロ調弦のM.Bergonziで弾きました。
やはり現代の4度調弦で3度4度混合調弦の響きを再現するのは至難です。

QuickTimeを使えばMP3ファイルで一部演奏をお聴き頂けます。
Hoffmeister第一楽章(4.4M)




Rossini: Duo
オーケストラ調弦のD.Busanで弾きました。
Bergonziに比べると野太い音が特徴です。


Rossini第三楽章(3.1M Mp3ファイル)
休憩の後は無伴奏の現代曲
ブルガリアの有名な指揮者でコントラバス奏者のタバコフの「モティヴィ」
Kousevitzyky:Chanson Tristeからは
Pianoの児嶋さんの伴奏が加わりました。

Chanson Triste後半部分(1.5M)

玉井さんが再び登場 Grand Duoです。
冒頭のヴァイオリン独奏からあまりの美しさに聞き惚れてしまいました。
バッシッシモも負けずに入魂の独奏で応え
楽しいやり取りのボッテシーニを楽しめました。

Grand Duo Concertante後半部分(2.8M)
会場は素晴らしい音響のいずみホール
玉井さんのストラドヴァリウスや向山さんのゴフリラーの音が
美しく響き渡りました。
アンコールにはBussettoを持って登場。
「今日の
出演者全員で演奏できる名曲はさて何でしょう?」とクイズにして
お客様にお答え頂きシューベルトの「鱒」第四楽章を演奏
ブゼットの豊かで伸びのある極上の低音を聴いて頂きました。

一般のお客様にはバスオリジナル曲ばかりの今回のプログラムの中には
既知の曲がなかった事でしょうから最後に耳に馴染みのあるメロディーを
名手達の名器による独奏で各バリエーションを存分に楽しんで頂きました。




そうしてBussettoをステージに置いたまま
最後に再度Bergonziが登場。  

ボッテシーニのエレジーを静かに熱く演奏しました。

Bottesini:Elegy in Re(4.4M)
出演者全員でカーテンコール

陶芸家横尾和晃さんから頂いたイラスト

↑イラストをクリックするとオリジナルサイズでご覧頂けます。




お陰様でバッシッシモのデビュー30周年記念リサイタル、無事終えることが出来ました。
ありがとうございました。

リハーサル風景をこちらでご覧頂けます。

またこちらのプログラムの画像をクリックして頂くと
当日のプログラムを全ページPDFファイルでご覧頂けます。
今回使用した楽器にまつわるエピソードや
協演者への楽器インタビューも掲載されています。
(PDF.file 9MB.)


リサイタル前後に新聞・専門誌等各紙に
掲載された関連記事・批評はこちらです。


戻る時はウィンドーを閉じてください