オリジナル竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)の製造・販売のご案内

渓流釣り用オリジナル竹ビク

テンダー社に学び、テンダーの工法を礎に、さらに進化させた渓流用の竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)をご提供しております。
きちんと作られた竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)は、現代の渓流釣り場においても、実用性と機動力に富んだ釣り道具です。

★ 身につけて邪魔にならない > 余計な気遣い無く釣り・遡行に専念できる。
★ 釣った魚を確実に保持 > 獲物の鮮度保持や紛失がない
★ 丈夫で長持ち > 破損しても迅速に直る・・・Etc

それらの有効性、実用性は、永くお使いになるほどに実感していただけることでしょう。
渓流用竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)をお捜しの方。テンダー式ビクを使ってみたい方。ご興味のある方。ご相談ください。

特徴/工程/修理の実際/全ラインナップとご注文方法をご案内させていただきます。

製品情報

2006年12月から

より快適に!
ショルダーベルトに装着性、着脱の利便性を向上したスイング(首振り)バックルを採用!

2006年生産分から

より丈夫に!より快適に!より強く!
箱は、ポリウレタン樹脂を浸透固化。木固め処理を施した強化タイプにグレードアップ!

▲このページのトップに戻る

テンダービクを想う

テンダービクを想う

天然素材の特性を最大限活用し、現代の竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)・釣りの道具として確たる存在となった「テンダービク」。
発売以来四十余年、多くの渓流人の頼もしい伴侶として全国の山河を踏破してきた竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)です。
箱の付いた四角い腰ビクといえば「テンダー型」と称されるように、それは日本の渓流釣りの一つのエポックと言っても過言ではないでしょう。

多くの方の竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)に対するイメージといえば… かさばって邪魔… 壊れそう… しかも高価…
となれば、今やこだわり人間の趣味的な飾り物… といったところかもしれません。
私もその一人でしたが、私の竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)に対するイメージや期待値を一変させたのがテンダー社。
私が出会い、師事した 故 畑 定良氏と彼の製作したの本物のテンダービクを紹介します。

☆テンダービクとは

テンダービクとはテンダー商事株式会社/故 畑 定良氏が製作したビクです。

▲このページのトップに戻る

竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)のコレクション

竹ビク(竹魚籠・竹魚篭)のコレクション

日本各地の風土とともに育まれた作りとカタチ
淡水域で使われてきたビクを中心にコレクションをご覧ください。

▲このページのトップに戻る

リンク集

釣り情報ポータルFish/up  釣りウェブLink!  アングラーズデータベース日本の釣り  つりの総合リンク集  竹情報館:植物学・文化民俗工芸・竹利用関連情報

▲このページのトップに戻る