[想い出の写真]

家族全員でのアンサンブル(ROSSINI;SONATA NR.3)初舞台直後


1996.4.14(日)和泉市の弥生博物館でのロビーコンサート
家族全員によるアンサンブル・デビューの時の演奏直後の舞台裏スナップです。
ROSSINIのヴァイオリン2本とチェロとバスの為のオリジナル作品:弦楽のためのソナタ第3番。私たちに打ってつけの編成です。お客様は百二・三十人 というアットホームな雰囲気でしたが、我々は全員本当に緊張してしまいました。特になな子はチェロに変わってから日が浅く終わってからの写真(上)でも一人恐 い顔をしています。



私たち家族全員によるブログを開設しました。!





◇奥田 章子: プロフィール

相愛高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業。 全日本学生音楽コンクール高校の部,西日本第1位。
ドイツ・ビュルツブルグ音楽大学卒。 ビュルツブルグ・カンマーオーケストラ、ソウル・シンフォニエッタ等とソリストとして協演。
ヴァイオリンを、故東儀祐二、小栗まち絵、徳永二男、故斉藤秀雄、故鷲見三郎、K.フォン・デア・ゴルツの諸氏に師事。1983年アンサンブル・クヴェレ 結成。
現在大阪府立夕陽丘高校音楽科・相愛音楽教室両講師を勤めるかたわら後進の指導にあたっている。









◇奥田 もも子: プロフィール

4歳より母・章子の手ほどきでヴァイオリンを始める。
1988年京都・青山バロックザールにて催された子供のためのヴァイオリンコ
ンクール第一回において金賞及び奨励賞受賞。
1933年第47回全日本学生音楽コンクール小学校の部大阪大会入選。
1998 年第8回日本クラシック音楽コンクール全国大会高校の部入選。
相愛高校音楽科卒業。ヴァイオリンを松本光世、小栗まち絵、J.N.モラール氏ら
に師事。他クシシュトフ・ヤコビッチ、オリヴィエ・シャルリエ、澤和樹氏ら のレッスンも受ける。
相愛高校音楽科卒業後、フランス国立マルセル・デュプレ音楽院へ留学、ヴァイオリンを研鑽。
2001年帰国、2002年立命館大学国際関係学部入学。
2003年フランス国立トゥールーズ・ミライユ大学に正規交換留学生として一年派遣。
2004年帰国再び立命館大学国際関係学部に学び 2006年同大学卒業。
2006年4月より東京藝術大学大学院音楽研究科に応用音楽学を学び2008年修了。
その間文化政策やアートマネジメントを学ぶ一方、音楽セミナーやコンサートの運営等に携わる。






◇奥田 なな子: プロフィール

4歳より母の手ほどきでヴァイオリンを始める。第6回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞及び奨励賞受賞。10歳よりチェロを始める。
第10回札幌ジュニアチェロコンクール特別奨励賞。日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会入選。第1回泉の森ジュニアチェロコンクール高校の部銅賞。長野国際音楽祭、草津国際音楽アカデミー、クールシュベール夏期音楽セミナーにてクリストフ・ヘンケル氏のチェロマスタークラスを受講。
ドイツ全国室内楽コンクール(カルテット部門)に入選。ドイツ各地にてカルテットのリサイタルを開催。これまでにヤーノシュ・シュタルケル、ヴォルフガング・ベッチャー、ダヴィド・ゲリンガス、マーティン・レーア、コーリン・カー各氏のチェロマスタークラス、ハンス・クリスチャン・シュヴァイカーの室内楽マスタークラスをカルテットで受講。2004年、フライブルクにてソロリサイタル。2006年カールフレッシュアカデミーにてバーデンバーデン・フィルハーモニー交響楽団と協演。これまでにチェロを望月稔子、林裕、松波恵子、向山佳絵子、河野文昭、クリストフ・ヘンケル、M.二コシュ、W.ベッチャー諸氏に師事。
2003年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を卒業。2003〜2005年、文化庁芸術家在外研修員としてフライブルク音楽大学で学ぶ。
2006年よりロームミュージックファンデーションの奨学金を得て2007年ベルリン芸術大学へ移籍、現在国家演奏家資格コース(大学院)在籍中。

2004年バーゼルで行われたJ.シュタルケルの講習会での模様がスイス人アマチュアカメラマンの Wernmuck氏のサイトにアップされています。

なな子のブログはこちらです。


プロフィール/コントラバスの部屋/教則本/僕の弾いているコントラバス達/泉の森フェスティバル/ギャラリー/ワンランクアップ丸秘特訓法/アンサンブルクヴェレ/大阪センチュリー交響楽団/センチュリー以外の演 奏活動/僕のコントラバス奏法/パー ツ研究/コントラバスあぶない楽屋裏話/コンサートホール/博物館/MIDIの部屋/記念リサイタル/BBS電子掲示板コントラバス弾きの広場/BBS「コントラバス演奏会情報」/FAMILY/魔運転バイクの部屋/LINKS