2008年1月26日久しぶりにバイク仲間の片山さん、山原さんと六甲へチャレンジすることにしました。

六甲山上は雪が舞う零下の世界。横池では誰にも会わずじまいでした。
池も向こう半分凍りついています。

赤塚橋から川沿いを上流へ
途中何度か川を渡りますがこんなおっかない橋も・・
通ったことのない左岸のルートを取ったら
巨岩が行く手を塞ぎこんな風に担ぎ上げて
すり抜け成功! その先果たしてMTBで無事先へ
進めるのかどうかわからないまま前進。
こんなことしてまで登るなんてほんまアホです。
その先道は続いていましたが
ご覧のような「鬼担ぎ」の急坂が連続
心臓と太ももにダイレクトに効きました(笑)
[昼食休憩]
携帯バーナーでお湯を沸かして暖を取ろうにも
降り積もる雪の上には寒くて座れず。
カップラーメンを立ち食いする親父二人です。
こういった道を走るのは気分爽快
今回初めて一緒に走った山原さん
こういったダウンヒルの魅力に

すっかり虜になったようです。
片山さんご自慢、特注超軽量バイク
今回のコースは前半の登りは鬼担ぎの連続で超ハード
でもその代わり後半打越山をぐるりと
回り込む長〜いダウンヒル。
信じられない位長く感じられます

今回のコースは最後打越山を回り込む長いダウンヒルが最高。
写真のような緩やかな快適コースとトライアルな急坂を

随分長い時間堪能しつつ走り降りたつもりでも
ふと山の下を見下ろすとまだまだ高度がありました。
そんなに高いところまで登ったかな・・と思う不思議なコースでした。