[一面ススキが原の岩湧山を行く]
2003.11.17

秋風が吹き渡るススキが原を走りたくなり久しぶりのオフ&快晴だった11月17日に
家から自走で岩湧山へ登って来ました。

山頂を覆うようにして栽培されている茅畑の穂は盛りを少し過ぎてしまっていましたが
一面真っ白のススキが原は秋を感じさせる美しい景色でした。

往復5時間、秋の山の清々しい空気を胸一杯吸ってきてストレスもスッキリ解消
タイトなスケジュールを乗り切る元気がでてきます。

自宅ー河内長野ー滝畑ダムー千石谷ー五つが辻-岩湧山山頂ー尾根道-滝畑ダム-河内長野-帰宅
全行程 約50km 標高差897m

一昨年山頂一帯に作られた階段のお陰で
ススキが原のMTB散策が楽しめなくなったのが残念。
千石谷の「大滝」
岩湧山へ登る時は必ず寄って滝の際で瞑想する
僕のお気に入りの場所の一つ。
アングルの関係で小さく見えますが
7〜8mはある結構大きな滝です。
山頂で出会ったハイカー。
以前は僕同様マウンテンバイクで登って来てたのだとかで僕のコメンサルに跨って定点ジャンプを披露してくれました。
無線の小型グライダーを持参していてその優雅な飛行をタップリ見せて貰えました。

山の斜面の上昇気流を利用して無動力ながら無線電池の続く限り飛行可能なんだそうで、風に乗って鳥の様に自由に飛び回るミニグライダーを操るのは本当に楽しそう。一度手を出すとはまりそうです。

山頂一帯を覆うススキ。
戻る時はウィンドーを閉じてください。