私はこんな本を読んだ(2011-)

ジャンルにとらわれずとにかくいろいろ読みたいです。
お気に入りの本からしょーもない本まで私の乱読の記録です。

●2011年●
「あしたのロボット(瀬名秀明)」「文士のいる風景(大村彦次郎)」「遠くからの声(松本清張)」
「小説のように(アリス・マンロー)」「孤島生活ノート(柴田勝弘)」「埴輪の馬(小沼丹)」
「ペンギン・ハイウェイ(森見登美彦)」「高見順闘病日記(上下)(中村真一郎編)」
「おごそかな渇き(山本周五郎)」「ブラフマンの埋葬(小川洋子)」「吉田観覧車(吉田戦車)」
「ヤミ市 幻のガイドブック(松平誠)」「ライク・ア・ローリングストーン(今井聖)」
「空白の意匠(松本清張)」「ブコウスキーの酔いどれ紀行(チャールズ・ブコウスキー)」
「エンガッツィオ司令塔(筒井康隆)」「へんなギャラ(のり・たまみ)」「小説以外(恩田陸)」
「忘れられた作家忘れられた本(山下武)」「無明の蝶(出久根達郎)」「深追い(横山秀夫)」
「終の住処(磯崎憲一郎)」「百年の誤読(岡野宏文/豊崎由美)」「シャドウ(道尾秀介)」
「居場所もなかった(笙野頼子)」「吐きたいほど愛してる。(新堂冬樹)」「秋の街(吉村昭)」
「モーロク俳句ますます盛ん(坪内稔典)」「酔いがさめたら、うちに帰ろう(鴨志田穣)」
「おもちゃ屋(庄野潤三)」「苦役列車(西村賢太)」「場末の酒場、ひとり飲み(藤木TDC)」
「戦後ニッポン犯罪史(礫川全次)」「あとのない仮名(山本周五郎)」「東京飄然(町田康)」
「わたしは英国王に給仕した(フラバル)」「タイムクエイク(カート・ヴォネガット)」
「ばかもの(絲山秋子)」「光の帝国/常野物語(恩田陸)」「昭和下町人情風景(森川直司)」
「夢遊病者の死(江戸川乱歩)」「鉄の時代(クッツェー)」「短歌パラダイス(小林恭二)」
「東京煮込み横丁評判記(坂崎重盛)」「酒中日記(坪内祐三)」「赤光(斎藤茂吉)」
「わたしは悪い不動産屋(大倉辰吾)」「店じまい(石田千)」「死刑長寿(野坂昭如)」
「オスカー・ワオの短く凄まじい人生(ジュノ・ディアス)」「野武士のグルメ(久住昌之)」
「図書室の海(恩田陸)」「Gボーイズ冬戦争(石田衣良)」「ひとりずもう(さくらももこ)」
「テッカ場(北尾トロ)」「風山房風呂焚き唄(山田風太郎)」「日本はじっこ自滅旅(鴨志田穣)」
「あのころ(さくらももこ)」「バゴンボの嗅ぎタバコ入れ(カート・ヴォネガット)」
「警視庁少年課事件ファイル(駒田史朗)」「タイムスリップ・コンビナート(笙野頼子)」
「斜里の白雪(木山捷平)」「天狗の落し文(筒井康隆)」「ばかのたば(わかぎえふ)」
「マンガの道ー私はなぜマンガ家になったのか」「おめでとう(川上弘美)」「世界音痴(穂村弘)」
「フィッシュストーリー(伊坂幸太郎)」「文人悪食(嵐山光三郎)」「ハーモニー(伊藤計劃)」
「汽車旅放浪記(関川夏央)」「ブコウスキーの「尾が北向けば」(チャールズ・ブコウスキー)」
「東京妖怪浮遊(笙野頼子)」「わたしたちに許された特別な時間の終わり(岡田利規)」
「本に埋もれて暮らしたい(桜庭一樹)」「絶叫委員会(穂村弘)」「黒笑小説(東野圭吾)」
「最低で最高の本屋(松浦弥太郎)」「暴走老人!(藤原智美)」「東京居酒屋探訪(大道珠貴)」
「長崎くんの指(東直子)」「残される者たちへ(小路幸也)」「愛別外猫雑記(笙野頼子)」
「本当はちがうんだ日記(穂村弘)」「花髑髏(横溝正史)」「青春の賭け(青山光二)」
「追憶のハルマゲドン(カート・ヴォネガット)」「輝く断片(シオドア・スタージョン)」
「カレル・チャペック短編集」「宵山万華鏡(森見登美彦)」「歌い屋たち(なぎら健壱)」
「武蔵野(国木田独歩)」「白兎/苦いお茶/無門庵(木山捷平)」「短歌ください(穂村弘)」
「本の読み方/墓場の書斎に閉じこもる(草森紳一)」「まほちゃんの家(しまおまほ)」
「酒にまじわれば(なぎら健壱)」「ポケットの中のレワニワ(上下)(伊井直行)」
「昭和の東京、平成の東京(小林信彦)」「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)」
「もしもし、運命の人ですか。(穂村弘)」「下駄にふる雨/月桂樹/赤い靴下(木山捷平)」
「とりつくしま(東直子)」「私の文学放浪(吉行淳之介)」「三角屋根の古い家(庄野至)」
「茫々酒中日誌(林俊介)」「人よ、寛かなれ(金子光晴)」「絵空ごと/百鬼の会(吉田健一)」
「梯の立つ都市/冥府と永遠の花(日野啓三)」「遺稿集(鴨志田穣)」「古本的(坪内祐三)」
「修羅維新牢(山田風太郎)」「妄想老人日記(野坂昭如)」「幾度目かの最期(久坂葉子)」
「綺譚集(津原泰水)」「日本ボロ宿紀行(上明戸聡)」「安部公房伝(安部ねり)」
「倚松庵の夢(谷崎松子)」「活字狂想曲(倉阪鬼一郎)」「夢のつづき(神吉拓郎)」
「短歌の友人(穂村弘)」「寝台特急「昭和」行(関川夏央)」「エハイク紀行(吉田戦車)」
「エレクトラ/中上健次の生涯(高山文彦)」「魔王(伊坂幸太郎)」「心のくすり箱(徳永進)」
「昭和出版残侠伝(嵐山光三郎)」「遭難フリーター(岩淵弘樹)」「由利徹が行く(高平哲郎)」
「文壇百話ここだけの話(山本容朗)」「江戸東京《奇想》徘徊記(種村季弘)」
「宇野浩二伝(上下)(水上勉)」「からっぽを充たす(佐伯一麦)」「他人事(平山夢明)」
「江戸東京を歩く宿場(塩見鮮一郎)」「スクールアタック・シンドローム(舞城王太郎)」
「無関係な死/時の崖(安部公房)」「薬屋のタバサ(東直子)」「退屈無想庵(田村隆一)」
「非正規レジスタンス(石田衣良)」「鰐の聖域(中上健次)」「人生の四苦八苦(車谷長吉)」
「スリーピング・ブッダ(早見和真)」「ウィリアム・ポスターズの死(アラン・シリトー)」
「事件ブック(山﨑哲)」「水の家族(丸山健二)」「おじさんは白馬に乗って(高橋源一郎)」
「男おひとりさま道(上野千鶴子)」「名短篇、さらにあり(北村薫・宮部みゆき編)」
「sideB(佐藤正午)」「芥川龍之介(上下)(宇野浩二)」「東京の流儀(福田和也)」
「穴と海(丸山健二)」「片付けない作家と西の天狗(笙野頼子)」「櫻桃の記(伊馬春部)」
「三十五歳の詩人(高見順)」「猫と鼠(ギュンター・グラス)」「海炭市叙景(佐藤泰志)」
「人魚猛獣説スターバックスと私(穂村弘)」「時には母のない子のように(寺山修司)」
「徹底抗戦!文士の森/実録純文学闘争十四年史(笙野頼子)」「抱寝(和田芳恵)」
「淀川にちかい町から(岩阪恵子)」「にっちもさっちも(小林信彦)」「山之口貘詩文集」
「ポール・ランド、デザインの授業(マイケル・クローガー)」「花実の森(穂高みさ子)」
「天国までぶらり酒(田中小実昌)」「死をポケットに入れて(チャールズ・ブコウスキー)」
「がらんどう(吉行淳之介)」「トンデモ本の世界S(と学会編)」「夢の死体(笙野頼子)」
「真理先生(根本敬)」「天気の好い日は小説を書こう(三田誠広)」「名なしの森(中井英夫)」
「銀齢の果て(筒井康隆)」「不思議旅行(水木しげる)」「さようなら窓(東直子)」
「海野十三敗戦日記(海野十三)」「悲しいだけ(藤枝静男)」「本の街から(雑賀進)」
「母の発達(笙野頼子)」「書痴迷宮(喜多村拓)」「週末(ベルンハルト・シュリンク)」
「未成年と12の短篇(阿部昭)」「スーツホームレス(小室明)」「鰻の寝床(内海隆一郎)」
「ソーラー(イアン・マキューアン)」「テロならできるぜ銭湯は怖いよの子供達(見沢知廉)」
「虹よ消えるな(小川国夫)」「11(津原泰水)」「ある小説家の思い出(上下)(橘外男)」
「戦中派動乱日記(山田風太郎)」「説教師カニバットと百人の危ない美女(笙野頼子)」
「聖水(青来有一)」「トンデモ本男の世界(と学会著)」「黄泉戸喫(中井英夫)」
「猫鳴り(沼田まほかる)」「かばん屋の相続(池井戸潤)」「横浜少年物語(紀田順一郎)」
「海松(稲葉真弓)」「メモリー・ウォール(アンソニー・ドーア)」「家日和(奥田英朗)」
「海底八幡宮(笙野頼子)」「私の大事な場所(ドナルド・キーン)」「青山二郎の話(宇野千代)」
「瓦礫の中(吉田健一)」「エミリーに薔薇を(フォークナー)」「バスで田舎へ行く(泉麻人)」
「本が崩れる(草森紳一)」「見知らぬ旗(中井英夫)」「トニー谷、ざんす(村松友視)」
「モンキー・ハウスへようこそ(カート・ヴォネガット・ジュニア)」「金比羅(笙野頼子)」
「犬が星見た(武田百合子)」「アルファベットの傷口(多和田葉子)」「明けの赤馬(古井由吉)」
「父・萩原朔太郎(萩原葉子)」「橘外男ワンダーランド怪談・心霊編」「図鑑少年(大竹昭子)」
「なにもしてない(笙野頼子)」「考える人(坪内祐三)」「熱い読書冷たい読書(辻原登)」
「眼の哲学/利休伝ノート(青山二郎)」「黒鳥の囁き(中井英夫)」「職業外伝(秋山真志)」
「深沢七郎ラプソディ(福岡哲司)」「絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男(笙野頼子)」
「ロトチェンコの実験室(ワタリウム美術館編)」「きみの鳥はうたえる(佐藤泰志)」
「晴れのち曇りときどき読書(松浦寿輝)」「朝顔草子(山本周五郎)」「熊野物語(中上紀)」
●2012年●
「根津権現裏(藤澤清造)」「夫婦善哉(織田作之助)」「風来酔夢談(山田風太郎)」
「青い野を歩く(クレア・キーガン)」「だいにっほん、おんたこめいわく史(笙野頼子)」
「四畳半王国見聞録(森見登美彦)」「東京(坪内祐三)」「笙野頼子 虚空の戦士(清水良典)」
「大正文士颯爽(小山文雄)」「私の食べ歩き(獅子文六)」「石版東京図絵(永井龍男)」
「サンクチュアリ(フォークナー)」「幽界森娘異聞(笙野頼子)」「チリ交列伝(伊藤昭久)」
「大きなハードルと小さなハードル(佐藤泰志)」「わたしエトセトラ(スーザン・ソンタグ)」
「自動巻時計の一日(田中小実昌)」「味な旅 舌の旅(宇野鴻一郎)」「極道者(青山光二)」
「東京路地裏暮景色(なぎら健壱)」「隅田川小景(増田みず子)」「太陽の巫女(笙野頼子)」
「ノッティンガム物語(アラン・シリトー)」「回転ドアは、順番に(穂村弘/東直子)」
「こぶしの上のダルマ(南木佳士)」「黒鳥館戦後日記(中井英夫)」「われら猫の子(星野智幸)」
「私生活(高橋源一郎)」「下の公園で寝ています(立松和平)」「極楽(笙野頼子)」
「闇市の帝王(七尾和晃)」「どうして書くの?/穂村弘対談集」「赤い竪琴(津原泰水)」
「47都道府県女ひとりで行ってみよう(益田ミリ)」「コスモポリタンズ(サマセット・モーム)」
「マイトレイ(エリアーデ)/軽蔑(モラヴィア)」「風来の人 小説・高田保(夏堀正元)」
「味覚の文学散歩(大河内昭爾)」「だいにっほん、ろんちくおげれつ記(笙野頼子)」
「黒澤明と『七人の侍』(都築政昭)」「ふたくちおとこ(多和田葉子)」「胡堂百話(野村胡堂)」
「ケンブリッジ・クインテッド(ジョン・L・キャスティ)」「居酒屋おくのほそ道(太田和彦)」
「好色の戒め(丹羽文雄)」「エドナ・ウェブスターへの贈り物(リテャード・ブローティガン)」
「長い長い板塀(長谷川四郎)」「一、二、三、死、今日を生きよう!成田参拝(笙野頼子)」
「悲しみを聴く石(アティーク・ラヒーミー)」「まだ見ぬホテルへ(稲葉なおと)」
「ぜんぶ手塚治虫!(手塚治虫)」「家の匂い(増田みず子)」「夕子ちゃんの近道(長嶋有)」
「顰蹙文学カフェ(高橋源一郎/山田詠美)」「君がいない夜のごはん(穂村弘)」
「貧乏神髄(川上卓也)」「S倉迷妄通信(笙野頼子)」「ギンイロノウタ(村田沙耶香)」
「寒灯(西村賢太)」「白樺たちの大正(関川夏央)」「海辺の光景(安岡章太郎)」
「移動動物園(佐藤泰志)」「ロスト・シティ・レディオ(ダニエル・アラルコン)」
「禁止空間(増田みず子)」「虐殺器官(伊藤計劃)」「山本周五郎からの手紙(土岐雄三編)」
「ボマルツォのどんぐり(扉野良人)」「残念な日々(ディミトリ・フェルフルスト)」
「だいにっほん、ろりりべしんでけ録(笙野頼子)」「もう一杯!!(大竹聡)」
「暗い夜の記念に(杉浦明平)」「そこのみにて光輝く(佐藤泰志)」「藤澤清造短篇集」
「二人がここにいる不思議(レイ・ブラッドベリ)」「全力でスローボールを投げる(北尾トロ)」
「追想芥川龍之介(芥川文)」「マリ&フィフィの虐殺ソングブック(中原昌也)」
「ベスト・オブ・ドッキリチャンネル(森茉莉)」「アメリカ・アメリカ(中上健次)」
「小春日和(金井美恵子)」「灘の男(車谷長吉)」「九蓮宝燈は、極楽往生の切符(草森紳一)」
「尼僧とキューピッドの弓(多和田葉子)」「ドン・キホーテの「論争」(笙野頼子)」
「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね(岡崎京子)」「もっとも危険な読書(高橋源一郎)」
「福袋(角田光代)」「ばらっちからカモメール(鴨志田穣/西原理恵子/ゲッツ板谷)」
「マリス博士の奇想天外な人生(キャリー・マリス)」「東京夜話(いしいしんじ)」
「昭和(秋山真志)」「鬼の跫音(道尾秀介)」「田舎暮らしに殺されない法(丸山健二)」
「整形前夜(穂村弘)」「定食バンザイ!(今柊二)」「封印されたアダルトビデオ(井川楊枝)」
「最後のラブレター(鴨志田穣/西原理恵子)」「カジュアリーナ・トリー(サマセット・モーム)」
「銭は神に通ず(草森紳一)」「さがしもの(角田光代)」「ストリートワイズ(坪内祐三)」
「落葉 神の小さな庭で(日野啓三)」「人の道御三神といろはにブロガーズ(笙野頼子)」
「淡雪(川崎長太郎)」「球形時間(多和田葉子)」「裏のハローワーク(草下シンヤ)」
「雪屋のロッスさん(いしいしんじ)」「古本パンチ(戸川昌士)」「切れた鎖(田中慎弥)」
「大衆食堂パラダイス!(遠藤哲夫)」「黄金の服(佐藤泰志)」「カルテの向こうに(徳永進)」
「山田商店街(山田マチ)」「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります(川上未映子)」
「ウラグラ!(唐沢俊一)」「水晶内制度(笙野頼子)」「東京の文人たち(大村彦次郎)」
「アカシア騎士団(金井美恵子)」「半島へふたたび(蓮池薫)」「陽炎の。(藤沢周)」
「私生活(神吉拓郎)」「今夜もイエーイ(大竹聡)」「半熟ナース、病棟を行く(清水みよこ)」
「おがたQ、という女(藤谷治)」「鈴木いづみコレクション2/あたしは天使じゃない」
「トーベ・ヤンソン短篇集」「目白雑録(金井美恵子)」「星を撒いた街(上林曉)」
「マスヒロの365日食べ歩き手帳(山本益博)」「さよなら、サイレント・ネイビー(伊東乾)」
「三人関係(多和田葉子)」「戦後死刑囚列伝(村野薫)」「と学会年鑑Rose(と学会著)」
「カフカ・セレクションII」「裏モノ日記(唐沢俊一)」「野の花ホスピスだより(徳永進)」
「暗い森/神戸連続児童殺傷事件(朝日新聞大阪社会部編)」「軽みの死者(富士正晴)」
「女が嘘をつくとき(リュドミラ・ウリツカヤ)」「アジアン・ジャパニーズ(小林紀晴)」
「情熱チャンジャリータ(ゲッツ板谷)」「二列目の人生 隠れた異才たち(池内紀)」
「宮崎勤精神鑑定書(瀧野隆浩)」「エロ街道五十三次(松沢呉一)」「夕映え(川崎長太郎)」
「不許可写真(草森紳一)」「お母さんの恋人(伊井直行)」「固いおとうふ(中島らも)」
「カルトお毒味定食(松浦理英子/笙野頼子)」「水滴(目取真俊)」「刑場に消ゆ(矢貫隆)」
「人を殺してみたかった(藤井誠二)」「ホームレス作家(松井計)」「目白雑録4(金井美恵子)」
「格安!B級快適生活術(田沢竜次/岩本太郎/西村仁美)」「昭和遺産な人びと(泉麻人)」
「山谷でホスピス始めました。(山本雅基)」「青年のための読書クラブ(桜庭一樹)」
「無事の人(山本有三)」「がんフーフー日記(川崎フーフ)」「噂の眞相イズム(岡留安則)」
「洗面器の音楽(藤谷治)」「実録極道記者(塩崎利雄)」「遅咲きのひと(足立則夫)」
「行列ニッポン観察記(日本経済新聞社編)」「父・丹羽文雄介護の日々(本田桂子)」
「死刑はいかに執行されるか(坂本敏夫)」「漂流(筒井康隆)」「少年トレチア(津原泰水)」
「貧困の現場(東海林智)」「はたらきたい。(ほぼ日刊イトイ新聞)」「甘い水(東直子)」
「噂の眞相おかわりっ!(岡留安則)」「14階段(窪田順生)」「歌舞伎町案内人II(李小牧)」
「従軍カメラマンの戦争(小柳次一/石川保昌)」「大正時代を訪ねてみた(皿木喜久)」
「心にナイフをしのばせて(奥野修司)」「現実入門(穂村弘)」「進化の時計(伊井直行)」
「ここに消えない会話がある(山崎ナオコーラ)」「と学会年鑑GREEN(と学会著)」
「文学賞メッタ斬り!2007年版(大森望/豊崎由美)」「プリズン・ガール(有村朋美)」
「待望の短篇集は忘却の彼方に(中原昌也)」「辞世のことば(赤瀬川原平監修)」
「プラトン学園(奥泉光)」「蒼林堂古書店へようこそ(乾くるみ)」「日本詣で(嵐山光三郎)」
「大阪拘置所「粛正」刑務官(藤田公彦)」「ダックスフントのワープ(藤原伊織)」
「花と流れ星(道尾秀介)」「旅情酒場をゆく(井上理津子)」「フリーター漂流(松宮健一)」
「ピカルディの薔薇(津原泰水)」「生きるコント(大宮エリー)」「私の男(桜庭一樹)」
「言い忘れてさようなら(イッセー尾形)」「働くということ(日本経済新聞社編)」
「馬たちよ、それでも光は無垢で(古川日出男)」「と学会年鑑ORANGE(と学会著)」
「夏の水の半魚人(前田司郎)」「戦中派闇市日記(山田風太郎)」「逸見小学校(庄野潤三)」
「「少年A」の告白(伊藤芳朗)」「ニキの屈辱(山崎ナオコーラ)」「小説家(小林紀晴)」
「恋するたなだ君(藤谷治)」「チャイナタウンからの葉書(リチャード・ブローティガン)」
「トンデモ創世記2000(唐沢俊一/志水一夫)」「世界中が夕焼け(穂村弘/山田航)」
「隠花の飾り(松本清張)」「からだのままに(南木佳士)」「その街の今は(柴崎友香)」
「リリー&ナンシーの小さなスナック(ナンシー関/リリー・フランキー)」
「下町の外人さん(ジム・ハッサウェイ)」「好き好き大好き超愛してる。(舞城王太郎)」
「集金旅行(井伏鱒二)」「美しいものしか見まい(立松和平)」「ほんの昨日のこと(池田知隆)」
「もうおうちへかえりましょう(穂村弘)」「そして、死刑は執行された(合田士郎)」
「青空感傷ツアー(柴崎友香)」「古道具中野商店(川上弘美)」「戦車映画(吉田戦車)」
「オカルトゼネコン富田林組(蒲原二郎)」「不肖・宮嶋の天誅下るべし!(宮嶋茂樹)」
「東京観光(中島京子)」「いづみ語録(鈴木いづみ)」「二十歳 猛獣(増田みず子)」
「続そして、死刑は執行された(合田士郎)」「未見坂(堀江敏幸)」「乾いた河(川崎長太郎)」
「Q&A(恩田陸)」「中島らものたまらん人々(中島らも)」「ジャージの二人(長嶋有)」
「それってどうなの主義(斎藤美奈子)」「おしゃべり怪談(藤野千夜)」「下流志向(内田樹)」
「共犯者(松本清張)」「裏のハローワーク/交渉・実践編(草下シンヤ)」「愛と痛み(辺見庸)」
「毒舌日本史(今東光)」「タイガーズ・ワイフ(テア・オブレヒト)」「オウム解体(宮崎学)」
「アジアロード(小林紀晴)」「死んでも何も残さない(中原昌也)」「台風見物(丸山健二)」
「お好みの本、入荷しました(桜庭一樹)」「熊の場所(舞城王太郎)」「田端文士村(近藤富枝)」
「山本周五郎戦中日記」「ジーザス・サン(デニス・ジョンソン)」「ごきげんタコ手帖(中野翠)」
「さいごの色街飛田(井上理津子)」「リストラなう!(綿貫智人)」「故郷の本箱(上林曉)」
「風に舞いあがるビニールシート(森絵都)」「そんな日の雨傘に(ヴィルヘルム・ゲナツィーノ)」
「贋物/父の葬式(葛西善蔵)」「路上の国柄(藤田弘夫)」「萌神分魂譜(笙野頼子)」
「マニラ行き(浜なつ子)」「白の咆哮(朝倉祐弥)」「酔って記憶をなくします(石原たきび編)」
「絲的メイソウ(絲山秋子)」「外人のTOKYO暮らし(青山南)」「森に降る雨(関川夏央)」
「午後の蜜箱(稲葉真弓)」「不良中年は色っぽい(嵐山光三郎)」「極道一番搾り(溝下秀男)」
「遠き山に日は落ちて(佐伯一麦)」「ますます酔って記憶をなくします(石原たきび編)」
「猫ダンジョン荒神(笙野頼子)」「裁判狂事件簿(阿曽山大噴火)」「異性(角田光代/穂村弘)」
「わたしが出会った殺人者たち(佐木隆三)」「戦後短篇小説再発見14(講談社文芸文庫編)」
「生きさせろ(雨宮処凛)」「屋久島の時間(星川淳)」「馬を盗みに(ペール・ペッテルソン)」
「出版業界最底辺日記(塩山芳明)」「マイナス・ゼロ(広瀬正)」「赤めだか(立川談春)」
「月夜見(増田みず子)」「アジアン・ジャパニーズ2(小林紀晴)」「架空の球を追う(森絵都)」
「階級社会(橋本健二)」「手紙(ミハイル・シーシキン)」「男と点と線(山崎ナオコーラ)」
「日々平安(山本周五郎)」「平成お徒歩日記(宮部みゆき)」「黄金座の物語(太田和彦)」
「辻(古井由吉)」「露地庵先生のアンポン譚(森村泰昌)」「針の眼(マーガレット・ドラブル)」
「ペンの散歩(尾崎一雄)」「東京サイテー生活(大泉実成)」「三月生まれ(伊井直行)」
「葛西善蔵と広津和郎(谷崎精二)」「随筆「散歩で三歩」(草森紳一)」「西村賢太対話集」
「荷風極楽(松本哉)」「日曜日だけの一ヶ月(ジョン・アップダイク)」「風草(増田みず子)」
「愛情生活(荒木陽子)」「雑誌的人間(佐山一郎)」「とっておきの銀座(嵐山光三郎)」
「インド王妃の遺産(ジュール・ヴェルヌ)」
●2013年●
「新しい階級社会 新しい階級闘争(橋本健二)」「黒本 平成怪談実録(福澤徹三)」
「作家 その死(神津拓夫)」「ジャンナ(伊井直行)」「谷崎潤一郎マゾヒズム小説集」
「TOKYO 0円ハウス 0円生活(坂口恭平)」「ぼくは覚えている(ジョー・ブレイナード)」
「娯楽・極楽・お道楽(高田文夫)」「最後の伝令(筒井康隆)」「民宿雪国(樋口毅宏)」
「童神(増田みず子)」「祖母の手帖(ミレーナ・アグス)」「田村はまだか(朝倉かすみ)」
「戦後短篇小説再発見17(講談社文芸文庫編)」「勝手口から覗いた文壇人(天野哲夫)」
「保健室登校(矢部嵩)」「落葉・回転窓(木山捷平)」「人生の救い(車谷長吉)」
「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら(工藤美代子)」「児童館(増田みず子)」
「気球に乗って五週間(ジュール・ヴェルヌ)」「カツラ美容室別室(山崎ナオコーラ)」
「心に太陽を持て(山本有三)」「浅草のみだおれ(吉村平吉)」「大正流亡(堀切直人)」
「ドラゴン・ティアーズ(石田衣良)」「文学賞の光と影(小谷野敦)」「銀色の鈴(小沼丹)」
「死小説(福澤徹三)」「アウシュヴィッツでおきたこと(マックス・マンハイマー)」
「夜のロボット(増田みず子)」「殺人現場を歩く(蜂巣敦)」「異国のおじさんを伴う(森絵都)」
「終わりの感覚(ジュリアン・バーンズ)」「津山三十人殺し 最後の真相(石川清)」
「金貸しから物書きまで(広小路尚祈)」「酒場めざして(大川渉)」「プライド(石田衣良)」
「風貌/姿勢(井伏鱒二)」「さして重要でない一日(伊井直行)」「幾歳月(川崎長太郎)」
「酩酊船(森敦)」「荒木!「天才」アラーキーの軌跡(飯沢耕太郎)」「犬他一篇(中勘助)」
「ティンカーズ(ポール・ハーディング)」「降水確率(増田みず子)」「おかめ笹(永井荷風)」
「酒と本があれば、人生何とかやっていける(河谷史夫)」「さらば銀座文壇酒場(峯島正行)」
「管絃祭(竹西寛子)」「ガールフレンド(しまおまほ)」「真夜中の金魚(福澤徹三)」
「歌舞伎町案内人(李小牧)」「田紳有楽/空気頭(藤枝静男)」「妖談(車谷長吉)」
「なぜ男は笙野頼子を畏れるのか(海老原暁子)」「呑めば、都(マイク・モラスキー)」
「ツェッペリン飛行船と黙想(上林曉)」「橘外男ワンダーランド 人獣妖婚譚篇」
「シングル・ノート(増田みず子)」「転々私小説論(多田道太郎)」「かめくん(北野勇作)」
「掘るひと(岩阪恵子)」「ダンスホール(佐藤正午)」「月の小屋(三砂ちづる)」
「私の東京町歩き(川本三郎)」「自殺のコスト(雨宮処凛)」「東京で老いる(山口道宏)」
「料理(耕治人)」「泡鳴五部作(上下)(岩野泡鳴)」「いなかのせんきょ(藤谷治)」
「さらば雑司ヶ谷(樋口毅宏)」「つげ義春の温泉(つげ義春)」「本と怠け者(荻原魚雷)」
「無分別(オラシオ・カステジャーノス・モヤ)」「たましいの場所(早川義夫)」
「光媒の花(道尾秀介)」「夢虫(増田みず子)」「東京の空の下、今日も町歩き(川本三郎)」
「禁酒宣言(上林暁)」「世界見世物づくし(金子光晴)」「都に夜のある如く(高見順)」
「東京装置(小林紀晴)」「雁帰る(池間久志)」「夏の嘘(ベルンハルト・シュリンク)」
「母の発達、永遠に/猫トイレット荒神(笙野頼子)」「百鬼園残夢(伊藤隆史/坂本弘子)」
「釜ヶ崎風土記(齊藤俊輔)」「恋する犯罪(藤原智美)」「求愛瞳孔反射(穂村弘)」
「バーボン・ストリート・ブルース(高田渡)」「花の町/軍歌「戦友」(井伏鱒二)」
「私の家探し(津田晴美)」「歩いた路(川崎長太郎)」「増殖商店街(笙野頼子)」
「ハープと影(アレッホ・カルペンティエール)」「あのとき、文学があった(小山鉄郎)」
「昔日の客(関口良雄)」「明治・破獄協奏曲(朝倉喬司)」「夕映少年(中井英夫)」
「つげ義春を旅する(高野慎三)」「落穂拾い・犬の生活(小山清)」「硝子生命論(笙野頼子)」
「新訂もう一人の山田風太郎(有本倶子)」「ハノイで考えたこと(スーザン・ソンタグ)」
「新ニッポン百景(矢作俊彦)」「寄席の人たち(秋山真志)」「華やかな死刑派(今東光)」
「歳三の写真[増補版](草森紳一)」「年収150万円で僕らは自由に生きていく(イケダハヤト)」
「どこまでもアジアパー伝(鴨志田穣/西原理恵子)」「鉛筆印のトレーナー(庄野潤三)」
「欲情の文法(睦月影郎)」「裏ヴァージョン(松浦理英子)」「通話(ロベルト・ボラーニョ)」
「出ふるさと記(池内紀)」「父・長谷川四郎の謎(長谷川元吉)」「光の闇(佐伯一麦)」
「独航記(辺見庸)」「クレモニエール事件(アンリ・トロワイヤ)」「十二の遠景(高橋睦郎)」
「文学の中の駅(原口隆行)」「酒飲みは酒をやめるとかえって早死にする(倉知美幸)」
「岩野泡鳴研究(鎌倉芳信)」「桜庭一樹読書日記/少年になり、本を買うのだ。(桜庭一樹)」
「この落語家を聴け!(広瀬和生)」「妖春記(増田みず子)」「ザ・万歩計(万城目学)」
「と学会年鑑2001(と学会著)」「愛と死(武者小路実篤)」「編集者諸君!(嵐山光三郎)」
「論理と感性は相反しない(山崎ナオコーラ)」「家はあれども帰るを得ず(関川夏央)」
「未葬の時(桐山襲)」「Tokyo Generation(小林紀晴)」「酒と博打と喝采の日々(矢野誠一)」
「アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること(ネイサン・イングランダー)」
「ゼーロン・淡雪(牧野信一)」「共喰い(田中慎弥)」「呪われた詩人 尾崎放哉(見目誠)」
「ヘタな人生論より「寅さん」のひと言(吉村英夫)」「シングル・セル(増田みず子)」
「耽溺(岩野泡鳴)」「左手日記例言(平出隆)」「横撮り 荒木経惟の撮影現場(和多田進)」
「いとしこいし漫才の世界(喜味いとし・戸田学編)」「雨ン中の、らくだ(立川志らく)」
「直木三十五伝(植村鞆音)」「人魚は空に還る(三木笙子)」「貧困襲来(湯浅誠)」
「黒白映像日本映画礼賛(白井佳夫)」「大阪とことん(小寺勇)」「十階(東直子)」
「ま・く・ら(柳家小三治)」「人を殺すとはどういうことか(美達大和)」「裸(大道珠貴)」
「つゆのあとさき(永井荷風)」「死んでいるかしら(柴田元幸)」「異熟(斉田仁)」
「世界驚愕大事件史1901-2011(新人物往来社編)」「ひとり歩き(マイク・モラスキー)」
「鳥の神殿(リチャード・ブローティガン)」「ゆずゆずり(東直子)」「逢う(中島らも)」
「英国一家、日本を食べる(マイケル・ブース)」「若者たちはなぜ自殺するのか(渋井哲也)」
「上方芸能列伝(澤田隆治)」「大阪美人姉妹殺害事件(粟野仁雄)」「鴨川ホルモー(万城目学)」
「知識的大衆諸君、これもマンガだ(関川夏央)」「腦病院へまいります。(若合春侑)」
「三世桂三木助(山本昌代)」「出禁上等!(ゲッツ板谷)」「崩れる(貫井徳郎)」
「革命的飲酒主義宣言(坪内祐三/福田和也)」「イースタリーのエレジー(ペティナ・ガッパ)」
「4444(古川日出男)」「新宿歌舞伎町交番(久保博司)」「インディゴの夜(加藤実秋)」
「キューバでアミーゴ!(たかのてるこ)」「青い空、白い雲、しゅーっという落語(堀井憲一郎)」
「仕事師たちの平成裏起業(溝口敦)」「潤一郎ラビリンスVIII犯罪小説集(谷崎潤一郎)」
「藝人春秋(水道橋博士)」「腹立半分日記(筒井康隆)」「棺に跨がる(西村賢太)」
「やすし・きよしと過ごした日々(木村政雄)」「歌舞伎町アンダーワールド(安晃龍一)」
「野菊の墓(伊藤左千夫)」「デンデラ野(山本昌代)」「世界記憶コンクール(三木笙子)」
「そして殺人者は野に放たれる(日垣隆)」「妖怪アパートの幽雅な日常1(香月日輪)」
「青空の卵(坂木司)」「豪雨の前兆(関川夏央)」「今日から日雇い労働者になった(増田明利)」
「銃(中村文則)」「もひとつ ま・く・ら(柳家小三治)」「世界恐怖旅行(大井優子)」
「狂気という隣人(岩波明)」「溺れる市民(島田雅彦)」「アイドル万華鏡(辛酸なめ子)」
「一日(西村賢太)」「熱情ー田中角栄をとりこにした芸者(辻和子)」「街の座標(清水博子)」
「偽善系(日垣隆)」「痺れる(沼田まほかる)」「ありがとう、友よ(アンディ・ルーニー)」
「ヤクザの死に様(山平重樹)」「負けるのは美しく(児玉清)」「あらくれ(徳田秋声)」
「鬼平犯科帳(一)(池波正太郎)」「空想先生(武者小路実篤)」「宿六・色川武大(色川孝子)」
「蒲団・一兵卒(田山花袋)」「今日われ生きてあり(神坂次郎)」「冠・婚・葬・祭(中島京子)」
「ある中国人密航者の犯罪(銭黄山)」「風浪の旅(檀一雄)」「記憶の中の青春(三浦浩)」
「日本人の戦争(ドナルド・キーン)」「鬼平犯科帳(二)(池波正太郎)」「恐怖(筒井康隆)」
「魔女(山本昌代)」「日本の聖域(「選択」編集部編)」「直感サバンナ(ゲッツ板谷)」
「アジアパー伝(鴨志田穣/西原理恵子)」「由利ちゃんの誰にもいうんじゃないぞ(由利徹)」
「死刑でいいです(池谷孝司編著)」「響きと怒り(佐野眞一)」「風変わりな夜(結城昌治)」
「生きるコント2(大宮エリー)」「鬼平犯科帳(三)(池波正太郎)」「六本木水脈(杉良治)」
「「噂の眞相」トップ屋稼業(西岡研介)」「おはよう、水晶─おやすみ、水晶(笙野頼子)」
「トニオ・クレエゲル(トオマス・マン)」「ひと月9000円の快適食生活(魚柄仁之助)」
「奥の細道温泉紀行(嵐山光三郎)」「G.(ジョン・バージャー)」「乳母車(石坂洋次郎)」
「煮え煮えアジアパー伝(鴨志田穣/西原理恵子)」「蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ(芥川竜之介)」
「こうしてお前は彼女にフラれる(ジュノ・ディアス)」「鬼平犯科帳(四)(池波正太郎)」
「さようなら、コタツ(中島京子)」「誤読日記(斎藤美奈子)」「湯微島訪問記(伊井直行)」
「妖怪アパートの幽雅な日常2(香月日輪)」「遠くからの声(古井由吉/佐伯一麦)」
「ラブホテル裏物語(大月京子)」「奇談蒐集家(太田忠司)」「すばらしき愚民社会(小谷野敦)」
「無名作家の日記他九篇(菊池寛)」「ぼくの複線人生(福原義春)」「戦場特派員(橋田信介)」
「鬼平犯科帳(五)(池波正太郎)」「仕事漂流(稲泉連)」「いざ言問はむ都鳥(澤木喬)」
「羅生門・鼻・芋粥・ちゅう盗(芥川竜之介)」「ここを出ろ、そして生きろ(松原耕二)」
「にょにょっ記(穂村弘)」「東京番外地(森達也)」「犬はいつも足元にいて(大森兄弟)」
「マンガホニャララ(ブルボン小林)」「盆栽/木々の私生活(アレハンドロ・サンブラ)」
「音羽幼女殺害事件(佐木隆三)」「てんのじ村(難波利三)」「大石良雄・笛(野上弥生子)」
「西荻窪の古本屋さん(広瀬洋一)」「独身病(増田みず子)」「鬼平犯科帳(六)(池波正太郎)」
「東京シルエット(成田一徹)」「なんだ!?このマンガは!?(J君)」「幸福者(武者小路実篤)」
「さもなければ夕焼けがこんなに美しいはずはない(丸山健二)」「鳳仙花(川崎長太郎)」
「空気の名前(アルベルト・ルイ=サンチェス)」「ハナ肇とクレージーキャッツ物語(山下勝利)」
「郷愁の詩人与謝蕪村(萩原朔太郎)」「嘘みたいな本当の話(高橋源一郎・内田樹選)」
「鬼平犯科帳(七)(池波正太郎)」「文学的商品学(斎藤美奈子)」「絶対貧困(石井光太)」
「踊るジョーカー(北山猛邦)」「盛り塩のある家(福澤徹三)」「東北おやつ紀行(市川慎子)」
「捜査一課秘録(三沢明彦)」「配達あかずきん(大崎梢)」「プニン(ウラジーミル・ナボコフ)」
「世界から猫が消えたなら(川村元気)」「いくよ、二郎さん はいな、欽ちゃん(山中伊知郎)」
「マンガホニャララロワイヤル(ブルボン小林)」「一私小説書きの日乗(西村賢太)」
「鬼平犯科帳(八)(池波正太郎)」「ソンブレロ落下す(リチャード・ブローティガン)」
「母(高行健)」「言葉の冒険、脳内の戦い(笙野頼子)」「服部さんの幸福な日(伊井直行)」
「美術館と女たち(ジョン・アップダイク)」「徳川夢声と出会った(濱田研吾)」
「夢一夜・火星人記録(北杜夫)」「春昼・春昼後刻(泉鏡花)」「最後の花時計(遠藤周作)」
「破壊者のトラウマ(小坂洋右)」「鬼平犯科帳(九)(池波正太郎)」「恋ごころ(里見弴)」
「波止場日記(エリック・ホッファー)」「田舎の刑事の趣味とお仕事(滝田務雄)」
「事件現場清掃人が行く(高江洲敦)」「ボリス・ヴィアンと脱走兵の歌(マルク・デュフォー)」
「小沢昭一的新宿末廣亭十夜(小沢昭一)」「畸人佐藤垢石(志村秀太郎)」「カフカ短篇集」
「封印漫画大全(坂茂樹)」「セブ島ふたり暮らし(末廣圭)」「鬼平犯科帳(十)(池波正太郎)」
「妖怪アパートの幽雅な日常3(香月日輪)」「連合赤軍「あさま山荘」事件(佐々淳行)」
「心臓抜き(ボリス・ヴィアン)」「旅をすること(小林紀晴)」「人形遣いの影盗み(三木笙子)」
「倒錯の死角(折原一)」「男性週期律(山田風太郎)」「かまくら文壇史」(巖谷大四)」
「おんな作家読本(市川慎子)」「永遠のアダム(ジュール・ヴェルヌ)」「死刑(森達也)」
●2014年●
「鬼平犯科帳(十一)(池波正太郎)」「猫の散歩道(保坂和志)」「犬と鴉(田中慎弥)」
「掌の中の小鳥(加納朋子)」「いい加減にしろよ(笑)(日垣隆)」「限界集落(曽根英二)」
「動物の葬禮/はつむかし(富岡多恵子)」「累犯障害者(山本譲司)」「地下水(川崎長太郎)」
「き人伝(山本昌代)」「志賀直哉交友録(阿川弘之編)」「瀕死の双六問屋(忌野清志郎)」
「鬼平犯科帳(十二)(池波正太郎)」「歪んだ忌日(西村賢太)」「別海から来た女(佐野眞一)」
「ねぎ坊主畑の妖精たちの物語(天沢退二郎)」「ディア・ライフ(アリス・マンロー)」
「地下鉄サリン事件戦記(福山隆)」「慟哭(貫井徳郎)」「金色の死(谷崎潤一郎)」
「倉本(倉田英之)」「ランタン灯る窓辺で(吉永南央)」「疑惑のアングル(新藤健一)」
「タクシー裏物語(伊勢正義)」「夢屑(島尾敏雄)」「鬼平犯科帳(十三)(池波正太郎)」
「宵越しのゼニはもつな!(島崎保彦)」「黄金探索者(J・M・G・ル・クレジオ)」
「れんげ野原のまんなかで(森谷明子)」「人を惚れさせる男 吉行淳之介伝(佐藤嘉尚)」
「僕のいた場所(藤原新也)」「傷だらけの店長(伊達雅彦)」「狭小邸宅(新庄耕)」
「アキハバラ発(大澤真幸編)」「鬼平犯科帳(十四)(池波正太郎)」「女中譚(中島京子)」
「月の下のカウンター(太田和彦)」「決壊石奇譚(三木笙子)」「女からの逃走(増田みず子)」
「手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)(穂村弘)」「高く手を振る日(黒井千次)」
「暢気眼鏡・虫のいろいろ他十三篇(尾崎一雄)」「わたしの小さな古本屋(田中美穂)」
「いにしえの光(ジョン・バンヴィル)」「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい(森達也)」
「雪国(川端康成)」「少年に奪われた人生(藤井誠二)」「鬼平犯科帳(十五)(池波正太郎)」
「鍵・瘋癲老人日記(谷崎潤一郎)」「プリズム(貫井徳郎)」「明け方の猫(保坂和志)」
「計画と無計画のあいだ(三島邦弘)」「ボリス・ヴィアン伝(フィリップ・ボッジオ)」
「ブラウン管の映画館(和田誠)」「辛酸なめ子の現代社会学」「隣之怪 病の間(木原浩勝)」
「密話(石川宏千花)」「世界が完全に思考停止する前に(森達也)」「奇日(秋野つばき)」
「肉食屋敷(小林泰三)」「蒸発父さん(岸川真)」「週末アジアに行ってきます(下川裕治)」
「誰もわたしを倒せない(伯方雪日)」「イラクの中心で、バカとさけぶ(橋田信介)」
「渡良瀬(佐伯一麦)」「シネマッド・カクテルパーティ(和田誠)」「くじら日和(山本一力)」
「歌舞伎町ぼったくり懺悔録(影野臣直)」「スペードの女王・ベールキン物語(プーシキン)」
「菓子祭(吉行淳之介)」「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人(小川善照)」
「人格障害をめぐる冒険(大泉実成)」「朝のコント(フィリップ)」「忍び草(川崎長太郎)」
「第七官界彷徨(尾崎翠)」「57人の死刑囚(大塚公子)」「娑婆娑婆(佐山哲郎)」
「戯作三昧・一塊の土(芥川龍之介)」「末期ガンになったIT社長からの手紙(藤田憲一)」
「「穴」を探る(草森紳一)」「ラブ&ピース(鴨志田穣)」「「悪」と戦う(高橋源一郎)」
「17歳の殺人者(藤井誠二)」「観光の哀しみ(酒井順子)」「もう一度(トム・マッカーシー)」
「愚行録(貫井徳郎)」「鬼平犯科帳(十六)(池波正太郎)」「ハルさん(藤野恵美)」
「なぜ君は絶望と闘えたのか(門田隆将)」「妄想シャーマンタンク(ゲッツ板谷)」
「自分自身への審問(辺見庸)」「森崎書店の日々(八木沢里志)」「宮﨑勤事件(一橋文哉)」
「本のおかわりもう一冊(桜庭一樹)」「愛する人達(川端康成)」「ナマの京都(グレゴリ青山)」
「ぼくのミステリな日常(若竹七海)」「拉致と決断(蓮池薫)」「評伝ナンシー関(横田増生)」
「ドキュメンタリー作家の仕事(横田安正)」「遁走状態(ブライアン・エヴンソン)」
「地獄で生きたる!(尾塚野形)」「輝く夜(百田尚樹)」「鬼平犯科帳(十七)(池波正太郎)」
「サラエヴォ・ノート(フアン・ゴイティソーロ)」「未解決殺人事件ファイル(田宮榮一監修)」
「女ひとり世界危険地帯を行く(岡本まい)」「日本の居酒屋文化(マイク・モラスキー)」
「心に狂いが生じるとき(岩波明)」「サーチエンジン・システムクラッシュ(宮沢章夫)」
「背徳者(アンドレ・ジイド)」「尾崎翠集成(下)」「殺人者はいかに誕生したか(長谷川博一)」
「こわれもの(土居良一)」「色機嫌 女・おんな、また女 村松梢風の生涯(村松暎)」
「駅前旅館に泊まるローカル線の旅(大穂耕一郎)」「伊藤整氏 奮闘の生涯(伊藤礼)」
「一私小説書きの日乗 憤怒の章(西村賢太)」「放浪時代/アパアトの女たちと僕と(竜胆寺雄)」
「がんから始まる(岸本葉子)」「アンデスのリトゥーマ(マリオ・バルガス=リョサ)」
「チヨ子(宮部みゆき)」「みちづれ(三浦哲郎)」「鬼平犯科帳(十八)(池波正太郎)」
「地獄で仏(ナンシー関/大月隆寛)」「カバに会う(坪内稔典)」「平成工場日記(柴田広史)」
「あぐり白寿の旅(吉行あぐり/吉行和子)」「サトラップの息子(アンリ・トロワイヤ)」
「緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道(山本昌代)」「家の中の広場(鶴見俊輔)」
「晩夏に捧ぐ(大崎梢)」「大阪府警暴力団担当刑事(森功)」「何の因果で(ナンシー関)」
「鬼平犯科帳(十九)(池波正太郎)」「なにも願わない手を合わせる(藤原新也)」
「訊く(中島らも)」「死刑(読売新聞社会部)」「戦争とプロパガンダ(E.W.サイード)」
「オリンポスの果実(田中英光)」「短歌ください その二(穂村弘)」「還れぬ家(佐伯一麦)」
「戦慄(麻生幾)」「ヘミングウェイ短篇集」「人間の尊厳と八〇〇メートル(深水黎一郎)」
「クラウド 増殖する悪意(森達也)」「29ニジュウク(杉浦昭嘉)」「物乞う仏陀(石井光太)」
「雲をつかむ話(多和田葉子)」「小さな貴婦人(吉行理恵)」「刺激的生活(岸本葉子)」
「輪舞(林京子)」「感染宣告(石井光太)」「柿の種(寺田寅彦)」「無間道(星野智幸)」
「伊豆の踊子(川端康成)」「山椒大夫・高瀬舟他四篇(森鴎外)」「らも(中島美代子)」
「最後のアジアパー伝(鴨志田穣/西原理恵子)」「君が壊れてしまう前に(島田雅彦)」
「オカルト(森達也)」「戦場の黄色いタンポポ(橋田信介)」「夢のつづき(神吉拓郎)」
「少年詩篇(佐伯一麦)」「クラーク巴里探偵録(三木笙子)」「TOKYO OMNIBUS(小林紀雄)」
「苦の世界(宇野浩二)」「鬼平犯科帳(二十)(池波正太郎)」「超三流主義(金子哲雄)」
「魂込め(目取真俊)」「大いなる不満(セス・フリード)」「秋葉原事件(中島岳志)」
「五十鈴川の鴨(竹西寛子)」「母子寮前(小谷野敦)」「すごい駅!(横見浩彦/牛山隆信)」
「A2(森達也/安岡卓治)」「カフカ寓話集」「ぼくとユーレイの占いな日々(柴田よしき)」
「みんなの深層心理(きたやまおさむ)」「スタッキング可能(松田青子)」「黒い看護婦(森功)」
「牛肉と馬鈴薯・酒中日記(国木田独歩)」「記者たちの関西事件史(産經新聞社著)」
「謎の漫画家・酒井七馬伝(中野晴行)」「てんたまおや知らズどっぺるげんげる(笙野頼子)」
「拷問・処刑・虐殺全書(柳内伸作)」「部長の大晩年(城山三郎)」「聖者の行進(富士正晴)」
「社会派くんがゆく!疾風編(唐沢俊一/村崎百郎)」「ルピナス探偵団の当惑(津原泰水)」
「鬼平犯科帳(二十一)(池波正太郎)」「僕はパパを殺すことに決めた(草薙厚子)」
「50年目のアウシュビッツ(鈴木邦彦)」「ぬけられますか─私漫画家 滝田ゆう(校上剛)」
「落下する緑(田中啓文)」「何もそこまで(ナンシー関)」「白い人・黄色い人(遠藤周作)」
「祝福されない王国(嶽本野ばら)」「風俗の人たち(永沢光雄)」「耳うらの星(東直子)」
「ゴランノスポン(町田康)」「海を喰らう山を喰らう(甲斐崎圭)」「悪貨(島田雅彦)」
「とりの眼ひとの眼(とり・みき)」「「事件」を見にゆく(吉岡忍)」「仮面の家(横川和夫)」
「日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】(竹村公太郎)」「蘭(竹西寛子)」
「阿Q正伝・狂人日記他十二篇(魯迅)」「ヌードさん ストリップ黄金時代(橋本与志夫)」
「もたない男(中崎タツヤ)」「平成「事件」ブック(山崎哲)」「山椒魚・遙拝隊長(井伏鱒二)」
「ブエノスアイレス食堂(カルロス・バルマセーダ)」「日本を捨てた男たち(水谷竹秀)」
「何が何だか(ナンシー関)」「快楽急行(島田雅彦)」「ホスピス通りの四季(徳永進)」
「野菜讃歌(庄野潤三)」「星条旗の聞こえない部屋(リービ英雄)」「僕の死に方(金子哲雄)」
「貧乏はお金持ち(橘玲)」「不愉快な本の続編(絲山秋子)」「満月 空に満月(海老沢泰久)」
「居酒屋コンフィデンシャル(水内茂幸)」「鬼平犯科帳(二十二)(池波正太郎)」
「がんと向き合って(上野創)」「K(三木卓)」「少し変わった子あります(森博嗣)」
「うつから帰って参りました(一色伸幸)」「溺れるものと救われるもの(プリーモ・レーヴィ)」
「ピアノの音(庄野潤三)」「すきもの(前川麻子)」「広島第二県女二年西組(関千枝子)」
「叫びと祈り(梓崎優)」「一閃の光(本多秋五)」「銀座の女、銀座の客(岩本準/國安輪)」
「鬼平犯科帳(二十三)(池波正太郎)」「事件1999-2000(佐木隆三/永守良孝)」
「死刑(大塚公子)」「機械の仮病(秋田禎信)」「ナンシー関のボン研究所(ナンシー関)」
「神の捨てた裸体(石井光太)」「芥川龍之介全集3」「「少年A」14歳の肖像(高山文彦)」
「聖なる怠け者の冒険(森見登美彦)」「実験(田中慎弥)」「揺れる絞首刑台(宮野彬)」
「薄明鬼語(西村賢太)」「東日本大震災 心をつなぐニュース(池上彰+文藝春秋編)」
「母が泣いた日(本多勝一)」「芥川龍之介全集5」「鬼平犯科帳(二十四)(池波正太郎)」
「猫風船(松山巖)」「結婚しよう(ジョン・アップダイク)」「温泉旅日記(池内紀)」
「未闘病記 膠原病、「混合性結合組織病」の(笙野頼子)」「田中慎弥の掌劇場(田中慎弥)」
「死刑執行人の苦悩(大塚公子)」「明日の空(貫井徳郎)」「千々にくだけて(リービ英雄)」
「雲雀の巣を捜した日(車谷長吉)」「片桐酒店の副業(徳永圭)」「殺しの四人(池波正太郎)」
「一私小説書きの独語(西村賢太)」「芥川龍之介全集1」「低地(ジュンパ・ラヒリ)」
「エースを出せ!脱「言論の不自由」宣言(日垣隆)」「橋田信介という生き方(黒田龍彦)」
「エウロペアナ 二〇世紀史概説(パトリク・オウジェドニーク)」「abさんご(黒田夏子)」
「不戦勝(せきしろ)」「変人 埴谷雄高の肖像(木村俊介)」「冬の紳士(大佛次郎)」
「アフター・ザ・クライム(藤井誠二)」「花影(大岡昇平)」「ミラコロ(高山文彦)」
「田舎暮らしをしてみれば(林えり子)」「氷の城 連合赤軍事件・吉野雅邦ノート(大泉康雄)」
「拝啓沖縄で暮らしています。(秋馬ユタカ)」「大阪センチメンタルジャーニー(富岡多恵子)」
「芥川龍之介全集6」「貧困と愛国(佐高信/雨宮処凛)」「かつては岸(ポール・ユーン)」
「友あり駄句あり三十年(東京やなぎ句会編)」「外国人研修生殺人事件(安田浩一)」
「晩年の芥川龍之介(江口渙)」「土間の四十八滝(町田康)」「月夜にランタン(斎藤美奈子)」
「ロッパの悲食記(古川緑波)」「百姓になりたい!(今関知良)」「少年曹操(草森紳一)」
「孤独な散歩者の夢想(ルソー)」「梅安蟻地獄(池波正太郎)」「隅田川のエジソン(坂口恭平)」
「トンデモ本の世界X(と学会著)」「無縁社会(NHK「無縁社会プロジェクト」取材班編著)」
「「終戦日記」を読む(野坂昭如)」「重き流れの中に(椎名麟三)」「芥川龍之介全集7」
「魚市場で朝ごはんを(中村庸夫)」「道具屋殺人事件(愛川晶)」「派遣村、その後(小川朋)」
「闇のなかの黒い馬(埴谷雄高)」「甘美なる作戦(イアン・マキューアン)」「遺体(石井光太)」
「編集者ほど面白い仕事はない(伊藤寿男)」「芸と噺と─落語を考えるヒント(松本尚久)」
「梅安最合傘(池波正太郎)」「人生の救い(車谷長吉)」「僕が落語家になった理由(月亭方正)」
「サダコ「原爆の子の像」の物語(NHK広島「核・平和」プロジェクト)」「A3(森達也)」
「落語こてんパン(柳家喬太郎)」「水の肌(松本清張)」「幻談・観画談他三篇(幸田露伴)」
「罪と罰(本村洋/宮崎哲弥/藤井誠二)」「裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか(北尾トロ)」
「梅安針供養(池波正太郎)」「光の子供(エリック・フォトリノ)」「銀座缶詰(益田ミリ)」
「サイン会はいかが?(大崎梢)」「土を喰ふ日々(水上勉)」「怒濤のライター志望(笠原真澄)」
「怪談和尚の京都怪奇譚(三木大雲)」「生魄(田久保英夫)」「猫町他十七篇(萩原朔太郎)」
「サンドウィッチは銀座で(平松洋子)」「アンダンテ・モッツァレラ・チーズ(藤谷治)」
「分裂にっぽん 中流層はどこへ(朝日新聞「分裂にっぽん」取材班)」「晴のち晴(横尾忠則)」
「口福無限(草野心平)」「犯罪少年(大澤孝征)」「父を売る子/心象風景(牧野信一)」
「サイラス・マーナー(ジョージ・エリオット)」「オタク・イン・USA(パトリック・マシアス)」
「僕のハーモニカ昭和史(小沢昭一)」「酒中記(三輪正道)」「夜の文壇博物誌(大塚英子)」
「東京外国人アパート物語(相川俊英)」「水の透視画法(辺見庸)」「妻と私(江藤淳)」
「梅安乱れ雲(池波正太郎)」「いそがなくたって、そこに本屋があるじゃないか(高津淳)」
「ワーキングプア(NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班編)」「工作舎物語(臼田捷治)」
「わくわくを見つけにいく(堀井和子)」「夜の蝉(北村薫)」「男の美味特撰(森下賢一)」
「芸バカ列伝(山下勝利)」「ホームレスになった(金子雅臣)」「くろい読書の手帖(後藤繁雄)」
「カフカ家の人々(アンソニー・ノーシー)」「みどりの国滞在日記(エリック・ファーユ)」
「“オーラな人々”(椎根和)」「梅安影法師(池波正太郎)」「戦後文壇畸人列伝(石田健夫)」
「メメント(森達也)」「福田君を殺して何になる(増田美智子)」「英子の森(松田青子)」
●2015年●
「芥川龍之介全集2」「秘密と友情(春日武彦/穂村弘)」「出会い(ミラン・クンデラ)」
「プリーモ・レーヴィは語る(プリーモ・レーヴィ)」「開高健 青春の闇(向井敏)」
「論理と感性は相反しない(山崎ナオコーラ)」「日本でいちばん小さな出版社(佃由美子)」
「清陰星雨(中井久夫)」「アウシュヴィッツの子どもたち(アルヴィン・マイヤー)」
「オネーギン(プーシキン)」「続酒中日記(坪内祐三)」「飛田で生きる(杉坂圭介)」
「死の海を泳いで スーザン・ソンタグ最期の日々(デイヴィッド・リーフ)」「下山事件(森達也)」
「なぜ戦争は終わらないか(千田善)」「うれしい悲鳴をあげてくれ(いしわたり淳治)」
「すべての女は美しい(荒木経惟)」「日和山(佐伯一麦)」「新・夢十夜(芦原すなお)」
「蚊がいる(穂村弘)」「心のなかの冷たい何か(若竹七海)」「京都ごはん日記(いしいしんじ)」
「楽しいナショナリズム(島田雅彦)」「英国一家ますます日本を食べる(マイケル・ブース)」
「戦争とプロパガンダ2(E.W.サイード)」「新宿末廣亭うら、喫茶「楽屋」(石井徹也)」
「飛田の子(杉坂圭介)」「透明な対象(ウラジーミル・ナボコフ)」「悪人志願(本橋信宏)」
「ナリワイをつくる(伊藤洋志)」「梅安冬時雨(池波正太郎)」「落語家論(柳家小三治)」
「歌舞伎町の住人たち(李小牧)」「実録!あるこーる白書(西原理恵子/吾妻ひでお)」
「日本力(松岡正剛/エバレット・ブラウン)」「ウォー・ゲーム(フィリップ・K・ディック)」
「ハンバーガー殺人事件(リチャード・ブローティガン)」「家族の深淵(中井久夫)」
「少年裁判官ノオト(井垣康弘)」「肝心の子供(磯崎憲一郎)」「剣客群像(池波正太郎)」
「落語家の居場所(矢野誠一)」「猫キャンパス荒神(笙野頼子)」「雨のち雨?(岩阪恵子)」
「女修行(辛酸なめ子)」「もろこし銀侠伝(秋梨惟喬)」「後ろ向きで前に進む(坪内祐三)」
「湾岸線に陽は昇る(ドリアン助川)」「毎日一人はおもしろい人がいる(中野翠)」
「木嶋香苗 危険な愛の奥義(高橋ユキ)」「肩胛骨は翼のなごり(デイヴィッド・アーモンド)」
「くるーりくるくる(松山巖)」「善き女の愛(アリス・マンロー)」「光と影の誘惑(貫井徳郎)」
「文学賞メッタ斬り!たいへんよくできました編(大森望/豊崎由美)」「上京(小林キユウ)」
「バック・ファンショーの葬式 他十三篇(マーク・トウェイン)」「日本近代短篇小説選 大正篇」
「雨の日はソファで散歩(種村季弘)」「伊豆の踊り子・温泉宿 他四篇(川端康成)」
「希望(林京子)」「追想 芥川龍之介(芥川文)」「幻想小品集(嶽本野ばら)」
「ザ・流行作家(校條剛)」「退屈な殺人者(森下香枝)」「東亰異聞(小野不由美)」
「メグル(乾ルカ)」「兄の左手(徳廣睦子)」「四重奏/目(ウラジミール・ナボコフ)」
「文学賞メッタ斬り!ファイナル(大森望/豊崎由美)」「東京ディープな宿(泉麻人)」
「落語長屋の知恵(矢野誠一)」「真実真正日記(町田康)」「優柔不断術(赤瀬川原平)」
「イエロー(松井雪子)」「感触的昭和文壇史(野口冨士男)」「霊道紀行(辛酸なめ子)」
「日輪/春は馬車に乗って 他八篇(横光利一)」「突然ノックの音が(エトガル・ケレット)」
「PK(伊坂幸太郎)」「漫画貧乏(佐藤秀峰)」「知に働けば蔵が建つ(内田樹)」
「風の丘(カルミネ・アバーテ)」「往きて還らず(団鬼六)」「職業欄はエスパー(森達也)」
「八日目の蝉(角田光代)」「安部公房とわたし(山口果林)」「巷談本牧亭(安藤鶴夫)」
「おみごと手帖(中野翠)」「悩ましき買物(赤瀬川原平)」「死ぬかと思った3(林雄司編)」
「天下御免の極楽語(川柳川柳)」「やまいだれの歌(西村賢太)」「室生犀星詩集」
「マリアが語り遺したこと(コルム・トビーン)」「カタコトのうわごと(多和田葉子)」
「ふなうた(三浦哲郎)」「火薬と愛の星(森健)」「法廷の内と外で考える(佐木隆三)」
「本とわたしと筑摩書房(柏原成光)」「ブラザー・サン シスター・ムーン(恩田陸)」
「社会派くんがゆく!復活編(唐沢俊一/村崎百郎)」「よもつひらさか往還(倉橋由美子)」
「隣家全焼(ナンシー関×町山広美)」「浮浪児1945~戦争が生んだ子供たち(石井光太)」
「ヴォルテール、ただいま参上!(ハンス=ヨアヒム・シェートリヒ)」「赤蛙(島木健作)」
「その辺の問題(中島らも/いしいしんじ)」「ネットカフェ難民と貧困ニッポン(水島宏明)」
「不愉快な本の続編(絲山秋子)」「しのびよる破局(辺見庸)」「ここに幸あり(中野翠)」
「編集者という病い(見城徹)」「わかってきました。(赤瀬川原平)」「歳月(安藤鶴夫)」
「定食と古本(今柊二)」「無意味の祝祭(ミラン・クンデラ)」「清談佛々堂先生(服部真澄)」
「よろしく青空(中野翠)」「ちかい家族 とおい家族(今西乃子)」「内乱の予感(島田雅彦)」
「ミステリー通り商店街(室積光)」「文学賞メッタ斬り!リターンズ(大森望/豊崎由美)」
「なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか(井戸川克隆/佐藤聡)」「発光地帯(川上未映子)」
「献灯使(多和田葉子)」「一私小説書きの日乗 野性の章(西村賢太)」「自殺(末井昭)」
「苺ミルク(益田喜頓)」「グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道(福満しげゆき)」
「殺人を予告した少年の日記(藤井誠二)」「文学賞メッタ斬り!(大森望/豊崎由美)」
「なんだかなァ人生(柳沢きみお)」「クダラン(中野翠)」「清とこの夜(広小路尚祈)」
「世界はフムフムで満ちている(金井真紀)」「歌舞伎町(権徹)」「無銭横町(西村賢太)」
「桂吉坊がきく 藝(桂吉坊)」「読むのが怖い!帰ってきた書評漫才~激闘編(北上次郎×大森望)」
「タンノイのエジンバラ(長嶋有)」「鬱の一年(吉行淳之介)」「言えないコトバ(益田ミリ)」
「私の遺品お願いします(吉田太一)」「ドクトル・ビュルゲルの運命(カロッサ)」
「寝ても覚めても本の虫(児玉清)」「日本文学者変態論(爆笑問題)」「甘茶日記(中野翠)」
「イエス巡礼(遠藤周作)」「SOSの猿(伊坂幸太郎)」「橋はかかる(村崎太郎+栗原美和子)」
「妻への手紙(森鴎外)」「「かまやつ女」の時代(三浦展)」「爪と目(藤野可織)」
「フリーで働く!と決めたら読む本(中山マコト)」「純愛映画/山田さん日記(竹野雅人)」
「道草(夏目漱石)」「雑読系(坪内祐三)」「逃亡派(オルガ・トカルチュク)」
「あんまりな(中野翠)」「出版動乱(清丸惠三郎)」「マイ・リトル・世田谷(しまおまほ)」
「鳩の撃退法(上下)(佐藤正午)」「バーボン・ストリート・ブルース(高田渡)」
「平台がおまちかね(大崎梢)」「マンガ編集者狂笑録(長谷邦夫)」「談志百選(立川談志)」
「トンデモ大予言の後始末(山本弘)」「チェチェンで何が起こっているのか(林克明/大富亮)」
「在宅ホスピスノート(徳永進)」「ハインリヒ・ベル短篇集」「忌野旅日記(忌野清志郎)」
「花束(吉行淳之介)」「パリの憂愁(ボードレール)」「特攻隊員たちへの鎮魂歌(神坂次郎)」
「消費セラピー(辛酸なめ子)」「飲んべえの品格(いとうやまね編)」「厭々日記(中野翠)」
「植木等と藤山寛美(小林信彦)」「荷風の誤植(矢野誠一)」「赤の他人の瓜二つ(磯崎憲一郎)」
「生きてるかい?(南木佳士)」「広場の見える窓(天野律子)」「精進百撰(水上勉)」
「忘れ得ぬ人忘れ得ぬこと(川口松太郎)」「野草(魯迅)」「世界ぶらり安うま紀行(西川治)」
「東京路地裏暮景色(なぎら健壱)」「堂場警部補の挑戦(蒼井上鷹)」「街場の教育論(内田樹)」
「細木数子 魔女の履歴書(溝口敦)」「と学会白書vol.1(と学会著)」「東京怪奇地図(森真沙子)」
「心筋梗塞の前後(水上勉)」「とんかつ奇々怪々(東海林さだお)」「春に縮む(山上龍彦)」
「狐と踊れ[新版](神林長平)」「くすだま日記(中野翠)」「新編日本の旅あちこち(木山捷平)」
「風流懺法他三篇(高浜虚子)」「小森課長の優雅な日々(室積光)」「マーチン街日記(犬養道子)」
「温泉巡礼(石川理夫)」「余部鉄橋物語(田村喜子)」「ユキは17歳 特攻で死んだ(毛利恒之)」
「こんな日もあるさ(上原隆)」「ななつのこ(加納朋子)」「人生が用意するもの(川上未映子)」
「岩波文庫の黄帯と緑帯を読む(門谷建蔵)」「東京タワーならこう言うぜ(坪内祐三)」
「かきつばた・無心状(井伏鱒二)」「真贋(吉本隆明)」「援交から革命へ(宮台真司)」
「金魚のひらひら(中野翠)」「七時間半(獅子文六)」「「特攻」と遺族の戦後(宮本雅史)」
「魂の声 リストカットの少女たち(小国綾子)」「タレント文化人200人斬り(佐高信)」
「トンデモ世紀末の大暴露(と学会著)」「あなたを選んでくれるもの(ミランダ・ジュライ)」
「鏡花百物語集(東雅夫編)」「人生は喜劇だ(矢崎泰久)」「おはなしして子ちゃん(藤野可織)」
「明日もまた生きていこう(横山友美佳)」「怒りは正しく晴らすと疲れるけれど(日垣隆)」
「退屈な話・六号病室(チェーホフ)」「魏志痴人伝(古田新太)」「みずいろメガネ(中野翠)」
「漂流老人ホームレス社会(森川すいめい)」「大きな熊が来る前に、おやすみ。(島本理生)」
「にごりえ・たけくらべ(樋口一葉)」「津波の墓標(石井光太)」「わが坐禅修行記(横尾忠則)」
「知られざる傑作他五篇(バルザック)」「犬養道子自選集4」「これが答えだ!(宮台真司)」
「と学会年鑑2002(と学会著)」「鳥少年(皆川博子)」「突撃!はしご呑み(ラズウェル細木)」
「昭和のエートス(内田樹)」「伊藤計劃記録1(伊藤計劃)」「銀座復興他三篇(水上滝太郎)」
「小津安二郎美食三昧 関東編(貴田庄)」「神は死んだ(ロン・カリー・ジュニア)」
「消されかけたファイル(麻生幾)」「活字と自活(荻原魚雷)」「ヌエのいた家(小谷野敦)」


(やなちゃんの大阪一人酒の日々)http://www003.upp.so-net.ne.jp/yanachan/