第2部のレポです。長いです。

えーと、あんまり細部に自信ないです。だってもうすっかりいろいろ舞い上がってぶっ飛んじゃって。メモが例によって激しい書き殴りなので、解読不可能なところが多かったので、間違いがあったらすみません。あとすごく紐育にウエイト置いたレポになってるのでご了承ください;;
席は、メインステージは遠かったんですけど、サブステージのはす向かいで、けっこう練り歩きコースになってて万々歳でした!


8時10分前。
実は何階だかでエレベーターが開いた瞬間に見えてしまった武田さんが登場。いつものシャツ&縞ジャケットに、ラメの派手なでかい蝶ネクタイをしめて。「ヒルトンの一番エライ人から、ベロちゃんよろしく頼むよと言われたんで」と諸注意。携帯や飲み過ぎなどについて。やがてボスと西ヤン登場。「居酒屋じゃないんですからふらふらしないでくださいよ!(武)」「おまえこそそのカッコでよく入れたな(ボス)ところでなんでバツmasて書いてクリスマスなんだよ」「…その件につきましてはアニキが知ってます!」と逃げながら困った武田さん「なんでここにいるんですか」「さくらさんがショウをやるってのに駆けつけないわけにはいかないじゃねえか(ボス)。そうそう新春、5日だけ顔を出します。チケットまだの方はどうぞ5日の日に」と貴重な情報が。そして3人で「ダンディ団参上!」と決めポースしたところが、武田さんが失敗してどつかれながら退場。

そしてディナーへ。とりあえずおいしくいただきました。ということで割愛。メニューだけ書いておくと、
・スモークサーモンとムール貝のルラード(チーズクリーム巻きみたいなのとサラダ、アーティチョーク)
・ベーコンのヴェルーテスープ(ポタージュ)
・プライムビーフメダリオン、スピナッチケーキ(ホウレンソウのニョッキみたいなの)とエッグプラント(?なんかニンジンとナスの薄切りとクレソン)あみがさ茸のソースで
・抹茶のブリュレバニラアイスクリーム添え(サンタの絵がプリントされたチョコとクランベリーソースつき)
・コーヒーまたは紅茶
・パンとバター
でした。


デザートの前あたりでダンディ団再登場。テーブルを回ってはお酒をもらったりしてます。武田さんがデーブルに来てくださったので「がんばってください!」つったら「何を頑張るんですか」と返されました^^;;「アニキが飲み過ぎちゃったんでそろそろ」と武田さんが言うと、「あと15分で始まりますので」とボスが挨拶して退場。ダンディ団出番こんだけのために!すげー贅沢なのでは!なにげに隅のテーブルに高乃さん、茅野さん、広井さんが並んで座ってらっしゃいました。

そしてショウ開始。ぎゃ〜!まずはここパラ!出演者全員同時に登場!あのシルエットは昴さんっ!!!!!昴さんは半ズボンスーツですよ!!!きんきら紫にきんきら赤ネクタイ、やっぱキラキラな白ソックスに、設定画より少し細身&焦げ茶のローファー。おみ足は肌色ストッキングだったけど細かった!昴さんも真っ青てくらい美しいおみ足でした。ちっさくはないけどこの華奢なかんじは昴さん!はあはあ!惜しむらくは、スーツの丈が、藤島先生がこだわったところの「ミニスカと見まごう長さ」ではなかったこと。普通に短かったんですよ;;あれがなんとも惜しかった!だいぶ印象が違ったと思います。「あーしたーの〜♪」からのフレーズを昴さんソロで。挨拶は「昴は思った。これほど大勢のお客様にいらしていただけて幸せだ、と」。サニーもスーツ姿で「サニーサイドです!メリークリスマス!」と一声。 そして新ちゃん!紐育到着時の着物姿で!どこ歌ったか覚えてないや;;すいません;;
歌が終わってサニーと新ちゃんの会話。
サニー「光の洪水だ。まさに紐育はパラダイスだな。空には満点の星空。これこそ、スターライトクリスマスだ!あの星に祈ろう!アーメン!」新ちゃんもいっしょに「アーメン」。
そして重大ニュース。「サニーさん、新しいショウを来年の3月にやるってほんとですか(新)」てええええっ!!!!!「大河くん、君、ショウの構成をやってくれたまえ(サ)」「無理です!第一ぼくは…」と尻込みする新ちゃんに「君のおじさん、大神一郎にだってできたんだ。君だってできるよ(サ)」そこへ昴さんが来て一言「無茶だ」…。新ちゃんは「そう言うわけで、ぼくが3月のショウの構成を担当することになりました。でも、不安です。一人星空を見上げて…」とここで『輝く星座』をフルで昴さんが!客席を練り歩きながら! あわわわ!「あ」のところで客席の椅子の背に手をかけてうなだれたりしながら!「何を言えばいいのか」から新ちゃんも入ります。「すべて夜空に…」のあたりで新ちゃんの肩に手をかけたりしてますよ昴さん…!あああ…輝く星座よ。舞台ではダンサーさんが二人なんか綺麗なかっこで躍ってました。
「昴は言った。まずは、実行あるのみ。時間は永遠じゃない。だから美しい」と昴さん。「大神一郎に相談するという手もある」「そうか。そうですよね!一度日本に帰ってみます(えらい簡単に^^;;)。がんばります!」
そこへサニーが帽子をかぶって登場。「なんだって?日本に行くって?慌ただしい展開だね。じゃあボクも行こう!」「昴は思った。大河とサニーサイドのふたりだけでは心配だ、と」と小さなトランクを下げて昴さん同行!

そして舞台は急転帝都へ。アイリスが『愛しのジャンポール』を歌います。客席を練り歩き(すぐ目の前に来てくれた!)、「新春歌謡ショウ、見に来てね!」手をあげた人に「顔覚えたからね!」というので場内笑。そしてさくらくんが登場して『口ずさむ唄』。それをサブステージで椅子に座って見るサニー。「これが日本のショウか!この客席との一体感はアメリカにはないものだ!」そこへ大神が「あの、ここはバックステージですので」と注意する。「ミスター大神、私だ。サニーサイドだ」と握手。「何か帝都にご用ですか?」と問う大神の横に新ちゃん登場。「お久しぶりです、一郎叔父!」「新次郎、どうして戻ってきた」と身も蓋もないことを言われる新ちゃん。そこでサニーが助け船「実はこの帝都訪問は大事な任務なんだ」「ショウを見ることがですか?(大)」「大河くんにショウの構成を頼んだんだ(サ)」「それはまた大胆な
(大)(ひでえ)」「一生懸命勉強しますので、よろしくご指導お願いします!(新)」
「わかりました(大)。いいか、新次郎。頭で考えては駄目だ。見て、感じることだ。簡単じゃないぞ」
そして参考にとばかりに舞台衣装で『天竺どこだ』。八戒さくらくんと沙悟浄アイリスがメインステージに登場。
「なんて素晴らしい(サ)!日本のショウはファンタスティックでクールだ!これが萌えだ!(笑)日本の美学だねえ。さっそく紐育にも取り入れてみよう。ジェミニはネコ耳だ!サジータはぼんきゅっぼんに鞭を持たせて!(このへん場内笑いまくり)リカは子牛の着ぐるみがかわいいぞ。ダイアナはシースルーの制服だ!昴は…スクール水着だ!」ここで背後に立ってた昴さんがピコハンでぶん殴ります。

以下メモが意味不明なとこがあったんですが、亜樹さんに教えていただいたので補足。
「かくかくしかじか、ということで紐育のリトルリップシアターのオーナーのサニーが来日しました(大)」「僕もいる。(昴)」「え、誰?(大)」「昴。」大神、昴さんを知らんのか!むーん!なんか習うより慣れろてて話をしてたみたい。


メインステージでは『心は砂漠のように』を薔薇組さんが。「きこえ〜ない〜〜」のところでほんとに琴音さんの耳を塞ぐ菊ちゃん。そりゃ聞こえないがな^^;;
「やっぱショウはいいわね!(琴)」「でもあたしたち日陰者なんですよ。(菊)」「ここは唯一お客さまがくつろげるとこなのよ。他の人達はちゃんと台詞練習してるけど、あたしたちは行き当たりバッタリなんだから!(琴)」そして舞台でくんくん匂いを嗅ぐ菊ちゃん「あ、このあたりにさくらさんの清楚としたりんとした匂いが!ここにはアイリスの若草の匂いが…」と琴音さんに近付いてげほげほ顔をしかめる。「やめなさい。(琴)あたしは高貴で芳醇な赤ワインの香りよ!…さっきちょっといただいちゃったから(笑)」
「歌謡ショウは来年で終わりだなんて淋しいわね。私たち薔薇組が盛り上げます!(琴)この中で歌謡ショウに来たことない人。(手をあげた人のところへ行って)よくここに来れたわね(笑)。来年は来るのよ」「顔覚えました!(菊)」「何の話してたんだっけ(琴)(笑)」「最近4回の歌謡ショウにはみんな「新」がついてるんですよ(菊)。新編・八犬伝、新・宝島、新・西遊記、新・青い鳥。そして新次郎。新・次郎さんですね!(笑)」「今年は薔薇組が3人そろいました。薔薇組は、しん・かします。」ということで「しん」つながりで無理矢理?まとめて『美しきものたちよ』。
ここで何故か舞台は日本の蕎麦屋。サニーが「いらっしゃいませ」と言われて「まあそう固くならずに。おそばを一つ」「おそばといってもいろいろありますよ(店員)(ダンサーの人)」「あーわかりません。(サ)かけそばというのはスロットか何かで当たりが出るんですか?」「いえ、ただのおそばです(店)」「ただとはフリー?タダ?無料?」とか謎の日本語問答。「あ、お茶は頼んでません(サ)」「それはサービスです(店)」「おどろきました!(サ)。日本はおそばを頼んでお茶がタダですか!アメリカではステーキを頼んでもコーヒーはついてきません。なんて素晴らしい日本!芸者!舞妓さん、おもてなし、オイスター食えば鐘が鳴るなり法隆寺!これぞ盆栽の国!たたえよう、その精神を!」とここで『BON-PSY』をサニーと昴さんで!ジェミニパートを昴さんが歌うんですよ!無茶苦茶声綺麗でした!そして扇子を持って舞ってくれました昴さん!鉄扇じゃなくて日の丸の扇でしたけど。昴さんの舞ですよ!卒倒しそうでしたよ!背後のダンサーさんたちは謎のたすきがけで剣舞。サニーは歌いながら盆栽をいじって、枝をぶっこ抜いたりしてました^^。
次は新ちゃんと大神が白い海軍制服で登場。「新次郎、どうだ、久し振りの日本は(大)」「はい!たくさんのことを思い出します。母のこと、海軍のこと…(新)」ここで『見よ暁に』。大神くんがソロで歌ってる時は、新ちゃんがえんやこーらと漕ぐ振りをしたり、ぱーんと大神と手を打って痛そうにしてたりしました。それをサブステージで見ていたサニーさん。「そうか、あの二人は海軍士官学校の出身か」と言ってる横へさくらさんが「あの…うわ、外人さんだ!」「ブラボーブラボー!さくらくんですね?私はマイケル・サニーサイドです」「失礼しました(さ)何か事件なんですか?」「実は来年の3月に新宿のリトルリップシアター(笑)でショウをやるんですよ。(サ)その準備のために花組さんの舞台を見学に来たのです」「ラチェットさんはお元気ですか?(さ)」「ええ。(サ)今別の舞台に出演中ですけどね(笑)。実物を目の前で見ると、私の想像を超えた美そのもの!まさにファンタスティック!」

そこで舞台は『甲板フラフラ』。ここでプチミント登場!!!海軍服の大神さんと、マイクを差しだし合ったりしながら、腕をとったりなんかもうすごかったですよ!ここの私のメモ「ヤバすぎ」「うわー大神と」とか意味不明の走り書きが^^;;「思うは君が瞳♪」のあたりで大神が跪いて手をとったりですよ!「ああメリーさんメリーさん(大)」「プチミントです(はあと)(新)」「あざやかな夕焼けが、南太平洋の波間に揺れている(大)。ああ、プチミントさん…!」とこのへんでふたりで笑い合って「それにしてもよく似合うなあ。(大)こういうのが紐育の流行なのか?確かにショウにはサプライズが必要だってサニーサイドさんが言っていたな。それはわからなくもない」「がんばりますね!(新)3月のショウは、レビュウ形式はどうかと思うんですけど」「レビュウかあ。そもそもレビュウとは(大神がしばらく蘊蓄)最近日本で流行ってるのは、歌で世界を回るんだ。失敗を恐れずにやってみることだ。失敗を重ねてプロになる。一生懸命やることが大事なんだ」「クリスマスに、とてもいいことを一郎叔父から教えてもらいました!(新)心のクリスマスプレゼントになりました」
ここでサニーがジャケットを脱いだ状態で客席を練り歩きながら英語でクリスマスソング。痺れました!「御礼にプレゼントがあるんだ」とここでみんなでハンドベル。サニーがド、昴さんがレ、…アイリス、さくらさん、新ちゃんでミ、ファ、ソのどれか。このへんがうろ覚え;;;まずはジングルベル。ラ、シ、ド担当の大神くんと薔薇組が空振りを続けて笑いを取ります^^。「次はちゃんと振らせてくださいよ」ともろびとこぞりて。なんかサニーが失敗したりして「ステージで慰め合うのはやめましょう」とかゆってて笑いました。「他にクリスマスソングは何があるでしょう。きよしこのよる?(曲目に書いてある)絶対にきよしこのよるをやりましょう!(笑)(さ)」
そして「クリスマスといえば?クリスマスイルミネーション(誰だっけ)」「もみの木(昴)」「こころのプレゼント(新)」とクリスマスの蘊蓄話へ。サニーさんがサンタの由来を話してて「赤い服に白い髭」と言うつもりなのを「赤い髭と」と言って全員ずっこけ。「いい話だったのに!」と突っ込まれてました^^。
そしてこのへんでプレゼントタイムだったのかな?私のテーブルには新ちゃんが来てくれました!ヤッタ!!!アップ至近距離の新ちゃんは殺人的に可愛かったです!二十歳過ぎた男性がこんなに可愛いってのは反則じゃないですか?ちゃんと一人一人しっかりと手をとって相手の目を見て、膝を折って会釈してくれました。「がんばってください!」つったらにっっっこりして「ありがとうございます」とゆってくれました!死ぬかと思ったマジで!もうホントのホントに新ちゃんだった!そしてちゃっかり横を通った昴さんにも握手をしてもらい、サニーさんにもハイタッチしてもらいました。うはあ…。
あ、プレゼントは大帝国劇場とリトルリップシアターのマーク入りポケットチーフで、折り方によってマークがリバーシブルになるというものでした。
「ずっと夢見ていたい、と昴は思った…」と昴さんがゆってアカペラでみんなで『夢見ていよう』。ゴスペル調だったのかな。そしてフィナーレの『奇跡の鐘』。「ねがいごとは…少し夢をください」「誰もいない教会の前…」を昴さんがソロで。「願い事は、あたたかい言葉」「願い事は、あなたと同じです(台詞)」が新ちゃんソロ。「きっと私に奇跡が起こります」のところではみんな胸に手を当ててうつむいて。
もうお別れの挨拶です。『君よ花よ』を歌いながら。帝都はメインステージで。船のデッキに見立てたサブステージに紐育組が。「花の命は短くて」と帝都が歌えば、「ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る」「今日は楽しいクリスマス」と紐育が。これがしんみり『君よ…』の曲調に合わせてるので、すごいしっとり素敵な雰囲気のコーラスに。
「短い帝都の滞在でしたが、たくさんの事を学びました。出演者が楽しい気持になることが大切なんですね。また、お会いしましょう!メリークリスマス!」と新ちゃんが挨拶して暗転。
でもまだアンコールがありました!『ハッピーハッピークリスマス』!「もみの木が七色に」のところが昴さんソロ。「愛し合おう…」を新ちゃんと大神さんで。「世界中が、愛で溢れますように」のところでみんなで片手を立ててお祈り。
最期に一言ずつ挨拶。
昴さん「九条昴です。こうして23日、クリスマスの前の前の日に、みなさんとお会いできたことをうれしく思います」
新ちゃん「新・次郎じゃありません。大河新次郎です(笑)。精一杯頑張りました!プチミントもがんばりました!3月のショウ、絶対見てください!」
サニー「今日はどうもありがとうございました!人生はエンターテイメント!」
大神「紐育のみんなと共演できて楽しかったです」
さくらさん「みなさん、おうちに帰るまでがディナーショウです(笑)お気をつけて」

なんか引っ込むときに新ちゃんと昴さんが楽しそうにこけてたような…。新ちゃんはドラマCDで聞いた何倍も歌うまかった!

もう夢のようで、メモもあまり取ってる暇なくて。無我夢中の一瞬の幻のような。まだ愛と幸せで胸がいっぱいで。マジで胸がズキズキして張り裂けそうなくらいです。もう一生の思い出になりました。
3月!何が何でも行きます!

[Top]