●マルチリフレクターライト

品名 バイク用品&インプレッションウェビック ↓Click!!↓ メーカ 品番 仕様
マルチリフレクター
ヘッドライト
(タイプ1)KIT
武川:タケガワ/マルチリフレクタータイプヘッドライトキット
タケガワ 09-03-0774 取り付け幅:155mm
取り付け穴径:Φ8mm
レンズPMMA樹脂
リフレクターPC樹脂
ケースAPB樹脂
12V30/30Wスーパーホワイトハロゲンバルブ付き
アルミヘッドライトステー KITACO:キタコ/アルミヘッドライトステー(2ピースタイプΦ27〜Φ31/シルバー)
キタコ 507-1100111 2ピース・スライド式
27〜31Φ

良い点 [ヘッドライト]
  • ケース内部が広く余分な配線が収まる
  • 開口部が大きく配線が入れやすい
[ステー]
  • 高級感バツグン
  • APE50のフロントフォーク(インナーチューブ)にジャストサイズ
  • 稼動部分が多く上下左右にライトの位置決めが可能
悪い点  
インプレッション ノーマルよりもライトが明るくなりました。

★★大きめ画像はこちらをクリック!!★★

  APEのスピードメータはトリップメータが付いていないし、小さくて見にくいし、 機能的ではありません。なので、大きくてカッコいいメータに交換 することにしました。でも、APEはメータとヘッドライトが一体型。そのまま 追加すると、メータが重複してしまいます。ん〜っ!それは嫌だ。考えた末に ヘッドライトもパーツメーカ製のものに交換してしまいました。 どうせ交換するなら、より明るいものが良いので、タケガワ製のマルチリフレクタ タイプへ交換です。

まずはノーマルタイプを取り外さなければなりません。側面の+ネジをを2つ 外すと、パカッとヘッドライトの前面が取れます。中は写真のように配線が 入り乱れています。一つ一つコネクタを外し、すべての配線をヘッドライトの 外に出します。スピードメータケーブルも出します。

後々、配線の接続が分からなくならないように、ガムテープに接続先を書いて 貼り付けてます。基本的には同じ色の配線どおしを繋げば良いはずです。

配線が取り出せたら、左右のヘッドライトの取り付けボルトを取ります。 これでヘッドライトのボディが取り外せます。ヘッドライトは、写真のような ステーに固定されていました。スピードメータは自作ステーで取り付けるつもり なので、このステーは使いません。取り外ししました。
※作業に夢中で写真を取り忘れました。これは、事後に撮ったものです。

話は飛んでメータ取り付け後(メータ取り付けのページを見てね!)、キタコ製の ヘッドライトステーをフロントフォークに 取り付けます。取り付けは挟むだけ。ステーの先にヘッドライトのボディを 付けた後に、配線をすべてケース内に押し込みます。ケース内は 以外に広く、スピードメータ、タコメータ、その他もろもろの配線がすべて 収まってしました。後は配線を挟まないように、ライト前面をはめ込み、+ネジで 2箇所を固定するだけです。

出来上がりはこんな感じ。ハロゲンバルブの青さがいい感じです。