[Schwinn-Tioga Cup 四時間エンデューロ@グリーンピア三木]
2004.3.28.


春爛漫」 桜があちこちで咲き始めた3月末の日曜日。

山の中に作られた一周4キロ高低差60メートルのマウンテンバイク専用コースを
4時間の間に何周できるかという耐久レースです。

二年前参加した時のバイクはマッディ・フォックスだったけど今回はコメンサル!
安定度が格段に増しダウンヒルテクニックもこの所付いてきているので
落ちた体力を技術でカバー! ほぼ同成績・4時間で4キロのコースを8周することができ
自己のタイム(正味8周するのに掛かった時間)を1分40秒縮めて、
男子ソロ部門45名エントリー中30位の成績でした。
こちらに主催者発表のリザルトがあります。
所属チーム名ちゃんとオキドキスロースタイル神戸にしたのに
なぜかオーケストラ名にされています、、、なんで?

上の写真は先のカーブに目が行っているバッシッシモ。
腕の赤いリストバンドの中にチップが入っていて周回事に自動計測されるシステムなので
試合終了後即座に各自のラップタイムも含んだリザルトをもらえます。




今回片山さんは神戸マウンテンバイク倶楽部の方で
男子グループ3人組で出場
神戸マウンテンバイククラブのレポートにもバッシッシモ登場!

朝のオープニングセレモニーからジャンケン合戦
商品はマウンテンバイク一台だからいきなり大フィーバー

神戸マウンテンバイククラブの人が撮ってくれた
出走前の僕。
まだ元気です、いささか緊張気味??

スタート前のポイント
スタートまで時間が少しあったので皆リラックスモードで
家族や彼女達と記念撮影大会です。

コースにはバイクを押さないとどうしようもない位の
激急坂があちこちにあります。

バッシッシモも後半はいささかバテ気味
息が上がっているようです^^;)

エンデューロの前には可愛いちびっ子達のレースもありました。



今回は年のことを考え^^;)周回ごとにブースに寄って小休止。
その度にアダッちゃんにメンテしてもらって御機嫌でした。

この日は快晴でも山陰はここ数日降っていた雨のために
かなりダートな所がありバイクはあっという間に泥まみれ。
メカトラの原因になります。
周回事にピットインしてきれいに洗ってもらえて
今回はノートラブル、快適なコンディションで走れました。

試合終了後表彰式の後もう一度ジャンケンリーグがあって
またまた大フィーバー!


いつも世話になってるオキドキのオキ君。
彼のテントの前で・・・
僕のゼッケンナンバーは49!
戻る時はウィンドーを閉じてください。